俳優の坂口憲二さんが難病特発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこっとうえししょう)」の治療に専念するため無期限休業することを発表しました。

 

坂口憲二さんは2014年に一般女性と結婚されていて、お子さんもいらっしゃるのですが、無期限活動停止となるとご家族もさぞかし心配や不安が大きいと思います。

 

坂口憲二さんと嫁の馴れ初めや仕事の状況、難病「特発性大腿骨頭壊死症」がどんな病気か、俳優業復帰の可能性(引退はあるか)について、まとめてみました。

 

坂口憲二と嫁との馴れ初めは?画像もチェック

坂口憲二(さかぐち・けんじ)さんは1975年生まれの俳優で現在42歳です。

坂口憲二

 

185cmの身長と甘いマスクが魅力の坂口憲二さんは、1999年にファッション雑誌「MEN’S CLUB」でモデルデビューし、ドラマ「ベストフレンド」で俳優デビューを果たしました。

 

父は元プロレスラーで「世界の荒鷲」と呼ばれた坂口征二(さかぐち・せいじ)さん、母は元東宝女優の木村利子さん、兄は格闘家の坂口征夫(さかぐち・ゆきお)さんです。

坂口憲二の家族

 

坂口憲二さんは2002年にドラマ「天体観測」で共演した女優の小雪さんと交際が報じられ、その後2009年にはモデルの桜井裕美さんとの交際が報じられましたが、いずれも3~4年で破局しています。

 

その後、2014年に現在の奥さんである一般女性とのできちゃった結婚(デキ婚)を発表します。

 

坂口憲二さんが嫁である女性と出会ったきっかけは、俳優仲間の伊藤英明さんと一緒に訪れた飲食店です。

 

そのお店を経営していたのが現在の奥さんで、坂口憲二さんは奥様に一目惚れ(*^^*)

 

仕事柄、綺麗な女優さんたちと共演してきた坂口憲二さんが一目惚れするなんて、さぞかし綺麗な方なのではないかと想像するのですが・・・

坂口憲二の嫁

 

坂口憲二さんとお嫁さんのツーショット画像がありました!

 

奥様、色が白くて、美人そうな雰囲気が伝わってきます( ´∀`)

 

坂口憲二さんと奥様との間には2014年9月と2016年6月にお子さんが誕生していて、現在坂口憲二さんは二児のパパでもあります 🙂 

 

坂口憲二を襲った難病「特発性大腿骨頭壊死症」とは?

坂口憲二さんが俳優業を無期限休業することになったのは、難病「特発性大腿骨頭壊死症」の治療に専念するためです。

 

いったいこの「特発性大腿骨頭壊死症」とはどんな病気なのでしょう?

 

太ももの付け根の骨(骨頭)が潰れて痛む

特発性大腿骨頭壊死症とは、太もものの付け根の骨(骨頭)が何らかの原因で壊死してしまいう疾患です。

 

骨が壊死しただけなら痛みはないのですが、壊死した骨が潰れることによって痛みが出てきてしまい、痛みがひどい場合ですと日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。

 

日本では毎年2000人~3000人が新規に特発性大腿骨頭壊死症を発症していて、厚生労働省の特定疾患に指定されているため、発症した場合は医療費の補助を受けることができます。

 

原因としてアルコールやステロイドが挙げられている

特発性大腿骨頭壊死症で骨が壊死してしまうのは、骨頭の一部に血が通わなくなってしまうからです。

 

大腿骨頭壊死症を引き起こす原因としては

・アルコール(日本酒で2合以上、毎日飲んでいる)

・ステロイド薬の服用

が挙げられていますが、まだ十分にはわかっていません。

 

坂口憲二は毎日飲酒していた

坂口憲二さんはお酒が好きで、発泡酒のCM出演が決まったときには「お酒は大好きで、毎日のようにたくさん飲みます」と語っていました。

 

坂口憲二さんの飲酒が難病「特発性大腿骨頭壊死症」の発症に結びついた可能性について、私は医師ではないので「飲酒が原因です」と断定することはできませんが、可能性としてはあるのかな~と個人的には感じています。

 

しかも坂口憲二さんは2014年に一度「ドラマ撮影中に右股関節をひねった」ことが原因で「右股関節に水がたまり、軟骨損傷や関節唇損傷の疑いがある」という理由で休養しているのです。

 

2014年に休業したときは1ヶ月程度で仕事復帰できた坂口憲二さんでしたが、その後はあまり俳優業をされていないようだったので、もしかしたらこの頃から大腿骨頭壊死症を発症していたのかも?という気がしました(公式発表はされていないので、あくまでも私の推測です)。

 

ケツメイシRYOJIも「特発性大腿骨頭壊死症」を発症していた

男性4人組ヒップホップグループの「ケツメイシ」のメンバーであるRYOJIさんも、坂口憲二さんと同じ「特発性大腿骨頭壊死症」を患っています。

 

RYOJIさんは「ただ立ってるとか、普通に歩くということが辛い」と話す一方で、「(ステージなどで)気分が乗ってくると、痛みがなくなってしまうこともある」とも明かしています。

 

RYOJIさんの場合は、痛み止め処置を施しながらステージに立ったりしています。

 

坂口憲二の仕事復帰はある?このまま引退?

坂口憲二さんは1999年に俳優デビューし、ドラマ「医龍」に出演するなどテレビやCMにたくさん出演していました。

 

しかし連続ドラマは2013年の「ダブルス~二人の刑事」を最後に出演しておらず、他の仕事も2017年1月のナレーション業を最後に、あまり表舞台に出てきていませんでした。

 

2018年4月から無期限休業に入ることを発表しましたが、ここ最近は目立った活躍もなかったため、このままいくと俳優業は引退という可能性も出てきちゃうかな~・・・という気もします。

 

壊死した大腿骨を人工骨頭に置き換える手術を受ける、という治療法もありますが、ここ数年の坂口憲二さんの仕事ぶりを拝見すると、仮に手術を受けたとしても俳優業での復帰があるかどうかは正直なところ疑問視してしまいます。

 

でも、お兄さんの坂口征夫さんがプロレス業の傍ら水道管工事会社の代表を務めているように、坂口憲二さんもご自身の知名度を活かして別の仕事に就くという手もあるんじゃないかなーと思いました。

 

まとめ

坂口憲二さんは2014年に結婚され、2人のお子さんがいらっしゃいます。

 

難病「特発性大腿骨頭壊死症」を発症し、2018年4月から無期限活動停止に入ることを発表しました。

 

俳優業での復帰はもしかすると難しいかもしれませんが、坂口憲二さんの知名度があれば、他の業種で仕事復帰するのもありなのではないかと思われます。

 

坂口憲二さんが何らかの形で仕事復帰されたら、そのときは応援したいと思います!