大相撲舞鶴場所で挨拶をしていた多々見市長が倒れ、駆けつけた女医らしき女性が心臓マッサージを行っている最中、「女性は土俵から降りて下さい」との場内アナウンスがありました。

 

相撲協会ちょっと酷くないですか!?

 

相撲の土俵は女人禁制だということは知られてるけど、人の命がかかっているときにとんでもないことを言うなぁと呆れてしまいました。

 

女性による心臓マッサージ中に「土俵降りて」報道の詳細や、ネット上の反応についてまとめてみました。




 

女性は土俵から降りてのアナウンス!心臓マッサージの女性に対し(動画あり)

大相撲の地方巡業が行われている京都府舞鶴市で、土俵に挨拶に立った舞鶴市の多々見市長が突然倒れるというハプニングがありました。

 

土俵上へ急いで駆けつけた女医らしき女性が多々見市長に心臓マッサージを施していたのですが、場内アナウンスで「女性は土俵から降りて下さい」とのアナウンスが繰り返されるという出来事がありました。

 

そのときの様子(動画)がこちらです。

 

最初に土俵上に駆け寄っていた男性たちは、倒れた市長を取り囲むだけで何もせず。

 

観客席にい女性(後に看護師と判明)が土俵に駆け上がり、市長に心臓マッサージを施しました。

 

その様子を見て心臓マッサージのサポートをすべく他にも3人の女性が土俵上へ駆け寄ったのですが、場内アナウンスで「女性は土俵から降りて下さい」と繰り返し放送されました。

 

相撲の土俵は女人禁制という伝統があるのは分かるし、普段は守られるべき伝統だと思います。

 

しかし土俵上で人が倒れていて、心臓マッサージを必要としている以上、この場合は伝統よりも救命を優先してもらいたいです!

 

大相撲の実行委員の説明によると、「女性は降りて」のアナウンスをした理由は

会場に待機していた消防署員と処置を交代したから

とのことですが、動画を見る限りそんな風には見えませんでした 👿 

 

むしろ「女性が心臓マッサージをやっていて、周りの男性が見てるだけ」のときに「女性は降りて」のアナウンスがあったように見えました。

 

幸い多々見市長は一命はとりとめ、検査のために入院してはいるものの意識はあり会話もできる状態とのことで良かったのです。

 

でも心臓マッサージ中の女性に対し「女性は降りて」のアナウンスは、医療従事者として働く私にとっては許せない出来事です。

 

心臓マッサージ中の「女性は降りて」アナウンスに、ネットの声は

ネット上でも、心臓マッサージ中に「女性は土俵から降りて」のアナウンスがあったことに対し。

「人の命がかかってる状況で、よくこんなアナウンスができるな。しかも、一度じゃなくて数回も」

「信じられんな。救命行為してるんですよ」

「命より大事なものはないですよ」

「緊急時に何言うとんねん」

「あの女性が心臓マッサージを始めてなかったらどうなってたことやら」

など、緊急時にも関わらず「女性は土俵から降りて下さい」のアナウンスがあったことに憤る声ばかりが寄せられています。

 

ちなみに舞鶴市の多々見市長は循環器内科のドクターであり、心臓マッサージの重要性はよくよくご存知の方でいらっしゃいます。

 

多々見市長はきっと自分が心臓マッサージで命を助けられたことに感謝しているでしょうし、相撲協会が「女性は土俵から降りて下さい」とアナウンスしたことに対しては憤るのではないかと思います。

 

これだけ世間から非難を浴びているので、きっと相撲協会は何らかのコメントを5日以降に出すと思いますが、今回の一見では本当に相撲協会はヒドイ!と思いました。