卒業式に花束を贈る場合、予算はだいたいどれくらいが相場でしょうか?

 

お世話になった先生や先輩に贈る場合や、部活やクラスの1人1人に贈る場合など、シチュエーション次第で値段も変わってくると思います。

 

そこで今回は卒業式に贈る花束の予算について、誰に渡すかというシチュエーション別の金額と、生花以外のオススメをまとめてみました!

 

 

卒業式の花束、予算はいくら?

卒業式の贈り物として花束は定番中の定番ですよね( ´∀`)

ブーケ

花束を贈ろうと思った場合、予算をどれくらいにしようか迷うこともあると思います。

 

そこで卒業式に贈る花束について、値段や花束の大きさ、生花以外で選ぶ場合のオススメをまとめてみました!

 

クラスの生徒1人1人に花を贈る場合

担任や顧問の先生が教え子1人1人に花を贈る場合、花束は花一輪もしくは花一輪+カスミソウにラッピングをしてもらうのが主流です。

 

予算はラッピング込みで、1つ200~500円くらいでしょう。

 

もし生花以外で贈る場合、こんな商品もあります( ´∀`)

バスフレグランス

バスフレグランス プチバスケット359~363

価格:324円
(2018/2/17 05:22時点)

入浴剤フラワー

部活の後輩が先輩1人1人に花を贈る場合

お世話になった部活の先輩に後輩たちが花束を贈る場合、ミニブーケ(赤ちゃんの頭くらいの大きさ)~こぶりな花束(ミニブーケよりもやや大きく、丈が長い)が良いでしょう。

 

予算はミニブーケで1つ500円~1000円未満、こぶりな花束で1つ1000~1500円くらいです。

 

もし生花以外で贈る場合、こんな商品もあります。

ハンカチブーケ

バスフレグランス ハンカチブーケ 356.357.358

価格:540円
(2018/2/17 05:05時点)

担任の先生にクラスで贈る場合

クラスのみんなで花束を先生に贈る場合、一般的にイメージする“花束”(紙袋に入れるのが難しいくらいの大きさ)の大きさが良いでしょう。

 

予算は3000円前後です。

 

もし生花以外で贈る場合は、こんな商品もあります。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー

贈る相手と予算が決まったら、卒業式に間に合うように早めに手配をしましょう 😉 

特に生花を大量に用意したい場合は、できるだけ早く予約をした方がいいですね♪

素敵な卒業式になりますように(*^^*)

 

よろしければこちらもご覧ください☆彡

卒業式で花束を贈るときにオススメの花は?花言葉で感謝や門出の気持ちを伝えたい!