お正月を迎える準備の一つに「鏡餅を飾る」というものがあります。

 

最近では真空パックの鏡餅がスーパーで売られているので、鏡餅を用意するのは簡単になりましたが、そもそも鏡餅はいつになったら飾ればよいのでしょうか?

 

鏡餅を飾る時期や意味、「大掃除」と「鏡餅を飾る」のはどちらを先にしたらよいか?まとめてみました。

 

 

鏡餅を飾るのはいつからいつまで?

お正月を迎える前に、家庭や職場に鏡餅を飾るという人は多いと思います。

鏡餅

 

鏡餅はいつからいつまで飾ればよいのでしょうか?

 

鏡餅を飾るのはいつから?

実は鏡餅を飾る日は特に決まりはなく、早く飾る分には問題ないとされています。

 

現実的には12月はクリスマスの飾り付けがされているかと思うので、鏡餅を飾る日クリスマスが終わってからになるかと思います。

 

鏡餅を飾る日には、ふさわしい日ふさわしくない日があります。

 

鏡餅を飾るのにふさわしい日は、12月28日です。

 

これは、28日8(八)末広がりで縁起が良いとされるからです。

 

鏡餅を飾るのにふさわしくない日は、12月29日12月31日です。

 

これは、29日苦餅(苦持ち)に通じ、31日に飾ることは葬儀と同じ一夜飾りに通じて縁起が悪いとされるからです。

 

なので鏡餅を飾る日12月28日にするか、遅くとも30日に飾りましょう。

 

鏡餅を飾るのはいつまで?

鏡餅を下げるのは、1月11日です。

 

地方によっては15日に下げることもあります。

 

鏡餅を下げたら鏡開きを行います。

 

飾っておいた鏡餅は神様の力が宿っているとされるので、お供えしていた鏡餅は食べきることに意義があります。

 

お雑煮やお汁粉に入れるなどして、食べきるようにしましょう。

 

参考記事:

真空パックの鏡餅の食べ方は?鏡開きはどうする?調理方法も紹介!

 

鏡餅を飾る意味は?

鏡餅を飾る風習が一般に浸透したのは室町時代からだと言われています。

 

鏡餅が丸い形をしているのは、三種の神器の一つである鏡に見立てているという見方が一般的です。

 

大小の丸い餅を重ねた鏡餅には年神様が宿るとされ、真ん中を高くして丸く膨らんだ形が心臓のように見えることから、生命力の更新を表しているとされます。

 

また、丸い形が「円満」を意味し、2つ重ねることで「円満に年を重ねる」という願いが込められています。

 

鏡餅を飾るのと大掃除、どちらが先?

お正月は年神様をお迎えする行事です。

 

1年間の汚れを落とし隅々まで綺麗にすることで、年神様がたくさんのご利益を持って降りてくると言われています。

 

そのため、年神様の依代(居場所)となる鏡餅を置く前に大掃除をしましょう。

 

もともと大掃除は正月行事を行う「事始め(ことはじめ)」である12月13日に行うとされていました。

 

昔と生活様式も変わった現在では、12月13日に大掃除を行うのは難しいと思います。

 

なので、鏡餅を飾るのにふさわしい日である12月28日までに大掃除が終わるよう、少しずつ掃除ができるといいですね。

 

まとめ

鏡餅には「鑑みる(かんがみる)」という意味もあるそうです。

 

鏡餅を飾る意味を考え、心を込めて新年を迎える準備をしたいですね(*^^*)