ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群は3大流星群の1つで、毎年夏の風物詩となっています♪

 

観測できる流れ星の数は年間1位か2位を争うほどで、多いときには1分に1個くらいの流星を見られるかも(≧∇≦)

 

そこで今回は

・ペルセウス座流星群が見頃のピークを迎えるのは何日の何時頃?

・見える方角はどちらなのか?

について、ペルセウス座流星群にまつわる雑学とともにお伝えします(・∀・)

 

ペルセウス座流星群が見たい!2018年の見頃のピークは?

ペルセウス座流星群

 

ペルセウス座流星群、見たいですよね 🙂 

 

2018年はペルセウス座流星群が見頃を迎える時期にちょうど新月と重なるため、月明かりがなく絶好の観測条件となります!

 

ペルセウス座流星群を見るのにオススメの日時

2018年のペルセウス座流星群の出現期間は

7月17日(火)~8月24日(金)

となっています。

 

その中でも、見頃のピーク8月13日(月)の明け方です!

 

今年2018年のペルセウス座流星群は活動のピークが8月13日(火)の午前10時頃と予想されています。

 

午前10時ではさすがに流星は見えないので、ペルセウス座流星群を観察するなら12日(日)の21時頃~13日(月)の明け方にかけてがオススメです!

 

ペルセウス座流星群はどちらの方角で見える?

ペルセウス座流星群の方角ですが、結論を言うと

どちらの方角でも見える

ということになります!

 

ペルセウス座は北東の方角に位置する星座ですが。

ペルセウス座

 

ペルセウス座流星群は、ペルセウス座の近くの放射点から流星が四方八方に流れるため、どちらの方角を向いても流れ星が見られるということになります!

 

初めのうちは目が暗闇に慣れないこともあるので、まずはボーッと15分くらい空を眺めていることをオススメします( ´∀`)




 

ペルセウス座流星群について!星座の由来や探し方は?なぜ毎年見ることができるの?

ペルセウス座

 

ペルセウス座流星群は毎年たくさんの流れ星を見ることができる絶好のチャンスで、もはや夏の風物詩といってもいいくらいの天体ショーですよね♪

 

でもペルセウス座流星群って、いったいどんなものなのでしょう?

 

そもそも「ペルセウス」とは?

ペルセウス

 

ペルセウスとはギリシア神話に登場する英雄の名前です。

 

ゼウスを父に持つペルセウスは怪物メドゥーサ(髪の毛が蛇で、その姿を見たものは恐ろしさのあまり石に変わる)の首を取ったことで有名です。

 

そのため、星座のペルセウス座はメドゥーサの首を手にしています。

ペルセウス座

 

ペルセウス座の探し方

ペルセウス座の探し方(見つけ方)ですが、

1)北東のカシオペア座を探す

2)おうし座のプレアデス星団を探す

3)カシオペア座とプレアデス星団の間がペルセウス座

です!!

ペルセウス座

 

カシオペア座は「W」の形をしているので見つけやすいと思いますし、「昴(すばる)」と呼ばれるおうし座のプレアデス星団も小さな星が集まっているのが見えるので、どちらも簡単に見つけることができると思います。

 

カシオペア座とプレアデス星団の間にある「人」の字に似た形をした星座がペルセウス座です。

 

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群とは、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並ぶ「3大流星群」の一つです。

 

発生時期は毎年8月頃で、ペルセウス座近辺の放射点と呼ばれるところから流れ星が放射状に流れていくような現象を見ることができます(´∀`*)

 

ピーク時には1時間あたり40個~50個もの流星を見ることができて、ペルセウス座近くの放射点から遠いほど流星が長いという特徴があります。

 

また、流星の速度が早く、光が途中で強まることが多いのも特徴です。

 

何故毎年見ることができるの?

ペルセウス座流星群などの「3大流星群」は、毎年いつも決まった時期に見ることができます。

 

ペルセウス座流星群を毎年同じ時期に見ることができるのは何故でしょうか?

 

流星(流れ星)の正体は、プラズマという気体です。

 

他の天体からこぼれた小さな塵(ちり)や石(大きさ0.1mm以下~数cm)が地球の大気圏とぶつかったときに燃えて、プラズマが発生します。

 

このプラズマが光って見えるため、地表から見たときに流星として見えるのです。

 

地球は太陽の周りを1年間かけて1周しています(公転)。

 

太陽の周りには他にも彗星や小惑星がいくつも公転していて、その軌道上にはたくさんの塵や小石がばらまかれています。

流星群

 

流星群は、地球が軌道上にある塵の中へ突っ込むことで発生します。

 

つまり、流星群を毎年同じ時期に見ることができる理由は、地球が公転するときに彗星の塵がたくさん落ちている場所を通るためだったのです。

 

毎年同じ時期に流星がたくさん見られるのは、地球が太陽の周りを1年間で1周するからなのですね( ´∀`)




 

まとめ

ペルセウス座流星群は「3大流星群」の1つで、毎年8月頃に見ることができます。

 

2018年、ペルセウス座流星群を観測するのにオススメの日時は8月12日(日)の21時頃~13日(月)の明け方にかけてです。

 

ペルセウス座があるのは北東の空ですが、流星は北東以外でも観測することができます。

 

今年2018年はペルセウス座流星群のピークが新月と重なるため、月明かりがなく絶好の観測条件となっています。

 

私も今年はペルセウス座流星群を見たいので、虫よけスプレーでしっかり虫刺され対策をとってから、夜空を眺めたいと思います(´∀`*)