夏のボーナス、2018年の支給日はいつになるのか待ち遠しいですよね!!

 

新年度の入学や進級で子供にお金がかかったり、GWのレジャーを楽しんだりした後はどうしても懐具合が気になってしまうもの(´・ω・`)

 

でも夏のボーナスの支給日が前もって分かっていれば、出費や貯蓄の計画も立てやすいから安心です♪

 

他の企業がどのくらいボーナスをもらっているか、平均支給額も気になっちゃう!

 

ということで、夏のボーナス2018支給日や平均支給額を民間企業・公務員それぞれでチェックしてみました!

 

合わせて、夏のボーナスの査定時期についてもお伝えいたします☆彡




 

夏のボーナス2018支給日はいつ?

2018年の夏季賞与(夏のボーナス)について、支給される時期は以下の通りです 🙂 

夏のボーナス2018支給日 公務員の場合

公務員の夏のボーナス支給日はズバリ

2018年6月29日(金)

です!

 

公務員の場合、夏のボーナスの支給日は毎年6月30日と定められています。

 

今年2018年は6月30日が土曜日なので、前日である29日に支給されることになります。

 

プレミアムフライデーにボーナスが支給されるのはいいですね!

自分だったら嬉しくて、つい飲みに行ったりしちゃいそうです( ´∀`)

 

夏のボーナス2018支給日 民間企業の場合

民間企業の夏のボーナス、支給日は7月上旬というところが多いです。

 

今年は7月1日が日曜日なので、夏のボーナス支給日は

7月2日(月)~7月6日(金)

という企業が多いと思われます。

 

ちなみに、本田技研や三菱電機のように、6月中にボーナスを支給する会社もあります。

 

夏のボーナス2018平均支給額はいくら?

夏のボーナス2018平均支給額 公務員の場合

昨年2017年、公務員の夏のボーナス平均支給額は約64万円でした。

 

今年2018年の夏のボーナスは、昨年並の約64万円、もしく、昨年よりもやや値上がりするかもしれません。

 

というのも、公務員のボーナスは人事院という第三者機関の勧告を受けて(これを「人事院勧告」といいます)、民間企業のデータに準拠するように決められるからです。

 

2018年1月、安倍総理が「3%賃上げ」と具体的な数字を挙げ、企業に賃上げを促しました。

 

これにより民間企業の賃上げが期待されるので、公務員のボーナスも上がるかもしれません。

 

夏のボーナス2018平均支給額 民間企業の場合

昨年2017年、事業所規模5人以上の民間企業での平均支給額は約36万8千円でした。

 

上で述べたとおり、今年は安倍総理の「3%の賃上げ」要請があったため、2018年は民間企業のボーナスも上がることが期待されます☆彡

 

仮に今年のボーナスが昨年よりも3%アップするとしたら、

36万8千円×1.03= 約37万9千円

ということになります!!!

 

夏のボーナス、増えてほしいですね!!!




 

夏のボーナス、査定時期はいつ?

ボーナスの支給額を決める要因の一つである「査定」ですが、夏のボーナスはいつの時期の査定が反映されているのでしょうか?

 

年に2回、夏のボーナスと冬のボーナスが支給される場合、査定時期は

夏:前年10月~3月まで

冬:4月~9月まで

というのが一般的です。

 

査定で見られるポイントは業績・能力・行動です。

 

もし前年10月から3月までの間に評価が上がるような実績を出していれば、夏のボーナスがアップすることが期待できますね( ´∀`)♪

 

以上、2018年夏のボーナスについての話題でした(^^)/

よろしければこちらもご覧ください☆彡

新入社員の夏ボーナス手取りいくらもらえる?なしor寸志?満額支給はいつから?