2018年3月2日(金)~4日(日)の3日間に渡って横浜赤レンガで開催される「パンのフェス2018春」は、全国各地から美味しいパンが集結する人気のイベントです!

 

そこで今回は「パンのフェス2018春」に出店するパン屋の中からオススメのパン屋&パンと、効率よく回ってお目当てのパンをGETするための攻略法をご紹介します!

 

 

パンのフェス2018春オススメのパン屋5選

2016年に初開催し、今年で3年目を迎える「パンのフェス」には全国各地からパン屋が大集結します!

パンのフェス

普段はなかなか足を運ぶことができないような遠方の名店が一同に集結するのですが、出店するパン屋が多すぎてどこのパンを狙えばいいか迷ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね 😉 

 

そこで今回は「パンのフェス2018春」に出店するパン屋の中から特にオススメしたいパン屋と、その店イチオシのパンをご紹介します☆彡

 

CHIPPRUSON(3月3日出店)

CHIPPURUSONは自家製天然酵母と厳選材料で作られたパンが大人気のお店です。

 

元々は店舗を持たずに活動されていたそうですが、パンやお菓子を通じて“おいしい”をとことん追求しようと、地元の京都でお店をオープンされました。

 

CHIPPRUSONのレシピ本は、アマゾンのパンレシピ部門で1位になるほどの人気!

CHIPPRUSON

地元京都でも購入できる日が限られているCHIPPRUSONのパンが、横浜で買うことができるのは超~貴重な機会です!!

 

どのパンもとても美味しそうですが、オススメは(あれば)バゲットカンパーニュです 🙂 

 

Spice Mayonnaise and ウチキパン(3月2・3・4日出店)

横浜元町にある老舗のベーカリー「ウチキパン」は、日本の食パンの元祖となる「イングランド」を生み出した店として有名です 🙂 

ウチキパン

 

そして「Spice and Peace Mayonnaise」のクラフトマヨネーズは、旅行作家・山下マヌーさんが旅の途中で出会ったスパイスと厳選された世界の香辛料で作られたオリジナルのマヨネーズです。

スパイスマヨ

 

今回のパンフェスでは「ウチキパン」と「クラフトマヨネーズ」のコラボショップが登場します!!

 

オススメはもちろん、コラボパンのスパイスマヨロールです☆彡

スパイスマヨロール

 

ベーカリー ペニーレイン(3月2・3・4日出店)

ベーカリー ペニーレインはビートルズの曲名が店名の由来(*^^*)

那須やつくばなどに店舗を構えていて、平日でも行列必至の人気店です♪

ペニーレイン

テレビ東京系の人気番組「TVチャンピョン」で優勝したことを機に、一気に有名になったペニーレイン。

 

「リンゴスター」や「HELP!!」などビートルズの曲名にちなんだパンもあります 🙂 

リンゴスター

 

オススメはペニーレイン人気No.1のブルーベリーブレッドです(*´ェ`*)

ブルーベリーブレッド

 

おへそカフェ&ベーカリー(3月3・4日出店)

おへそカフェ&ベーカリーは広島にある人気のショップです( ´∀`)

無農薬小麦で育った元気な酵母と小麦・塩・湧き水だけで仕込んだパン生地は、通常の20~30倍もの時間をかけてじっくりと発酵させます。

 

こうして焼きあがったパンはアミノ酸や酵素などの天然の旨味成分がギュッと詰まっていて美味しいと評判で、そのうえお腹にもやさしいパンなのです(*^^*)

 

冷凍で1ヶ月くらいの保存が可能なので、是非とも購入しておきたいですね♪

 

オススメはモナ デ パスクワという、スペインでイースターに食されるお祝いのパンです(*^^*)

モナデパスクワ

 

ドミニクドゥーセの店(3月2・3・4日出店)

ドミニクドゥーセの店は三重県鈴鹿市にあるパンショップです。

ドミニクドゥーセの店

オーナーのドゥーセ・ドミニク・ジョン・モリス氏はフランス出身で、パリでパン修行を積んできました。

 

HONDAのオファーにより来日したドミニク氏は「本物のフランスの味」にこだわっており、「TVチャンピョン」で優勝したこともあります。

 

本場フランスの味が日本・横浜で買えるのは貴重なチャンスです!

 

オススメはサブレ ナンテ。是非とも買って帰ってお土産にしたい一品です(*^^*)

サブレナンテ

 

 

パンのフェス2018春の攻略法!

「パンのフェス」は毎年人気のイベントなので、今回の「パンのフェス2018春」もかなりの混雑が予想されます!

 

そこで、パンのフェス2018春お目当てのパンをGETするための攻略法をまとめてみました!

 

「会場パンフレット」で事前に店の場所をチェック

お目当てのお店には素早く並びたいですよね!

 

どの店がどの場所に配置されるか「会場パンフレット」で事前にチェックしておきましょう 😉 

 

また、お目当てのお店の出店日もチェックしておくようにしましょう

 

ちなみに今回の「パンのフェス2018春」の会場パンフレットは、現時点ではまだ公開されていません。

 

イベント間近になると公式サイトの「ニュース」に「会場パンフレット」が掲載されますよ☆彡

 

公式サイト→パンのフェス

 

開場11時より前には到着し、入場料を払って入場を

パン屋さんエリアは

11時~14時半が先行入場(入場料400円)

15時~17時が一般入場(入場無料)

となっています。

 

しかし人気のパンは先行入場の間に売り切れ、在庫がなくなり次第閉店となります。

 

欲しいパンがある場合には、先行入場の時間帯に入場することは必至です!

 

11時の開場より前に、既に大勢の人が詰めかけていることが予想されます。

もしどうしてもGETしたいパンがあるようでしたら、11時前には到着した方が確実です☆彡

 

入場料の支払いには、例年suicaやpasmoなどの交通系ICカードが使えたので、今回もおそらく使えるのではないかと思います。交通系ICカードをお持ちの方は事前にチャージしておいて、カードで入場することをオススメします。

 

トイレは事前に済ませ、飲み物&エコバッグ持参で

パンのフェス開場にはトイレや自販機がありません

 

なのでトイレは事前に済ませ、飲み物を持参することをオススメします!

(会場への再入場ができないので)

 

買ったパンを入れるエコバッグや、その場でパンを食べたときに手を拭くことができるようなウェットティッシュなどもあると便利ですね( ´∀`)

 

ベビーカーはオススメしません

小さいお子さんを連れて参加される場合、会場は相当混雑しますので、できればベビーカーではなく抱っこの方がいいと思います。

 

パンのフェスの運営側はベビーカーを禁止してはいないのですが、移動が大変です。

 

パンのフェス2018春 開催期間と会場

パンのフェス2018春の概要は以下の通りです 🙂 

開催日

3月2日(金) 11:00~19:00

3月3日(土) 11:00~19:00

3月4日(日) 11:00~17:00

※パン屋さんエリアは各日17:00まで

※雨天決行

 

会場

横浜赤レンガ倉庫イベント広場

最寄り駅は

・JR「桜木町」もしくは「関内」(駅から徒歩15分)

・みなとみらい線「馬車道」もしくは「日本大通り」(駅から6分)

となります。

 

まとめ

パンのフェス2018春はかなりの混雑が予想されます!

しかし全国各地からこれだけのパン屋さんが集まる機会はそうそうありませんので、是非こちらで挙げた情報を参考にして頂き、お目当てのパンをGETしてください☆彡