さくらももこさん

さくらももこさんが乳がんのため、2018年8月15日に53歳という若さで永眠されました。

 

代表作「ちびまる子ちゃん」は日曜夜の定番アニメでしたが、今後はどうなってしまうのでしょうか?

 

アニメ「ちびまる子ちゃん」の放送が今後どうなるか、まる子の声優TARAKOさんの悲しみのコメントをお伝えし、さらには過去の実写版を誰が演じていたかを振り返ってみたいと思います。

 

ショック!「ちびまる子ちゃん」作者さくらももこさん永眠

さくらももこさん

 

とても悲しく残念なニュースが飛び込んできました。

 

さくらももこさんが乳がんのため、8月15日に天国へ旅立っていたというのです。

 

闘病しているという様子は伏せられていたため、一切伝えられていませんでした。

 

なのでさくらももこさんの訃報を知ったときの驚きと悲しみは大きく、正直今もショックを受けている最中です。

 

さくらももこさん公式ブログからの「お知らせ」

さくらももこさんの公式ブログで、以下のような「お知らせ」が出されました。

さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)

これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。

 

さくらは1984年に漫画家としてデビュー。30周年を迎えた際、次のような言葉があります。

「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)

作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。

これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。

なお、通夜・告別式は、ご遺族の意向により親族・近親者のみにより執り行われました。

 

この「お知らせ」を読んでも、まだ信じられないし信じたくない気持ちが大きいです。

 

TARAKOさん(まる子声優)のコメント

アニメ「ちびまる子ちゃん」で主人公まる子の声を務めるTARAKOさんは、

TARAKO

『ご冥福を』とか言えないです。ただただ、頭の中がぐちゃぐちゃです、はい。

病気だったこととか、本当になにも知らなくてごめんなさいしかないですごめんなさい。

早すぎます。まだまだやりたいこといっぱい、いっぱいあったと思います。

ずっとお会いしてなかったので、私の中のももこ先生は、ずっと小さくて可愛くてまあるい笑顔のままです。

今はただ先生の分身でもある小学三年生の子に、嘘のない命を吹き込み続けることしかできないです。

ももこ先生へ

私がそっちにいったら似たような声でいっぱいいっぱいお喋りしてくださいね。

そちらで楽しいこといっぱいいっぱいして下さいね。

優子ちゃんに会ったらよろしくです。

ももこ先生は「ありがとう」しかない恩人です。

と、悲しみのコメントを寄せています。

 




アニメ「ちびまる子ちゃん」の放送はどうなる?

ちびまる子ちゃん

 

アニメ「ちびまる子ちゃん」といえば、日曜夜のお茶の間の定番ですよね。

 

さくらももこさん永眠とのことで「ちびまる子ちゃんのアニメはどうなるの?」と思いましたが。

 

アニメ「ちびまる子ちゃん」は今後も放送されるそうです。

 

ちびまる子ちゃんのアニメが始まったのは、1990年。

 

アニメ「ちびまる子ちゃん」は1992年でいったん終了したものの、1995年から第2期の放送がスタートし、以来ずっと放送され続けています。

 

長い間ずっとお茶の間で愛され続けている、アニメ「ちびまる子ちゃん」。

 

親子2代でファンという人も少なくないのではないでしょうか。

 

我が家も親子2代で「ちびまる子ちゃん」を見ていまして。

 

特にエンディングテーマ「アララの呪文」は息子が保育園で踊ったということもあり、個人的にとても思い入れのある曲です。

 

 

アニメ「ちびまる子ちゃん」には西城秀樹さんが登場したり、

 

ゴールデンボンバーが登場したりしたのも好きでした。

 

さくらももこさんが天国へ旅立たれたのは寂しいですが、これからもアニメは日曜夜の定番として、見ていきたいと思います。




 

ちびまる子ちゃん実写版!演じたのは誰?

ちびまる子ちゃん

 

ちびまる子ちゃんは実写化されたこともありました!

 

初めて「ちびまる子ちゃん」が実写化されたのは、2006年。

 

まる子を演じたのは森迫永依(もりさこ・えい)ちゃんです。

 

森迫永依

 

森迫永依ちゃんは1997年生まれで、ちびまる子ちゃんで「まる子」を演じたときは9歳でした。

 

森迫永依ちゃん、まる子そっくりですよね!

森迫永依

 

オーディションでも原作者のさくらももこさんが森迫永依ちゃんを大絶賛したこともあって、「まる子」役は即決だったそうです。

 

実写版ちびまる子ちゃんは森迫永依ちゃんの見た目と的確な演技力でとても好評でした。

 

2代目「まる子」は伊藤綺夏(いとう・あやか)ちゃん。

ちびまる子ちゃん

 

2007年4月から2008年2月にかけて「まる子」役を務めました。

 

3代目「まる子」は信太真妃(しんた・まき)ちゃん。

信太真妃

 

2013年に放送されたスペシャルドラマで実写版「まる子」を演じました。

 

ヒロシ(まる子の父)やお母さんの配役も毎回違う役者さんが演じていましたが、友蔵(まる子の祖父)だけはずっとモト冬樹さんが演じていました。

 

初代・実写版ちびまる子ちゃん一家

ちびまる子ちゃん

 

2代目・実写版ちびまる子ちゃん一家

ちびまる子ちゃん

 

3代目・ちびまる子ちゃん一家

ちびまる子ちゃん

 

実写版ちびまる子ちゃんも、味わいがありますよね!

 

よく知ってるキャラクターが実写化されたということで、イメージを崩していないか気になるところですが、初代から3代目までそれぞれ似ていると思います!

 

まとめ

さくらももこさんが乳がんのため、53歳という若さで天国へと旅立ってしまいました。

 

代表作の「ちびまる子ちゃん」は国民的人気漫画で、アニメは日曜夜のお茶の間には欠かせないアニメとなっています。

 

さくらももこさんの漫画やエッセイはまだまだ新作が出るだろうと思っていたので、早すぎる旅立ちにショックでいっぱいです。

 

でもアニメは続行するとのことで、これからはアニメの中にさくらももこさんの魂を感じたいと思います。