薔薇は色によって花言葉が異なるのは有名ですが、実は本数にも意味があることをご存知ですか?

 

薔薇を贈るときには、シチュエーションにふさわしいメッセージを持つ本数を選びたいものです。

 

薔薇の本数に込められた意味をご紹介します 🙂 

 

 

薔薇は本数にも意味あり!

薔薇は色や形が美しく、昔から世界中で愛される花の一つです。

薔薇

 

愛と美の象徴として、大切な人に贈ろうと思う方も多いと思います。

 

薔薇色によって花言葉が違うのは有名です☆彡

 

赤は「あなたを愛しています」「愛情」「情熱」、

白は「純潔」「清純」「私はあなたにふさわしい」、

ピンクは「可愛い人」「しとやか」「美しい少女」、

青は「奇跡」「神の祝福」「夢が叶う」、

黄は「平和」「友情」「愛の告白」、

オレンジは「絆」「無邪気」「魅惑」、

紫は「気品」「尊敬」「誇り」・・・など。

 

だから薔薇を贈るときには「何色にしようかな?」と思うのではないでしょうか。

 

でも、ちょっと待って下さい!

 

実は薔薇には、本数にも意味があるんです 😯 

 

例えば薔薇を贈るシチュエーションとして、「プロポーズ」「誕生日のプレゼント」「発表会の差し入れ」など、様々あると思います。

 

薔薇を贈るときに何本にするかは、そのときのシチュエーションにあった意味を持つ本数にするとよいですよ(*^^*)

 

薔薇の本数が示す花言葉を紹介!

本数によって異なる薔薇の花言葉。

 

薔薇の、本数ごとの意味をご紹介します 😉 

 

1本:私にはあなただけ(ONLY YOU)

2本:世界は2人だけ

3本:I LOVE YOU

4本:死ぬまで変わらない

5本:心から嬉しく思う

6本:互いに思いやる

7本:ひそかに愛してました

8本:心遣いに感謝します

9本:いつまでも(ALWAYS)

10本:非の打ち所がない

11本:最愛 あなた一人だけ

12本:愛が日増しに強くなる

13本:友情は永遠に

14本:誇りである

15本:I’m sorry

16本:落ち着かない愛

17本:絶望的で挽回できない愛

18本:誠意ある告白

19本:忍耐と期待

20本:真心あるのみ

21本:真実の愛

22本:GOOD LUCK!

25本:お幸せに

30本:ご縁を信じます

36本:ロマンティック

40本:死ぬまで変わらない愛

50本:偶然の巡り合い

99本:FOREVER

100本:100%の愛

101本:最愛

108本:求婚

144本:何度生まれ変わっても君を愛する

365本:毎日君を思う

 

12本の薔薇には特別な意味も

12本の薔薇

 

上で12本のバラの意味は「愛が日増しに強くなる」だとご紹介しました。

 

じつは12本の薔薇は「ダズンローズ」とも呼ばれ、昔のヨーロッパで男性が女性にプロポーズする際に贈っていた本数でもあります。

 

12本の薔薇に込められた意味は「愛情・情熱・感謝・希望・幸福・永遠・尊敬・努力・栄光・誠実・信頼・真実」です。

 

最近では結婚式の演出でもダズンローズが使われたりします(*´ェ`*)

 

以上、薔薇の本数が示す意味についてでした(^^)/