まつ毛を強調するメイクに「つけまつげ(つけま)」や「まつ毛エクステ(まつエク)」があります。

 

「つけま」も「まつエク」も、目を大きくパッチリと見せ、まつ毛のボリュームをアップするためにとても効果的です(*^^*)

 

どちらも似たようなメイクですが、果たしてどのような違いがあるのでしょうか?




 

「つけま」と「まつエク」の違いは?

目を大きく見せるために、マスカラでまつ毛にボリュームを出す人は多いと思います(*^^*)

まつエク(まつ毛エクステ)

 

でも毎回ビューラーでまつ毛を持ち上げてマスカラを塗るのは、意外と面倒だったり、思うようにボリュームが出ないこともありますよね。

 

そんなとき「つけまつ毛(つけま)」や「まつ毛エクステ」を試してみたいと思いませんか?

 

でも「つけま」と「まつエク」っていったいどう違うのでしょうか?

両者の違いをまとめてみました!

 

生え際に貼るのが「つけま」、1本ずつつけるのが「まつエク」

つけまつ毛は、まぶたの形のような弓なりの軸に毛が植毛されています。

 

つけま」をつけるときは、まぶたの生え際に接着剤を使って貼り付けます。

 

一方、「まつエク」はまつ毛エクステンションの略で、人工のまつ毛を1本ずつ接着剤でまつ毛に装着します。

 

つけまつげは自分で装着しますが、まつエクはまつ毛エクステの専門家などにつけてもらいます。

 

安いのが「つけま」、高いのが「まつエク」

つけまつ毛は安いものだと100円ショップで買うこともできます。

 

1000円以上するつけまつ毛もあります。

 

メイクをオフするときに「つけま」を外しますが、3~4回は使うことができます。

 

一方、まつエクは1回3000円~8000円のメンテナンス料金がかかります。

 

さらに、綺麗なまつ毛を保つためには2~4週間毎にメンテナンスが必要です。

 

というわけで、つけまよりまつエクの方が値段が高いということになります。

 

毎回取り外すのが「つけま」、4週間くらいつけっぱなしOKが「まつエク」

つけまつ毛は毎回メイクを落とす際に取り外す必要があります。

 

つけまをつける際にはまつエクよりも多量の接着剤を使用するので、自分のまつ毛にはかなりの負担がかかります。

 

一方まつエクはつけまつ毛よりは使用する接着剤は少なく、3~4週間はつけたままでよいのが特徴です。

 

しかし自分のまつ毛にまつエクを装着することで、まつ毛が抜けやすくなることが多くなります。

 

「つけま」と「まつエク」はどちらがオススメ?

つけままつエクには、それぞれのメリットがあります。

 

つけまが向く人は、

・気分によっていろいろなメイクを楽しみたい人

・自分のまつ毛が少ない人

・職場や学校でメイクを制限されている人

・まつ毛を人形のようにフサフサにしたい人

です( ´∀`)

 

まつエクが向く人は、

・スポーツや温泉の最中でもまつ毛が気になる人

・すっぴんでもまつ毛を綺麗に見せたい人

・アイメイクに時間をかけたくない人

・普段からナチュラルメイクな人

です(・∀・)

 

自分の好みや生活スタイルに合わせて、「つけま」「まつエク」を使い分けできるといいですね(*^^*)

 

以上、つけまつ毛とまつエクの違いについてお伝えしました♪