スピードスケートの小平奈緒選手は平昌オリンピックでの金メダル獲得が有力視されていますが、競技生活を続けていくには多額の資金が必要となっていると考えられます。

 

お金がなくて競技生活を続けていけないとなったら、困りますよね><

 

小平奈緒選手の収入はどれくらいあるのでしょうか?スポンサーの有無や年収についても調べてまとめてみました!

 

 

小平奈緒の収入やスポンサーは?年収をズバリ推察!

小平奈緒の月収とスポンサーについて

小平奈緒選手は、相澤病院に籍を置いています。

 

つまり、相澤病院が小平奈緒選手のスポンサーだと言ってもよいでしょう。

小平奈緒
小平選手のウェアには相澤病院のロゴマークがつけられています

 

では小平選手の月収はいったいどれくらいあるのでしょうか?

 

小平選手は相澤病院の職員ではあるものの、給与面で特別な高待遇を受けているわけではなさそうです。

(スケートに打ち込みながら給与が出るという意味では、これ以上ないくらいの高待遇と言えますが)

「平均年収.jp」によると、30~34歳のスポーツトレーナーの平均年収はおよそ440万円だそうです。

 

(小平選手はスポーツトレーナーではありませんが、籍を置いているのが「スポーツ障害予防センター」なので、給与についてはスポーツトレーナーを参考にしました)

 

なのでおそらく小平選手が相澤病院から支払われている給与も年間440万円くらい、月収にしておよそ27万円くらいなのではないかと推察されます。

 

 

小平奈緒の年収はトータルするといくら?

小平奈緒選手は相澤病院からの月々のお給料にプラスして、スピードスケートのワールドカップで得られる賞金があります。

小平選手が2015年に稼いだ賞金の額は、

・500m種目別優勝:$15,000

・W杯1位×1回:$1,500

・W杯2位×5回:$5,000

・W杯3位×2回:$1,600

・世界距離別選手権3位:$1,500

となっており、総額は日本円でおよそ295万円となっています。

 

さらに、公益財団法人日本スケート連盟からの報奨金もあります。

・オリンピック1位(金メダル):500万円

・オリンピック2位(銀メダル):200万円

・オリンピック3位(銅メダル):100万円

・世界選手権第1位(金メダル):100万円

・世界選手権第2位(銀メダル):75万円

・世界選手権第3位(銅メダル):50万円

 

2017年、小平選手は

・世界距離別選手権500m:1位

・世界距離別選手権1000m:2位

・世界スプリント選手権:1位

など数々の大会で優勝もしくは上位の成績を収めているため、こちらでも数百万円を手にしていると思われます。

 

更にオリンピックで金メダルを取るとなれば、金メダル1つにつき500万円を手にします 😯 

小平選手なら500mと1000mの2冠も夢ではないと思うので、金メダル2つ合わせて1000万円の報奨金を手にするかもしれませんね!

 

よって、小平選手の年収は

相澤病院の給与+ワールドカップの賞金+スケート連盟の報奨金=1000万円くらい

になると思われます!

 

オリンピックで金メダルを獲得すれば、更に報奨金を手にできますね!

 

好きな競技に打ち込んで、報酬を得て、そのお金でまた好きな競技に打ち込む。

こういった競技人生が送れている小平奈緒選手は幸せなのではないかな~と思いました(*^^*)

 

よろしければこちらの記事もご覧ください♪

小平奈緒は相澤病院勤務の看護師?教員を目指していたのに病院勤務になった理由が泣ける

小平奈緒はかわいいけどオカリナ似?彼氏や結婚してるかも知りたい!