LINEを送ってもなかなか既読にならなくて「もしかしたら相手にブロックされてるのかも…」と気になったことはありませんか?

 

そんなとき、『LINEをブロックされているか』を確認する方法があります。

 

ここでは

LINEがブロックされているか相手からバレないように確認する方法

LINEをブロックするときの、相手の気持ち・心理と対策

について詳しく見ていきたいと思います。

 

LINEがブロックされているかも!?相手からバレない確認方法は?

LINEをする男性

 

LINEを送ってもなかなか既読にならないとき、

もしかしてLINEがブロックされているかも?

と不安な気持ちになりますよね。

 

例えば「LINEをしつこく送りすぎた」とか「直前でケンカをしてしまった」ようなときは、相手が怒ってブロックしているのかもしれません。

 

でも全く心当たりがないのにいつまでも未読のままだと、「いつの間にか嫌われたのかも!?」と思って心配になったり、「相手のスマホが壊れた」などのトラブルかもしれないと思って気がかりになると思います。

 

直接相手に「LINEをブロックした?」と聞くことができれば一番手っ取り早いのですが、そこまで相手と仲良くなかったりする場合だとなかなか聞きづらいですよね。

 

そんなとき、LINEがブロックされているかを相手からバレずに確認する方法があるので、良かったら是非試してみてください( ´∀`)

 

スタンプをプレゼントしてみる

LINEをブロックされているかどうかは、LINEスタンプをプレゼントする機能を使うことで判断できます。

 

「LINEスタンプをプレゼント」といっても、実際にLINEスタンプをプレゼントするわけではないため、お金はかかりませんので安心してください(・∀・)

 

LINEスタンプをプレゼントしようとしたときに、もし相手からブロックされていると

すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません

と表示されるので、分かるのです。

 

では、実際にやってみましょう!

 

Android(アンドロイド)端末の場合はLINEアプリの「その他」から「スタンプショップ」を開きます。

 

iPhone(アイフォン)の場合はSafariなどのブラウザから「LINEストア」にアクセスし、ログインします。

LINEストア

 

後はAndroid・iPhoneともに共通の作業です。

 

スタンプショップから、好きなスタンプを選びます。

(このとき、相手が絶対に選ばないようなスタンプを選ぶのがコツです!)

 

プレゼントしたいスタンプを選んだら「プレゼントする」をタップします。

LINEスタンプをプレゼント

 

「友だちを選択」の画面に移るので、LINEスタンプをプレゼントしたい相手を選びます。

LINE友だち

 

ここでスタンプ購入を確認する画面に移った場合は、LINEはブロックされていません。

LINEスタンプ購入画面

 

しかし相手からLINEをブロックされていた場合、「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません」というメッセージが表示されます(´・ω・`)

LINEブロックされてる

 

相手が本当にこのスタンプを持っているという可能性もあるので、いくつかのスタンプで試してみましょう。

 

もし全て「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません」となる場合は、相手からLINEをブロックされたとみて間違いないでしょう。

 

タイムラインが見られず、ホームの投稿が消えている

LINEの投稿のタイムラインが相手から急に流れて来なくなった場合、ブロックされた可能性が高いです。

 

友だちリストから相手を表示し、家のマーク(ホーム)へ移動してみましょう。

 

相手の今までの投稿を見ることができなくなっていて「まだ投稿がありません」となっていたら、相手からLINEをブロックされたとみてよいでしょう。

 

タイムラインLINE

 

タイムラインやホーム画面は公開範囲を変更することができるため、もしかしたら設定を変更しただけの可能性もあります。

 

しかし今まで見ることのできていた投稿が突然見られなくなり、タイムラインも全く流れてこなくなった場合はLINEをブロックされた可能性が高いです。

 

プロフィールの「ステータスメッセージ」をチェック

自分の近況などを気分に応じて変えることのできる「ステータスメッセージ」(旧「ひとこと」)。

 

実はこの「ステータスメッセージ」は、相手からブロックされていたとしても見ることができるんです!!

