1月22日は東京に雪の予報が出ていて、2018年最初の雪はどうやら積もることになりそうです。

 

もし雪が降って積もった場合、どのような対策をすればよいでしょうか?

 

1月22日の雪の降り方の予想や影響、対策についてまとめてみました。

 

 

1月22日に東京で雪の予報!

22日(月)は関東地方で雪が降るという予報が出ています。

 

これは前線を伴った低気圧が九州付近から北東へ向けて発達しながら通過することが予想されているためです。

 

このため、普段雪の降りにくい太平洋側でも雪が降り、首都圏では積雪となる見込みです。

 

何時頃から雪が降り始める?積もる?

積雪予想

 

都心の雪は、22日(月)の昼頃から降り始める予報です。

 

初めは雨であっても、午後になって次第に雪に変わるでしょう。

 

帰宅時には雪が積もっている可能性があります。

 

帰宅ラッシュ時から夜遅くにかけて、更に雪が降り積もるようです。

 

 

帰宅時と通勤時に影響する?

22日(月)と23日(火)の通勤時・帰宅時についてそれぞれ予報を見ていきましょう。

22日(月)の通勤・通学時

まだ雪は降っていないか、降っていてもごく少量の雪もしくは雨

 

22日(月)の帰宅時

雪が降り続き、既に積もっている。更に夜遅くにかけて雪が降り積もる

交通機関が乱れる恐れもある

 

23日(火)の通勤・通学時

天気は回復し雪は止んでいるが、冷え込みにより路面や積雪が凍結している恐れがある

 

23日(火)の帰宅時

日陰などの雪が溶けずに残っていて、凍っているところもある

 

積雪に対する注意点や対策は?

2018年最初の雪は東京近郊でも積もることが予想されます。

 

1月22日の帰宅時と、23日の通勤・通学時に影響が出そうです。

 

積雪対策としては

・滑りにくい靴を履く(靴底に溝があるタイプの方が比較的滑りにくい)

・車のタイヤ交換をしておく(できれば公共交通機関を利用する)

・転倒してケガをすることのないよう、荷物はリュックに入れて背負い、両手を空けておく

・手袋や帽子をする(寒さ対策とケガ防止を兼ねて)

・電車やバスなどの遅延情報がないかどうかこまめにチェックする

・路面の凍結に備え、時間に余裕を持って早めに家を出る

ということを挙げておきます☆彡

 

雪の降り方や降る時間については、上に挙げた内容から変わる可能性もあります。

 

天気予報については常に最新の情報を確認していただければ、と思います。