イノッチ(V6井ノ原快彦さん)も有働由美子アナウンサーに続いて「あさイチ」の降板・卒業を発表しました。

 

イノッチと有働アナはコンビとして息もピッタリで、2人のかけあいがとても楽しかっただけに、朝の連ドラ後にイノッチ&有働アナを見ることができないのは寂しいと思ってしまいます。

 

2人のあさイチ降板(卒業)に対する世間の意見をまとめ、降板の理由について考察してみました!

 

 

イノッチ&有働アナあさイチ降板に「寂しい」の声多数!

NHKの朝の情報番組「あさイチ」のスタート当初から番組の司会進行(MC)を務めてきたイノッチ(井ノ原快彦さん)と有働由美子アナウンサーが揃って3月に番組を降板・卒業すると発表がありました。

あさイチ

 

2人が揃ってあさイチを降板することに対し、ネットでは

など、多くの視聴者から卒業を惜しむ声が多数挙がっています 😥 

 

 

あさイチ降板の理由は使命を果たしたから!?

あさイチ司会を降板する理由について、有働由美子アナウンサー

プライベートを充実させたい。

年齢的にもそろそろ自分の時間がほしい

と語っています。

 

一方、イノッチ(井ノ原快彦さん)

有働さんが降りるなら

と、“相方”有働アナの降板を受け、自身も降板を決意したとされています。

 

しかし、本当に理由はそれだけでしょうか?

 

というのも、2人にはそれぞれ番組を成功させなくてはならないという使命があったのです。

 

2010年に「あさイチ」がスタートするにあたり、番組は40代の視聴者を獲得するという目標が課せられていました。

 

そのために起用されたのが、イノッチと有働由美子アナウンサーだったのです。

 

民放各社は当初「あさイチ」を全くライバル視していませんでした。

 

しかし「あさイチ」は“子宮”や“閉経”、“親の離婚”など、民放の情報番組が取り上げないような話題をガンガン取り上げ、有働アナはたとえどんなテーマであっても本音で語ってきました。

 

また、イノッチは有働アナの発言を柔らかく受け止めることができたため、2人の絶妙なやりとりは人気を集めました

 

番組のゲストに対し、有働アナが見せていた気遣いもとても話題になりました。

 

番組テーマにもゲストにも真摯に向き合う有働アナの姿勢が同世代女性たちの共感を呼び、ついには「あさイチ」が朝の情報番組で視聴率トップに躍り出るまでになりました。

 

また、イノッチには有働アナとは別の使命がありました。

 

それはズバリ「ジャニーさんに認められる」ことです。

 

イノッチが瀬戸朝香さんと結婚するにあたり、ジャニーさんは

「YOUが結婚したらファンが減るかもしれないけど、どうやってそれをカバーするの?」と課題を突きつけたそうです。

 

これに対しイノッチは

「自分は既婚者の視点を活かし、情報番組の司会をやっていきます」

と答えたのです。

 

2007年に結婚したイノッチにとって、2010年スタートの「あさイチ」はジャニーさんからの課題に答える好機でもありました。

 

結果は皆さんご存知の通り、イノッチの「あさイチ」司会は大成功 🙂 

 

有働アナもイノッチも、職場から求められた課題を見事にクリアし、使命を果たしたというところもまた卒業の決め手となったのではないかと思いました。

 

あさイチの次の司会は、有働アナ&イノッチの後を継ぐという使命が待っています。

 

人は今ある状態を心地いいと思うものなので、はじめのうちは視聴者から「前の方がよかった」なんて言われてしまうかもしれませんね。

 

でも「おかあさんといっしょ」で歌のおにいさん・おねえさんが交代するときのように、「あさイチ」でも新司会に視聴者が見慣れてしまえば、きっと受け入れられると思います 😉 

 

4月からの「あさイチ」も、楽しみに待ちたいと思います♪

よろしければこちらもご覧ください(^^)/

イノッチ後任は誰?「あさイチ」司会降板で次の「朝の顔」を予想!