LINEステータスメッセージ

 

LINEが既読にならないのに相手のステータスメッセージが変えられていた場合、少なくとも相手のスマホが故障した訳ではないということが分かります。

 

以上3つをまとめると、LINEをブロックされているかの確認方法は

(1)LINEスタンプをプレゼントできない

(2)タイムラインが流れてこなくなり、今まであった投稿が見られない

(3)LINEは未読のままなのに、相手のステータスメッセージは変更されている

となります。

 

(2)や(3)に該当するけど(1)は該当しないばあい、LINEはブロックされていないとみてよいでしょう。

 

しかし(2)や(3)は該当しなくても(1)に該当する場合は、LINEはブロックされている可能性が高いです(´・ω・`)




 

LINEをブロックするときの、相手の気持ちや心理はどうなってるの?

 

LINEをブロックされた場合、「ケンカをした」などの原因があることもあれば、特に思い当たるような点がない場合もありますよね。

 

そこで、LINEをブロックする人の気持ちや心理を推察し、対策を考えてみましょう。

 

忙しくて余裕がない

例えばテスト前など、他にやるべきことがあって忙しい場合、返信する時間すら惜しいのかもしれません。

 

この場合は「放って置いて」という合図だと考え、また連絡が来るまで待つようにしましょう。

 

以外と1~2週間もすると、ブロックが解除されているかもしれません。

 

LINEの回数が多すぎてウザイ

相手の都合を考えず一方的に

「おーい」

「何してるの」

「見てる?」

「返事まだ?」

などと何度もLINEを送りつけるのはNGです(`A´)!

 

たまたま都合が悪くて出られなかっただけかもしれないのに、未読メッセージが2桁とかあったら相手はウンザリすることでしょう。

 

もし自分が相手にLINEを送りすぎて不愉快な思いをさせてしまった場合、相手の機嫌が治るまではLINEしない方がよいでしょう。

 

LINEの内容が不愉快

相手が不愉快になるようなLINEを送ってしまった場合、「もう見たくない」と思ってブロックしたことが考えられます。

 

自分に否があると思ったら、LINE以外の方法で相手に詫びるようにしましょう。

 

他に本命の彼氏/彼女がいる

相手が異性の場合、他に本命の彼氏/彼女がいることが考えられます。

 

本命の前では異性からのLINEはブロックしたいと考えているのかもしれません。

 

この場合、相手の恋人が嫉妬深いタイプだったりしたら、異性の友だちはブロックされたまま解除されることはないでしょう。

 

相手が恋人と別れるまで気長に待つか、いっそ諦めたほうがよいかもしれません。

 

そもそもLINE ID交換が単なるノリだった

たまたま場が盛り上がってLINE IDを交換したのはいいけど、実は初めから乗り気ではなかったという可能性もあります。

 

その場の雰囲気を壊したくなくてノリでLINE IDを交換し、後からブロックすればいいと考える人もいるのです。

 

この場合は元からLINEでやりとりする気がありませんので、ブロック解除は見込めないと思ったほうがよいでしょう。




 

LINEブロックの確認方法と対策のまとめ

LINEがブロックされているかどうかは、LINEスタンプをプレゼントしてみることで確認ができます。

 

LINEスタンプを相手に送ることができない場合、ほぼ間違いなくLINEがブロックされているとみてよいでしょう。

 

もしブロックされていた場合は、

・時間や距離を空けてみる

・相手を不快にさせていたら謝罪する

・LINE以外の方法で連絡を取る

ことも考えてみましょう。

 

LINEに限らず、人づきあいで大切なことは相手の気持ちを考えることです。

 

SNSのやりとりは表情や声の調子が見えない分、相手に誤解されたりすることもあり得ますし、そもそも相手がそれほどLINEを重視していないことも考えられます。

 

もし自分がLINEをブロックされたと感じたら、例え自分は悪くないと思ったとしても、人付き合いや物事の見方・価値観を見直すきっかけにすることをオススメします。