お正月が終わると食べるのが「七草粥(ななくさがゆ)」です。

 

七草粥は年末年始のご馳走続きで弱った胃に優しい、ホッとする味わいですよね。

 

そんな七草粥の由来や、七草粥を食べる日、七草の種類とは?まとめてみました。

 

 

七草粥とは?

七草粥(ななくさがゆ)は日本の行事食の一つです。

七草粥

 

「七草」と言われる、7種類の野菜を加えて作ります。

 

七草粥の風習が広まったのは平安時代とも江戸時代とも言われています。

 

早春にいち早く芽吹く七草は邪気を払うと言われ、無病息災を願って七草粥を食べる風習が古くから続いてきました。

 

七草粥は年末年始のご馳走続きで弱った胃腸を休めるという観点からも、理にかなった食べ物です。

 

七草粥はいつ食べる?

七草粥を食べるのは、1月7日の朝とされています。

 

私はなんとなく「七草だから7日」と思っていました^^;)

 

でも実はそうではなく、七草粥は「人日(じんじつ)の節句」という行事に由来しています。

 

「人日(じんじつ)」とは陰暦の1月7日にあたり、「人の日」を指しています。

 

昔の中国では正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、そして7日を人の日としていました。

 

それぞれの日にはその動物を殺さないようにし、人の日である人日(じんじつ)には犯罪者に対する刑罰を行わないようにしていました。

 

人日の日には7種類の野菜を入れた羹(あつもの/スープ)を食べる風習があり、これが日本に伝わって七草粥となったと言われています。

 

七草の種類とおぼえ方

七草粥に入れる七草は、春の七草とも呼ばれています。

 

春の七草はテスト(入試)に出題されたりするので、覚えておいたほうがいいです!

 

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ、これぞ七草」

 

私はこうやって春の七草を五七五口調で覚えました 🙂 

 

もし五七五での暗記が難しい場合、こんな動画もありますので参考にして下さい。

 

さてこの「春の七草」ですが、薬草(ハーブ)としての効能があるんです!

 

七草の効能や別名は、以下の通りです( ´∀`)

 

セリ:造血作用(赤血球を作るのに必要な鉄分が多く含まれているため)

ナズナ:ペンペン草とも言われる。胃腸を整える

ゴギョウ:ハハコグサとも言われる。去痰、咳を鎮める

ハコベラ:ハコベとも言われる。切り傷や痛み止めに良いとされる

ホトケノザ:タビラコとも言われる。解熱・解毒作用

スズナ:蕪(カブ)の別名。利尿作用、便秘解消

スズシロ:大根の別名。消化促進、風邪の諸症状に良いとされる

 

効能を知って七草粥を食べると、なんだか身体への良さが増進する感じがしますね!

 

以上、七草粥についての話題でした!