地震でトイレの水が出なくなって、自宅のトイレが使えなくなったらどうしますか?

 

着替えやお風呂は何日か我慢することができても、トイレは我慢できないですよね。

 

大災害のときは避難所のトイレがすぐに不衛生になったり、仮設トイレの設置までに数日間かかったりすることが考えられます。

 

そこで今回は災害用トイレを家庭で備える際の、おすすめ商品をご紹介します!

 

災害用トイレの備えは絶対に必要!その理由は?

悩む女性

災害に備えて食料や飲料水、救急用品などをストックしている家庭は多いと思います。

 

では、災害用トイレの備えはどうでしょうか?

 

「トイレの備えはしていない」というお宅、結構多いのではないでしょうか。

 

耐震性に優れた家に住んでいる人は避難所生活を想定していないので、トイレの備えまではしていない傾向が強いようです。

 

もしかすると「地震で自宅のトイレが流れなくなったときはお風呂の汲み置きの水を流せばいい」と思っている人もいるかもしれませんね。

 

実は上水道だけが止まってしまった場合は水さえあれば水洗トイレが使えるのですが、下水道が破損した場合はトイレの水を流すことができません

 

特にマンションなどの集合住宅では、排水管のどこか1ヶ所でも破損すると全ての家庭でトイレが使えなくなってしまいます(最悪、逆流します!)。

トイレのトラブル

 

それならば避難所のトイレや公衆トイレを使えばいい、と思うかもしれませんが。

 

避難所も公衆トイレも断水していれば使えませんし、無理やりそこで用を足すと排泄物が溜まって不衛生になってしまいます。

 

実際、阪神大震災や東日本大震災直後の公衆トイレは溜まった排泄物で想像を絶するくらい汚くなってしまいました。

 

仮設トイレの設置までには数日間かかることも珍しくなく、仮に設置されたとしても「外にあるので暑い/寒い」「夜は暗くて怖い」「外で順番待ちをしている人がいると落ち着かない」という理由で使いたくないと思う人が大半です。

 

かといってトイレを我慢するために水を飲むのを我慢すると、今度は血液の水分が少なくなって「ドロドロ血」になってしまい、エコノミークラス症候群になる危険が高くなってしまいます。

 

それに小さいお子さんのいる家庭では、子供にトイレを我慢させるなんてできませんよね。

 

そのため震災後にもし自宅で過ごせるのならば、自分の家でトイレを使えるよう災害用トイレを準備しておくべきなのです。




 

災害用トイレを家庭で備える場合のおすすめアイテムは?

用を足す猫

 

災害時に自宅のトイレが使えなくなることを想定し、以下に示す5つのアイテムが最低限あるとよいです。

・45リットルのゴミ袋(黒を推奨)

・高分子吸収材

・防臭袋

・トイレットペーパー

・手を消毒するもの

 

以下にこれらアイテムの使いみちをご紹介します。

 

45リットルゴミ袋

便座にゴミ袋

 

45リットルのゴミ袋は、便器部分と覆う1枚と便座部分を覆う1枚の合わせて2枚で使います。

 

便器部分をゴミ袋で覆う理由は、便座を覆う袋が便器内の水に付かないようにするためです。

 

用を足したら便座部分のポリ袋だけを交換し、便器部分のポリ袋はそのままにしておきます。

 

排泄物が透けて見えないよう、ゴミ袋の色は黒がおすすめです。

 

高分子吸収材

排泄物の水分を吸収してくれる凝固剤(高分子吸収材)を用意しておきましょう。

 

凝固剤は主に粉末タイプとシートタイプの大きく分けて2種類になりますが、排泄後になるべく出したものを見たくない場合、予め敷いて使うシートタイプが良いでしょう。

送料無料!【10年保存!】防臭&抗菌で安心!【BR-961 サッと固まる非常用トイレ30回分(アルミパック凝固剤 汚物袋30枚付き)【お徳用セット】ヤシ殻活性炭入り】 銀配合Ag抗菌凝固剤 02P03Dec16

 

【楽天スーパーSALE期間限定クーポン配布中】【期間限定ポイント10倍】非常時・災害時・断水時の備えに!1回あたり60円の防災トイレ『シートイレ』50回分で3000円(税込)【送料無料】

 

 

高分子吸収材がない場合は、大人用の紙おむつや新聞紙で代用できます。

防臭袋

防臭袋は、排泄物を入れたゴミ袋から匂いが出ないよう、汚物入のゴミ袋を入れるために使います。

 

介護現場でも使われている「防臭袋BOS」は匂いを抑えてくれる優れものです!

【BOS公式SHOP★驚異の 防臭袋 BOS (ボス)】 Lサイズ 90枚入(袋カラー:ホワイト) ●送料無料● 大人 おむつ 尿取り パッド ペット シーツ うんち 猫砂 生ゴミ 処理 ごみ におい 臭気 菌 対策 消臭袋 臭わない

 

 

トイレットペーパー

トイレットペーパーはお尻を拭くだけでなく他にもティッシュ代わりに使えるので、なるべく多く備蓄しておくと安心です( ´∀`)

 

手を消毒するもの

抗菌作用を持つウエットティッシュなどを用意しておくと、水が出ないときでもトイレの後に手を清めることができます。

 

特に大震災のあとは不衛生なトイレからノロウイルスなどの感染症が蔓延しやすいので、手をきれいに保つことが大事です。




 

まとめ

災害など起こってほしくありませんが、日本は地震の多い国なので、いつどこで大震災が起こってもおかしくありません。

 

耐震性の優れた家に住んでいるからといって油断していると、いざ地震のときに上下水道が壊れてトイレが使えなくなるという事態も充分に考えられます。

 

仮設トイレはすぐに設置されるとは限りませんし、外に置かれるので用を足しに行くのも大変で、おまけにすぐに不衛生になってしまいます。

 

災害用トイレは自宅のトイレや仮設トイレが使えない場合に重宝しますので、是非とも各家庭で備えておくことをおすすめします!