紀平梨花

紀平梨花選手といえば2018GPファイナルで優勝し、女子フィギュアスケートで今もっとも注目を集めていると言っていいくらいの選手ですよね!

 

紀平梨花選手の実力は「浅田真央さん超え」の呼び声も高く、これからますます注目されると思われます( ´∀`)

 

そんな紀平梨花選手が選んだ高校、通信制の「N高等学校」とは一体どんな学校なのか?制服や紀平梨花選手が通信制を選んだメリット、他にどんな有名人が所属しているかを調べてみました!




 

紀平梨花の高校は通信制「N高等学校」!

紀平梨花

 

フィギュア女子シングルで大活躍の紀平梨花選手は、2018年に高校生になりました( ´∀`)

 

兵庫県出身の紀平梨花選手。中学校は地元の中学→関西大学中等部へと転校しましたが、高校は関西大学高等部ではなく、通信制の「N高等学校」を選んでいます。

 

N高等学校とは?

N高等学校は、角川ドワンゴ(株式会社KADOKAWAと株式会社ドワンゴが経営統合)が創立した通信制高校です。

 

N高の「N」は何かを略したわけではなく、そのまま「N高等学校」が正式名称です。

Netの“N”や、New、Next、Necessary(必要)、Neutral(中性)などの意味が込められています。

 

本校は沖縄県うるま市にあり、キャンパスが全国各地にあります。

 

紀平梨花選手にとってのメリットは?

通信制高校の「N高等学校」はインターネットを利用し、スマホやパソコンで授業が受けられます。

 

全国どこでも(世界でも!)授業が受けられ、なおかつ拘束時間が短いことは、フィギュアスケートの練習に専念したい紀平梨花選手にとって大きなメリットです。

 

ちなみにN高等学校の、女子の制服はこんな感じ♪

N高等学校制服

 

ジャケットとスカート、リボンだけが学校指定となっていて、ワイシャツなどは自分で自由に購入するようになっています。

 

ジャケットはブレザーとセーラー服がミックスされたデザインで、両方とも着たいという女の子の要望を叶えたものとなっています( ´∀`)

N高等学校制服

 

制服は入学式や卒業式などのイベントで着るそうなのですが、紀平梨花選手にも似合いそうですね(´∀`*)

 

N高等学校に通う、他の有名人は?

N高等学校は2016年に開校したばかりの新しい通信制高校ですが、なんとN高にはDragon Ashやロックバンド「RIZE」のベーシストでもある・KenKenこと金子健介さんが入学しています!!

 

また、アイドルグループ「虹のコンキスタドール」のリーダー・的場華鈴(まとば・かりん)さんも在籍しているんです☆彡

 

さらに、フィギュアスケート女子選手の川畑和愛(かわばた・ともえ)選手もN高等学校に入学しています。

川畑ともえ

 

このように、N高等学校には「自分のやりたいこと・本業の合間に学びたい、高校卒業の資格を得たい」という有名人が在籍しています。

 

いろいろなジャンルで活躍する人が在籍しているのは他の生徒にとっても大きな刺激となるでしょうし、卒業式などのイベントで会えたら嬉しいですよね!




 

まとめ

フィギュアスケートの紀平梨花選手が在籍する「N高等学校」はカドカワが創立した通信制高校です。

 

ネットを通じて全国どこでも授業を受けることができるので、紀平梨花選手以外にも有名人が所属しています。

 

今後は紀平梨花選手の活躍で「N高等学校」がもっと有名になって、N高を志望するひとが増えるかもしれませんね( ´∀`)