2004年に広島県廿日市市で起きた、当時高校2年(17歳)だった北口聡美さんが何者かに刃物で襲われ命を奪われた事件で、犯人の男がようやく逮捕されました!

 

逮捕されたのは、山口県宇部市の会社員、鹿嶋学容疑者(35)。

 

逮捕の決め手となったのは、別の事件で書類送検された鹿嶋学容疑者の指紋やDNA型が、04年の事件現場に残されていた指紋やDNA型と一致したことでした。

 

広島で14年前に起きた事件の経過や、鹿嶋学容疑者の顔画像と被害者の北口聡美さんとの接点についてまとめてみました。




 

鹿嶋学容疑者逮捕!顔画像は手配書と似ていた!

2004年10月に広島県廿日市市で起きた、悲しい事件。

 

当時高2だった女子高生、北口聡美さんが自宅で刃物男に襲われ、尊い命が天に召されるという事件がありました。

 

事件発生から14年、ついに容疑者が逮捕されました!

 

犯人の名前は、鹿嶋学

鹿嶋学

 

公開されていた犯人の似顔絵と鹿嶋学容疑者の写真、似てますよね。

鹿嶋学容疑者

 

事件は14年前の出来事なので、当時鹿嶋学容疑者は21歳だったことになります。

 

21歳の鹿嶋学容疑者と、17歳だった北口聡美さん。

いったいどこに接点があったのでしょうか?

 

鹿嶋学と北口聡美さんの接点は?

広島県警の取り調べに対し、容疑を認めているという鹿嶋学。

 

これから詳細が徐々に明らかになっていきますが、付近で他に似たような事件が発生していないことから、鹿嶋学容疑者は北口聡美さんと面識があり、明らかに北口聡美さんを狙っての犯行だったと見られています。

 

鹿嶋学の自宅のある山口県宇部市と、北口聡美さんの自宅のある広島県廿日市市は隣県とはいえ距離があります。

山口県宇部市/広島県廿日市市

 

北口聡美さんはかわいい女子高生だったので、もしかしたら一方的に鹿嶋学容疑者が北口聡美さんに目をつけた可能性もあるでしょうか。

北口聡美さん

 

4/14追記:鹿嶋容疑者は「通りすがりでやった」と供述しているそうです。

当時も宇部市に住んでいたという鹿嶋容疑者、バイクで広島まで移動して凶行に及んだとのこと…

北口聡美さんがこんなことに巻き込まれて、本当に可愛そうです。

 

2004年の広島県廿日市市で起きた悲しい事件の経緯まとめ

2004年10月5日

北口聡美さんが自宅で刃物で襲われ、命を奪われる。

この日はテスト期間中で帰宅が早く、犯人が侵入した午後3時ごろ聡美さんは自室にいた。

聡美さんの悲鳴を聞いて駆けつけた祖母と妹のうち、祖母も襲われ、一時重体となった。

妹は裸足で近隣に駆け込み、助けを求めた。

 

2005年12月

聡美さんの父がブログを作成し、情報提供を呼びかける

 

2006年3月

北口聡美さんの通っていた県立廿日市高校で卒業式が行われ、同級生らは遺影を抱いて出席

 

2007年3月

北口聡美さんの遺族が有力情報の提供に対し懸賞金の支払いを決める

 

2008年1月

廿日市市の成人式に北口聡美さんの友人が遺影とともに出席

 

2008年3月

警視庁が捜査特別報奨金の対象事件に認定

 

2016年

新たな情報(現場周辺で道路を逆走するバイク)が公開される

 

2018年4月

山口県警に別の事件で逮捕されていた鹿嶋学容疑者の指紋とDNA型が、廿日市市のドアノブに残っていた指紋・北口聡美さんの爪に残っていた皮膚片のDNA型と一致

 

犯人逮捕までに14年・・・その間、どんなに家族は苦しんだかと思うと胸が締め付けられるような思いです。

 

同時に、逮捕されるまで自主もせず平然と過ごしていた鹿嶋学容疑者に対しては、怒りの感情しか湧いてきません。

 

北口聡美さんの無念が晴れるような厳罰を望みたいと思います。