平昌オリンピックの開幕が近づいてきました!

 

日本からは123人の選手が平昌オリンピックにエントリーしています(*^^*)

 

日本人選手の中から金メダルを獲得する候補は一体誰でしょうか?

 

メダルの獲得数と合わせて、予想してみました!

 

平昌オリンピックで日本のメダルの数は何個?獲得候補者と数を予想!

金メダル

羽生結弦(フィギュアスケート男子シングル)

羽生結弦

 

羽生結弦選手はフィギュア男子シングルの得点ランキングでぶっちぎりの世界1位

(参考記事:フィギュア男子シングルの歴代得点ランキング1位は?最高得点は何点で誰の記録?)

 

2017年のNHK杯を目前に足にケガを負ってしまいましたが、既に氷上での練習を再開しているようですし、きっとオリンピック本番で2大会連続の金メダルをキッチリと決めてくれると思います☆彡

 

平野歩夢(スノーボード男子スーパーパイプ)

平野歩夢

 

平野歩夢選手は1月28日にアメリカ・コロラド州で開催された冬季Xゲームのスノーボード男子スーパーパイプで、大会史上初となる連続4回転を決めて99.00点というスコアで見事に金メダルを獲得しました!

 

今の平野歩夢選手は心技体が全て整っていて、この勢いのままオリンピックでもメダルを獲得しそうですね☆彡

(参考記事:平野歩夢は現在イケメンで昔はかわいい?年上彼女とのデートも気になる!

 

小平奈緒(スピードスケート)

小平奈緒

 

小平奈緒選手は2017年12月に行われたスピードスケートのワールドカップで、1000mの世界新記録となる1分12秒09を叩き出しています!

 

ここ1番という試合の時に集中力を発揮してキッチリと決めてくれる安定感があり、平昌オリンピックでも金メダルは間違いないと思います(・∀・)

それも、500mと1000mで合わせて2個の金メダルが狙える選手です!

 

高木美帆(スピードスケート)

高木美帆

 

高木美帆選手は2017年11月に行われたスピードスケートのワールドカップで、1500mで1分55秒30という記録を叩き出し優勝しています(・∀・)

12月に国内で行われた1500mでは更にタイムを縮め1分54秒82で優勝しています☆彡

 

高木美帆選手はソチ五輪での代表落ちを経験し、そこから平昌オリンピックに向けて気持ちを切り替えひたむきに練習を重ねてきました。4年間の練習の成果はきっと本番でしっかりと出してくれると思います!

 

平昌オリンピックで金メダルを獲得できそうな選手を4人挙げてみました!

小平奈緒選手が2個のメダルを獲得し、今回の平昌五輪では金メダル5個と予想してみます☆彡

 

しかしここに挙げた選手だけではなく、どの選手にも頑張ってもらいたいです☆彡