5月12日に放送されるドラマ「世にも奇妙な物語’18 春の特別編」で、三浦春馬さんが主演する「明日へのワープ」について

・キャスト

・あらすじ

・結末ネタバレ

をまとめてみました!

 

「明日へのワープ」はハッピーエンドと言えるかどうか微妙な、ある意味「世にも奇妙な物語」らしい結末となっています。

 

この記事では「明日へのワープ」の結末が分かるネタバレが含まれていますので、ドラマ「明日へのワープ」の結末を楽しみにされている方はご注意ください。




 

世にも奇妙な物語’18「明日へのワープ」キャスト

小林峰雄役:三浦春馬

小林峰雄役の三浦春馬

映画監督を夢見ているが、10年以上目が出ない青年。

 

須藤由紀役:佐久間由衣

須藤由紀役:佐久間由衣

峰雄の恋人。女優志望だが峰雄に愛想を尽かす寸前。

 

宇堂公康役:相馬一之

宇堂公康役の相馬一之

心療内科の精神科医。峰雄に謎の薬「アイリウム」を処方する。

 

世にも奇妙な物語’18「明日へのワープ」あらすじ

映画監督を夢見る青年・小林峰雄はアルバイトをしながら自主制作映画を作り続けて10年が立ちましたが、全く芽が出ませんでした。

 

同級生たちが皆まっとうな職に就き、家族を作り、大人になっていく中で焦燥を募らせる峰雄。

 

恋人で女優志望の由紀からも愛想を尽かされそうな状況です。

 

友人の結婚式に招待されてしまい、惨めな気持ちを味わうこと必至の状況で、峰雄の焦燥は憔悴へと変わり、追い込まれていきます。

 

眠れぬ日々を送るある日、峰雄は心療内科で精神科医の宇堂から謎の薬「アイリウム」を処方されます。

 

「アイリウム」とは、1錠服用すると24時間分の記憶が完全になくなり、まるで24時間後の未来にワープしたような感覚になれる薬です。

 

つまり、嫌な思いをする出来事の前に「アイリウム」を飲むことで、24時間の記憶を体験しなかったかのように消し去ることができるのです。

 

峰雄は友人の結婚式に出席する前、半信半疑で「アイリウム」を1錠服用しました。

 

ふと気がついて峰雄がスマホを確認した時、24時間が経過していることに気が付きました。

 

しかし峰雄には24時間分の記憶がありませんでした。

 

世にも奇妙な物語’18「明日へのワープ」結末ネタバレ

「明日へのワープ」は小出もと貴さんの漫画「アイリウム」が原作となっています。

アイリウム1巻【電子書籍】[ 小出もと貴 ]

 

漫画「アイリウム」は7つの短編からなり、そのうちの1つ「映画監督志望」が今回の「明日へのワープ」の原作となっています。

 

以下、漫画「アイリウム」の「映画監督志望」の結末ネタバレです。

 

ドラマ「明日へのワープ」とは異なる描写が出てくるかもしれませんが、ご容赦ください。

 

「アイリウム」の結末ネタバレ

峰雄は宇堂の元を訪れ、薬の効果が凄かったと報告します。

 

それを聞いた宇堂は、

「2錠で3日、3錠で1週間。

服用を重ねるとオーバードーズするから気をつけてね」

と行って、アイリウムを峰雄に1瓶譲ります。

 

 

峰雄は自作映画を応募した映画祭の結果を待っています。

 

結果が出るまでの1週間が苦痛だったので、アイリウムを3錠飲みました。

 

次の瞬間、峰雄は1週間後に飛んでいました。

 

どうやらコンビニからの帰り道のようです。

 

部屋に戻ると、置いてあったはずの由紀の私物がありません。

 

ゴミ箱には落選を知らせる映画祭の結果の神が捨てられていました。

 

 

「全ての答えが一瞬で分かり、同時に全てを失った」

 

呆然とした峰雄は、それ以来

「一週間後には立ち直っているだろう」

と思い、アイリウムを一気に3錠飲むことを繰り返します。

 

「何故自分だけこんなに卑屈になってしまったんだろう?」

由紀や周りにいた人たちが善人ばかりだったのに対し、自分は・・・とますます卑屈になる峰雄。

 

アイリウムの服用が増えていきます。

 

 

気がつくと、峰雄は見慣れない部屋でパソコンの前にいました。

 

視界に入った鏡に映った自分の顔は、以前よりもかなり老けています。

 

「いったい何年飛んだんだ!?」

 

うろたえる峰雄の前に、小学生の女の子が現れて

「どうしたの?パパ」

と声をかけます。

 

スマホで日時を確認した峰雄は、15年の月日が経過していたことに気が付きます。

 

「俺は結婚したのか?誰と?どうやって?」

 

同時に宇堂の

「服用を重ねるとオーバードーズするから気をつけてね」

という言葉を思い出します。

 

自分の居場所を外に出て確認すると、電柱の住所で実家の名古屋にいることが分かります。

 

どこからか現れた女性が親しげに話しかけてくるので、峰雄はこの女性が妻だと察します。

 

しかし峰雄はこの女性に見覚えがありません。

 

 

どうやら峰雄は現在、ライターの仕事をしているらしいことが分かりました。

 

映画関係のコネを用い、新旧の映画の記事を書いています。

 

あんなに欲しかった映画祭の賞を受賞していたにも関わらず、トロフィーが粗雑に扱われていたことに峰雄は驚きます。

 

峰雄はアイリウムで記憶を無くしていることを妻や娘に悟られないように注意しています。

 

そして娘に質問することで、現在の情報を少しずつ手に入れていきます。

 

 

ある日、峰雄は家にある奇妙な部屋について娘に尋ねます。

 

机と椅子しか置かれていない、狭い部屋。

 

娘は「アイリウムの部屋」だと言います。

 

娘の話によると、峰雄は毎晩「アイリウムの部屋」で酒を飲んでいたそうです。

 

アイリウムはスマホアプリの名前で、写真を3Dプラネタリウムにできるのだと言って、娘はアプリを起動させます。

 

峰雄はアプリが映し出した地球を眺めながら、

「本当にこれで良かったのか?

俺は戦っていたんだ…苦しかった日々も。

どうせなら全てこの身に刻めばよかった」

と思い、涙を流します。

 

 

気がつくと、峰雄は宇堂の部屋にいました。

「どうだい?アイリウムは。感想一言ちょうだいよ」

宇堂の言葉に、峰雄は

「・・・どっちが夢ですか?」

と尋ねます。

 

ネタバレの感想

自分の辛い記憶を「消しゴムで消してしまいたい」「なかったことにしたい」と思ったことは私も何回もあります><

 

けれども本当になかったことにしてしまうのは「哀しいこと」だと、アイリウムの結末ネタバレを読んで思いました。

 

何故自分が今の状況にいるのか、それすらも分からないのは「怖い」ですよね!

 

気がつかないうちに、自分が誰かを傷つけていたりとか、恥ずかしいことをしてしまったとしても、そのことを振り返って反省することすらできないのは残念な人生だと思うのです。

 

なのでもし「アイリウム」が実在したとしても、私は怖くて使う気になれません^^;)

 

 

以上、世にも奇妙な物語’18の「明日へのワープ」キャストあらすじネタバレについてでした(^^)/

よろしければこちらもご覧ください♪

世にも奇妙な物語2018春「フォロワー」あらすじキャスト!原作はある?

世にも奇妙な物語2018春「少年」正体は?あらすじや結末予想も!

世にも奇妙な物語2018春「不倫警察」唐沢寿明キャストあらすじ!結末はどうなる?