2月3日節分の献立は「恵方巻き」というのがすっかり定番化しましたが、恵方巻きの他にはどんなおかずを用意しますか?

 

今回は恵方巻きに合う副菜を、赤ちゃんからお年寄りまで食べられるようなサイドメニューという観点で選んでみました!

 

 

節分のサイドメニュー!恵方巻に合う副菜の献立

2月3日の節分には恵方巻(巻き寿司)を用意するご家庭は多いと思います(*^^*)

 

恵方巻だけだと少し食卓が寂しいですし、ご飯がみっちり詰まった巻きずしには何か暖かい汁物などを添えたいですよね。

 

そこで今回は、恵方巻に合いそうな副菜の献立をご紹介します 😉 

 

赤ちゃんからお年寄りまで、家族みんなで食べられるという観点でサイドメニューを選んでみました♪

 

茶碗蒸し

茶碗蒸し

茶碗蒸しは口当たりが滑らかなので、赤ちゃんからお年寄りまで食べることができておすすめです!

 

赤ちゃんには卵のアレルギーがなければ離乳食初期からあげられますが、離乳食初期の場合は消化しにくい卵白は使わずに卵黄だけで作るほうがよいでしょう。

 

赤ちゃんに茶碗蒸しを用意するときは、鶏肉やエビなどは入れずに卵液だけ(具なし)の茶碗蒸しを作るようにしましょう 😉 

 

最近では電子レンジで蒸す茶碗蒸しのレシピもたくさんあるので、美味しい出汁を取るのだけ頑張ったら、蒸すのは電子レンジでおまかせでもよいですね♪

 

出汁の取り方の動画を参考に置いておきます(・∀・)

 

出汁を取る手間と時間を省く場合は、手軽な出汁の素(「ほんだし」など)や麺つゆで代用してもOKです!

 

茶碗蒸しは1人1個ずつ作っても良いのですが、

大皿茶碗蒸し

こんな風に、大皿で茶碗蒸しを用意するのも素敵です(*´ェ`*)

みんなでワイワイ取り分けるのも楽しいですよね~♪

 

食べ盛りのお子さんがいるご家庭では、うどんの入った「小田巻き蒸し」にするとボリュームが出て喜ばれると思います( ´∀`)

うなぎ小田巻き蒸し

小田巻き蒸しにする場合は卵液の味を少し濃くするのがポイントですが、もし赤ちゃんに食べさせる場合は薄味にしておいてくださいね。

 

けんちん汁

けんちん汁

けんちん汁は節分料理として、主に関東地方で昔から食されてきました。

根菜がたくさん入っていて、恵方巻と合わせれば栄養バランスもバッチリです 😉 

 

けんちん汁は具を炒めてから煮ることでコクが出るのですが、赤ちゃんに食べさせる場合は油を使わず(炒めず)煮るか、あるいはサラダ油を少量使う程度にとどめておきましょう。

 

季節の果物

節分いちご

みかんや苺など、季節の果物をデザートに用意すると喜ばれます(*^^*)

 

特に1歳前後の乳幼児の場合、「年の数だけ豆を食べる」のはまだ早いですよね^^;)

なので、みかんや苺が食べられるお子さんであれば、年の数だけみかんや苺を食べるというように代用してもいいと思います♪

 

写真のように苺を鬼に見立てて「鬼いちご」にすると可愛いですが、チョコレートは赤ちゃんには食べさせないようにしてくださいね。

 

 

以上、節分にピッタリなサイドメニュー(赤ちゃんからお年寄りまでOK!)のご紹介でした(^^)/