スピードスケートの高木美帆選手は平昌オリンピックの金メダル候補です!

 

高木美帆選手について調べると「すじ」という言葉が出てくるのですが、いったいどういうことでしょうか?

 

高木美帆選手の「すじ」について調べてまとめてみました!

 

 

スピードスケート高木美帆の「すじ」とは?

高木美帆選手はスピードスケートで平昌オリンピックに出場する女子選手です。

高木美帆

 

高木美帆選手について調べるべくYahoo!で名前を入力すると、「かわいい」「スピードスケート」という候補よりも上に「すじ」という言葉が上がってきます。

 

高木美帆選手の「すじ」とはいったいどういう意味なのでしょうか?

 

高木美帆は才能(センス)がある

まず一つに、高木美帆選手は「センスがいい」「才能がある」という意味で「筋がいい」ということが挙げられます。

 

まだ高木美帆選手が小学生だった頃、既にその才能が札幌スケート連盟会長の新保(しんぽ)さんによって見出されていました。

 

高木美帆選手の素質がいいということで、まだ小学6年だった2007年に、本来は中学生以上しか参加できない北海道選手権にオープン参加を認めたのが新保さんでしたが、小学生離れした高木選手の素晴らしい滑りを見て「将来は橋本聖子さんに負けたい選手になる」と直感したそうです。

 

それ以来、新保さんをはじめ指導者らは高木選手の良さを自然体で伸ばしていくべく、高木選手の技術をいじりすぎずに良さを活かすことに専念して育ててきたそうです。

 

高木美帆は筋肉がスゴイ

高木美帆選手はソチオリンピックの代表入りを逃し、非常に悔しい思いを味わいました。

 

この雪辱を平昌オリンピックで晴らすべく「4年間はスケートに全てをかける」と肉体改造に取り組んできた高木選手。

強度の高い自転車トレーニングなどで筋肉量を増加させてきました。

 

その結果、高木選手の持ち味である大きな滑りにパワーが加わり、桁違いの推進力を作り上げることに成功しました。

 

競技中の高木選手、太ももの内側に筋が浮かび上がっているのが分かります(・∀・)!

高木美帆

この鍛え上げられた筋肉で、金メダルを量産していってもらいたいです!!

 

高木美帆は血筋が素晴らしい

高木美帆選手はお姉さんの菜那(なな)さんもスピードスケートの選手です( ´∀`)

 

姉妹揃ってオリンピックの代表入りを果たしたことは、まさに血筋がいいことにほかならないと思います☆彡

 

ちなみに高木美帆選手のお父さんもお母さんもスケート競技はやっていないのですが、お兄さんはスピードスケート選手です。

 

きっと運動神経のいい一家なのでしょうね☆彡

 

 

以上、高木美帆選手の「すじ」についてでした(^^)/