2017年大晦日のガキ使「笑ってはいけない」では、これまで「ガースー」の愛称で親しまれてきた菅賢治さんに変わり「ヘイポー」の愛称で親しまれる斉藤敏豪さんが登場しています!

 

「ヘイポー」こと斉藤敏豪さんの年収や激ヤセの真相、ガキ使リストラ騒動や西川史子先生らに対するセクハラ騒動(謝罪文シリーズ)について紹介します!

 

 

ヘイポーとは?

ヘイポーとは、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」にたびたび出演しているテレビ演出家の斉藤敏豪(さいとう・としひで)さんのことです。

ヘイポー

 

ヘイポーこと斉藤さんは、ガキ使のスタッフとして初回から参加しています。

 

何故斉藤さんが「ヘイポー」と呼ばれるようになったかというと、斉藤さんの声がこもっているために「斉藤です」が「ヘイポーです」に聞こえるというのが由来です。

 

斉藤さんが「ヘイポー」と呼ばれるのはガキ使の企画の中だけであり、それ以外では「斉藤さん」と使い分けがされています。

 

ヘイポーといえば「ビビリ」「ヘタレ」キャラがウリwww

 

この動画のように、少しのことでもビクビクしてしまう様子が面白いんですよねw

 

鬼ごっこの鬼として出てくれば、逆にメンバーから追われる始末w

 

そんな斉藤さんの言動が面白く、スタッフでありながらこれまでに何度もガキ使で特集が組まれるほど「ヘイポー」こと斉藤さんは視聴者にお馴染みとなっています。

 

ヘイポーの年収が凄い!

ヘイポーこと斉藤さんは独身で、これまでにガキ使の企画で何度もお見合いがセッティングされたことがあります。

 

そして、斉藤さんは高収入なんだとか!

 

ダウンタウンの松本人志さんによると、

ヘイポーは「超」がつく大金持ちであり、収入は『ガキの使い』元チーフプロデューサーの菅賢治よりも上である

そうなんです 😯 

 

ガースーこと菅賢治さんの年収は3000万円前後という話なので、ヘイポーこと斉藤さんの年収は3000万円を超えるということなんですね!

 

独身で高収入という斉藤さん、かなりの資産をお持ちなのではないかと推測します。

 

そんな斉藤さんは住まいも高級マンションだそうで、松本人志さんがラジオ番組で斉藤さんの住まいを

六本木アークヒルズ内の高級マンション

だと語っていたそうです。

 

六本木アークヒルズ内の高級マンションとは、アークタワーズという高級マンションで、家賃はワンルームでも43万円~となっています 😯 

 

 

ヘイポーが激ヤセ?真相は?

ヘイポーこと斉藤さんが激ヤセしたと話題になりました。

 

確かに、以前はどちらかというとふっくらしていましたが、

ヘイポー

 

近年ではホッソリとしています。

ヘイポー

 

その真相を、斉藤さん自ら

お医者さんに痩せた方がいいと言われて意図的に痩せたんですよ。見てもらえばわかると思うけど元気でしょ

と語っています。

 

実は斉藤さん、心臓の血液が逆流してしまう「心臓弁膜症」という病気を患い、心臓の手術を受けたのだとか。

 

そのため15キロほどダイエットしたそうです。

 

ヘイポーこと斉藤さんが心臓を患ったということで、今後はヘイポーを驚かせるような企画がなくなるのかと思いきや、

そんなことないですよ、この前も暗いところに連れて行かれて驚かされたし

とのこと(斉藤さん談)( ̄ー ̄)

 

斉藤さんの心臓にショックを与えてはいけない=もうヘイポーのビビる姿が見られない、となったら残念ですが、そうではないのなら安心♪

 

やっぱりガキ使にはヘイポーのビビリ姿はお馴染みですからね~。

健康に支障がないのなら、ガンガン見たいです!

 

ヘイポーの騒動とは?

ヘイポーこと斉藤さんには、「日刊大衆」による「ガキ使リストラ」報道や、医師でタレントの西川史子先生らに対する「謝罪文シリーズ」というものがありましたので紹介したいと思います。

 

日刊大衆のガキ使リストラ報道

2017年の2月、週刊大衆のオフィシャルサイト「日刊大衆」がヘイポー(斉藤さん)とガースー(菅賢治さん)のガキ使電撃リストラを報じました。

ダウンタウンが1989年から28年間続けるレギュラー番組『ガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の元チーフプロデューサーで現在、“総監督”の菅賢治さんと“世界のヘイポー”としておなじみで番組の総合演出を務める斉藤敏豪さんが、今年に入って“クビ”になったんです。要職にあるうえ、2人は番組にもちょくちょく出てくる“人気キャラ”でもあり、衝撃のニュースとして日テレを駆け巡っていますよ

 

この報道に対し、ダウンタウンの松本人志さんがツイッターで反論。

 

結局「日刊大衆」はこの記事を取り消し、謝罪するに至りました。

 

ヘイポーこと斉藤さんの電撃リストラ根も葉もないウワサだったのですね。

 

西川史子らへの「謝罪文シリーズ」

番組の企画として、ヘイポーこと斉藤さんがセクハラ行為を行い、それに対して謝罪する通称「謝罪文シリーズ」というものがありました。

 

そのシリーズに登場したのが、西川史子先生や根本はるみさん、カイヤ川崎さんなどです。

 

この「謝罪文シリーズ」は、ヘイポーの「謝罪文」が全く謝罪になっていないとして大きな話題となりました。

 

お詫びするはずの「謝罪文」が、逆にセクハラになっていたんですよね。

 

あの謝罪文が放送されたときのことを覚えていますが、テレビを見たときに

「これはヤバイでしょ~」

と思ったのをよく覚えています!

 

以上、ガキ使でお馴染みのヘイポーこと斉藤さんに関する話題でした!