小園海斗

報徳学園3年生の小園海斗(こぞの・かいと)選手、守備がスゴイんです!

 

2018年のナンバーワンショートと評される小園選手能力は「高校生のトップレベルを超え、プロより上」と評価されることもあるほど(・∀・)

 

そこで今回は、小園海斗選手の守備がどれだけすごいのか、徹底的にまとめてみました!

 

小園海斗(報徳学園)の守備がスゴイ!

小園選手

 

報徳学園小園海斗選手、守備がすごいんです!

 

2018年夏の甲子園でナンバーワンショートの呼び声も高く、守備の能力は大阪桐蔭の根尾選手をも上回るともっぱらの評判 😯 

 

参考記事:根尾昂選手の出身中学はどこ?両親や兄姉の職業、身長体重もチェック!

 

あの赤星憲広さん(野球解説者・元阪神)も

「走攻守肩、全てにおいて10点満点」

「プロに入って、高卒1年目の18歳からレギュラーを獲れる」

彼(小園海斗選手)が今大会のナンバーワン選手なんじゃないかと思ってる

とベタ褒めしていたほど(´∀`*)

 

いったい小園選手のどこがすごいのか、詳しく見ていきましょう☆彡

 

守備位置が深い

小園海斗選手の守備位置は、ショートです。

 

ショートといえば内野守備の花形ポジションで、俊敏性や強い肩といった能力が要求されます。

 

通常、ショートといえば二塁と三塁の間、下の図の赤い丸あたりが定位置です。

ショートの守備位置

 

しかし小園選手は通常の守備位置よりも後方の、芝生と土の境目の辺りで守ります。

小園選手

 

小園選手の守備位置の原点となっているのが、小学校時代に在籍した野球チーム「宝塚リトル」です。

 

宝塚リトル時代、小園選手は

「甲子園へ行ったら、土と芝生の切れ目で守れ!」

と教えられてきました。

 

この言葉の意図を、小園選手は

「良いショートに見える、と。定位置が後ろならば、守備範囲も広がりますから、アウトになる率も上がる」

と解説しています。

 

これほどまでに定位置が後ろにくるショートはプロでも多くはありません。

 

それだけ小園選手が肩や足に自信があるということになります!

 

 

小園選手のボールに追いつく速度、一塁への強く正確な返球、そして守備範囲の広さ。見ていて本当に惚れ惚れしますよね!

 

そして、小園選手の守備位置が「小学校時代の教え」なのだと思うと、その実直さに胸を打たれます!

 




 

足が速い

小園選手

 

小園海斗選手は50メートルを5秒8で走ります 😯 

 

俊足で知られる根尾昂選手(大阪桐蔭)でも50メートル走6秒1なのだといえば、小園選手がどれだけ足が速いかお分かりいただけると思います。

 

ちなみに小園選手の二塁打タイムをプロと比較したデータが、こちら。

二塁打タイム

 

プロと比較してもトップクラスのスピードです!

 

しかもこの「7秒53」の記録を出したときの小園選手は、一塁を回ったところでスピードをゆるめる動作が見られたというから驚きです 😯 

 

この小園選手の足の速さが、深い守備位置を可能にしているのです。

 

よく練習し、経験を積んでいる

小園海斗

 

小園選手は中学時代、大阪の名門・枚方ボーイズに進みます。

 

枚方ボーイズでは大阪桐蔭の藤原恭大選手ともチームメイトで、全国大会を4回も経験している小園選手。

 

全国大会4回出場のうち2回は優勝しているのですから、大したものだと思うのですが、本人はとても謙虚でした。

 

「僕は中学時代、そんなに守備がうまい選手ではなかった」

 

そう言う小園選手は、報徳学園で “ランナーがついて、なおかつ「これで失点したら負け」” といった厳しい状況設定の中でノックを受け続け、守備の基本練習も朝練で欠かさずやり続けました。

 

小園選手は報徳学園での練習のおかげで、プレッシャーの中で守備ができる自信がついたのです。

 

また小園選手は「侍ジャパンU-18代表」にも選出されています。

 

清宮幸太郎選手(早稲田実業→日本ハム)や中村奨成選手(広陵→広島カープ)といった先輩たちと一緒に戦い、世界の同年代選手を見たことで小園選手は「絶対に負けたくない」という思いが強くなりました。

 

そして小園選手は「日本一のショート」を目指すようになったのです。




 

まとめ

小園海斗選手(報徳学園)は2018年の高校ナンバーワンショートと言われ、守備の能力がプロより上とも評されるすごい選手です!

 

本人の身体能力が優れているのはもちろん、地道に練習を重ね経験を積んできたからこそ、甲子園という大舞台でも活躍ができているのだと思います(・∀・)

 

今後も小園海斗選手には注目していきたいです☆彡