2018年夏の高校野球は試合だけでなくブラバンの演奏もかっこよかったですよね!

 

吹奏楽の応援が上手だとやっぱりテンションが盛り上がって応援に熱が入ります☆彡

 

2018年の高校野球ブラバン応援ベスト10、どんな曲だったのか演奏の動画を集めてみました!

 

高校野球ブラバン応援ベスト10演奏が聴きたい!動画をチェック!

1位・近江高校「Fireball」

 

洋楽中心にカッコよくまとめた近江高校(´∀`*)

 

「Fireball」はランナーが2塁にいるときのチャンステーマで、英語のラップ部分を

「今日の主役はどこですか!」「近江高校!」

と替えて応援します(・∀・)

 

2位・金足農「Gフレア」

 

金足農業が応援に使う「Gフレア」は、巨人(読売ジャイアンツ)のチャンステーマです。

 

秋田県内のほとんどの学校が応援に使う「タイガーラグ」も使っていた金足農業、決勝ではABBB(秋田ブリティッシュブラスバンド)も加わった演奏が「えげつない」と話題になりました 🙂 

 

3位・大阪桐蔭「U.S.A.」

 

大阪桐蔭ブラバン演奏&応援の揃いっぷり!

 

流石は王者、圧巻の応援ですよね!!!

 

しかも大阪桐蔭の吹奏楽部は決勝戦当日の夜に尼崎でコンサートを行ったというのですから、脱帽です><




 

4位・龍谷大平安「怪しい曲」

 

 

「怪しい曲」または「怪しいボレロ」と呼ばれるこの曲は龍谷大平安のオリジナル曲で、龍谷大平安でしか使われていません。

 

ツイッターでは「魔曲」「相手を威圧する雰囲気たっぷり」などと評判 🙂 

 

5位・浦和学院「浦学サンバ」

 

個人的には浦学サンバが好きです(・∀・)!明るく賑やかな感じが良いですよね!

 

メガホン持って一緒に混ざって盛り上がりたい♪

 

6位・佐久長聖「ヴィクトリー」

 

かつてPL学園の野球部が甲子園常連だった頃、何度もこの曲をテレビで聴いていました。

 

100回大会となった2018年にまたこの曲が聴けるのは胸熱です…!

 

佐久長聖の藤原監督と岸田コーチがPL学園学園の出身だったことから、PL学園より演奏許可が出て正式に佐久長聖が継承することとなった名曲です。




 

7位・旭川大「仁義なき戦い」

 

「仁義なき戦い」を高校野球の応援に使う旭川大高のセンス、めっちゃ好きです!!!

 

しかも史上初のタイブレークで延長戦にもつれた試合で「仁義なき戦い」が流れたの、最高にシビレました(≧∇≦)b

 

8位・高岡商「The Horse」

 

高岡商の「The Horse」はテンポの軽快さと躍動感がいいですよね~!!

 

聴いていてこちらもテンションが上がり元気になれる感じがします☆彡

 

9位・藤蔭「年下の男の子」

 

藤蔭の「年下の男の子」は、2年生の朝倉選手の応援曲です。

 

3年生が「あいつは俺たちよりも年下だから」ということで選ばれました(・∀・)

 

きっと朝倉選手は先輩たちから可愛がられているんでしょうね(*´艸`*)

 

10位・報徳学園「アゲアゲホイホイ」

 

「サンバ・デ・ジャネイロ」に合わせて「ハイヤハイヤハイ!」「アゲアゲホイホイ!」などとコールするこの応援、あちこちの学校で採用されていますが報徳学園が本家本元です( ´∀`)

 

このアゲアゲホイホイ、私も加わってみたくて仕方がありませんw

 

まとめ

高校野球の応援にはブラスバンドの演奏が欠かせないですよね!

 

試合を観戦しながら好きな曲が聴けると思わずテンションが上がります♪

 

出場校の定番曲をチェックしてから高校野球を観戦すると、より一層楽しめるのではないかと思います☆彡