WBC 2017 オーストラリア戦、日本がオーストラリアに4-1で勝利しました!!

侍ジャパン中田

今日3月8日の日本VS豪州戦を振り返ってみましょう!

Sponsored Link

WBCワールド・ベースボール・クラシック侍ジャパン~豪州戦の流れ~

先発投手はは菅野、野手陣・打順は初戦キューバ戦と変わらず

先発投手はエースの菅野(巨人)が起用されました。

メンバーは以下のとおりです。

  • 1番指名打者・山田(ヤクルト)
  • 2番二塁・菊池(広島)
  • 3番中堅・青木(アストロズ)
  • 4番左翼・筒香(DeNA)
  • 5番一塁・中田(日本ハム)
  • 6番遊撃・坂本(巨人)
  • 7番右翼・鈴木(広島)
  • 8番三塁・松田(ソフトバンク)
  • 9番捕手・小林(巨人)
  • 投手・菅野

二回裏に豪州デサンミゲルが先制本塁打で1点を先制

一回表に日本は先頭の山田と2番の菊池がそれぞれヒットを放ち、3番青木のセカンドゴロの間にそれぞれが進塁するも、4番筒香が三振、5番中田がサードゴロに倒れ、得点はならず。

先発菅野はヒットを1本許したものの、その後は後続を見事に断って上々の滑り出しを見せた。

二回表は坂本、鈴木、松田がアッサリと打ち取られて終了。

二回裏に豪州がデサンミゲルの先制本塁打を放つ。

ここでスコアは0-1。

五回表、日本が松田の犠牲フライで同点に

三回表の日本は小林、山田、菊池が三者凡退。

三回裏、豪州も三者凡退。

四回表の日本は青木、筒香、中田が三者凡退。

四回裏、豪州はワンアウト二塁とするも菅野の好投で後続を断ち、追加点を与えず。

五回表、日本は先頭の坂本がレフトへの二塁打で出塁。続く鈴木もヒットを放つと、8番松田がレフトへ犠牲フライを放ち、日本が同点に追いつく。

ここでスコアは1-1。

続く小林の犠牲バントでさらなる追加点を狙うも、山田の当たりが出ずに五回の攻撃を終了。

五回裏、菅野が球数制限の65球を超えたために二番手の岡田(中日)に交代。

満塁の場面を迎えるもダブルプレーに打ち取ってピンチを凌ぐ。

六回表、日本は菊池、青木、筒香が三者凡退。

六回裏、日本は三番手投手として千賀(ソフトバンク)が登場。3つのアウトを全て三振で取る好投を見せた。

七回表、中田の本塁打で日本は2-1の勝ち越し

七回表、日本は先頭の中田がレフトスタンドへの勝ち越しホームランを放つ。

追加店の欲しい日本だったが、後続が倒れて攻撃終了。

七回裏の豪州は三者凡退。

ここでスコアは2-1。

八回表、筒香が2試合連続の2点本塁打でリードを広げる

八回表、日本は先頭の山田と続く菊池がフライに倒れる。

豪州の投手がケネディに変わったところを、青木がフォアボールで出塁。

続く筒香が2試合連続となるホームランを放ち、日本は2点を追加。

ここでスコアは4-1。

続く中田もフォアボールで出塁するも、豪州の三番手投手サールに打ち取られ攻撃が終了。

日本がその後も豪州を抑え、4-1で勝利

八回裏、日本は投手を四番手宮西(日本ハム)へ交代。豪州を三者凡退で抑える。

九回表、日本は出塁するも追加点を奪えず。

九回裏、日本は投手を五番手牧田(西武)へ交代。豪州を三者凡退で抑える。

これで日本は初戦キューバ戦に続いての勝利を手にしました!

Sponsored Link

豪州戦を画像で振り返る

ツイッターでも、WBC豪州戦は非常に盛り上がっていました!

侍ジャパン開幕2連勝の感想

初戦のキューバ戦に続いての勝利、良かったですね~(*^^*)

先発が菅野だったので「ムエンゴ」なのではないかと心配していましたが・・・。

終わってみれば菅野の好投、打線も個々ぞ!というときにキッチリ決めてくれての勝利☆彡

このまま世界一目指して、侍ジャパンには勝ってもらいたいです!

次の試合も応援します!!

侍ジャパンの応援に、レプリカユニフォームはいかがでしょう?

>【ポイント10倍】ミズノ WBC 2017 レプリカ ユニフォーム プリント 侍ジャパン 日本代表 ホーム・ビジター用 個人名背番号付き 12JC7F72-12JC7F73

 

マフラータオルもあります!

>MIZUNO ミズノ 侍ジャパンマフラータオル(サムライネイビー)(野球) [ 12JY3X9414 ]【RCP】 【送料無料】

 

観戦ガイドもオススメです!

>がんばれ侍ジャパン!WBC2017観戦ガイド

 

Sponsored Link