フィギュアの男子シングル選手はは女子シングル選手よりも回転数の多いジャンプを飛ぶことができる分、得点も高くなっていますよね。

 

フィギュア男子の上位の選手は300点超えも果たしていて、点数が出るたびに感心することもしばしばです!

 

そこで今回は、フィギュア男子シングル歴代得点ランキングについて調べてまとめてみました!

 

 

フィギュア男子シングル歴代得点ランキング!世界最高得点は誰で何点?

フィギュアスケート男子シングルは女子シングルに比べて

・FS(フリースケーティング)での規定ジャンプ回数が1回多く、8回

・基礎点が高い4回転ジャンプを飛ぶことのできる選手が何人もいる

・3回転-3回転のジャンプを飛べる選手も何人もいる

ということから、得点が高くなっています

 

特に羽生結弦選手が登場してからは、スコア300点超えはすっかり当たり前のようになってきました 😯 

 

現時点(2018年1月)でのフィギュアスケート男子シングルの歴代得点ランキング(個人記録/パーソナルベスト)を、20位まで調べてまとめてみました!

 

※2018年3月26日 世界フィギュア後に追記しました!

 

1位:羽生結弦(日本)/330.43

羽生結弦

ゆづきゅん、強い!!

羽生結弦選手のパーソナルベスト330.43点は、2015年のGPシリーズで記録したものです。

これ以外にも羽生選手は322.40点(2015年NHK杯)、321.59点(2017年世界選手権)、317.85点(2018年平昌オリンピック)、303.71点(2017年四大陸選手権)などを記録していて、もう圧倒的な強さであることがよく分かります 😯 

 

2位:ネイサン・チェン(アメリカ)/321.40←NEW!

ネイサン・チェン

ネイサン・チェン選手が4回転を6本も成功させるという圧倒的な滑りで321.40という素晴らしい得点を叩き出しました!!(2018年世界フィギュア)

 

3位:宇野昌磨(日本)/319.84

宇野昌磨

宇野昌磨選手もスゴイですね!!

宇野昌磨選手のパーソナルベスト319.84点は、2017年4月のロンバルディア杯で記録したものです。

 

4位:ハビエル・フェルナンデス(スペイン)/314.93点

ハビエル・フェルナンデス

ハビエル・フェルナンデス選手のパーソナルベスト314.93点は2016年の世界選手権で記録したものです。

 

5位:ボーヤン・ジン(金博洋)(中国)/303.58点

6位:パトリック・チャン(カナダ)/295.27点

7位:デニス・テン(カザフスタン)/289.26点

8位:町田樹(日本)/282.26点

9位:ミハイル・コリヤダ(ロシア)/282.00点

10位:髙橋大輔(日本)/276.72点

11位:ドミトリー・アリエフ(ロシア)/274.06点

12位:ジェイソン・ブラウン(アメリカ)/273.67点

13位:ハン・ヤン(中国)/271.55点

14位:セルゲイ・ポロノフ(ロシア)/271.12点

15位:無良崇人(日本)/268.43点

16位:アダム・リッポン(アメリカ)/267.53点

17位:マキシム・コフトゥン(ロシア)/266.80点

18位:織田信成(日本)/262.98点

19位:マックス・アーロン(アメリカ)/261.56点

20位:エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)/261.23点

 

フィギュア男子シングルの歴代得点ランキングを見ると、羽生結弦選手の強さが本当によく分かります!

 

宇野昌磨選手もまだまだ強くなると思いますし、フェルナンデス選手はもちろん、ロシアのコリヤダ選手やアリエフ選手あたりも手強いと感じます。

 

ネイサン・チェン選手もまだまだ得点を伸ばしそうですよね!

 

今後フィギュア男子の試合を見るときに、こちらの記事が参考になれば幸いです(*^^*)

 

よろしければこちらの記事もご覧ください(^^)/

フィギュア女子シングルの歴代得点ランキングは?最高得点は何点で誰の記録?