『四大陸フィギュアスケート選手権2017』に出場する、樋口新葉(ひぐちわかば)選手について注目してみました!

Sponsored Link

樋口新葉(ひぐちわかば)選手のプロフィール

  • 名前:樋口新葉(ひぐちわかば)

  • 生年月日:2001年1月2日(現在16歳)

  • 出身:東京都

  • スケートを始めた年齢:3歳の頃

樋口選手の名前の、「新葉」と書いて「わかば」と読ませるのは珍しいですよね!

これは、樋口選手が2001年の新世紀に生まれたことに由来するのだそうです。

新世紀になりたてホヤホヤの1月2日生まれの彼女は、文字通りこれから日本女子フィギュアの新世紀を背負って立つ運命なのかもしれないですね!

スケートを始めたきっかけは、お母さんの勧めだそうです。

ご両親がスケート経験者なのか、兄弟がいるのかどうかは、調べてみたけど分かりませんでした。

Sponsored Link

樋口新葉選手の戦績やスケーティングの特徴をチェック!

樋口選手

樋口新葉選手の戦績

  • 2012年全日本ジュニア選手権:7位入賞

  • 2013年全日本ノービス選手権:優勝

  • 2014年全日本ジュニア選手権:優勝

  • 2015年全日本ジュニア選手権:優勝

  • 2016年全日本フィギュアスケート選手権:準優勝

2014年の全日本ジュニア選手権で初優勝したとき、樋口選手は中学2年生でした。

中学2年生での優勝は、安藤美姫・浅田真央に並ぶ記録的な快挙です。

しかもそのときに叩き出した得点が187.95と驚異的な数字で、当時はとても大きな話題になりました。

樋口新葉選手のスケーティングの特徴

樋口選手の最大の武器は、かつて日本連盟の強化部長から「スケート靴にジェット噴射が付いてるみたい」と評された程のスピードです。

天性の身のこなしで圧倒的なスピードを出す様子は、他の選手と比べても突出しています。そして減速すること無くジャンプに入ることができます。

ジャンプはアクセルを除く5種類のトリプルジャンプを跳ぶことができ、コンビネーションでは史上5人目となる3回転ルッツ-3回転ループを成功させました。

過去に3回転ルッツ-3回転ループを成功させたのは

  • イリーナ・スルツカヤ【ロシア】

  • 安藤美姫【日本】

  • アデリナ・ソトニコワ【ロシア】

  • 青木祐奈【日本】

の4人しかいません。そのことを考えると、樋口選手がどれだけ凄いか分かると思います!

現在は2018年の平昌(ピョンチャン)オリンピック出場を視野に入れ、トリプルアクセルと4回転トウループの習得を目指しているそうです☆彡

樋口新葉選手を嫌いという声がある?

樋口新葉選手の性格に注目

性格がしっかりしていて負けず嫌いの樋口選手。

演技もインタビューの受け答えも、とても堂々としてしっかりしています。

自分の性格を

負けず嫌い。試合に負けたら、家に帰ってからヤバいです。もうなんか一時間くらい荒れていて、一回その日は立ち直るけど、次の日になったら変になります。

と過去にコメントしています。

憧れのスケーターは安藤美姫選手とキム・ヨナ選手だということです。

浅田真央選手についてリスペクトした発言がないので、その点がもしかすると視聴者から苦手意識を持たれてしまったのかも?

でも、堂々とした強気な姿勢は素晴らしいと思います!

樋口新葉選手と本田真凜選手

同じ2001年生まれの本田真凜選手とは、並んで手を振っている映像がありました(*^^*)

樋口選手も本田真凜選手も、日本女子女子フィギュア会を背負って立つ逸材だと思います!

樋口選手の、2018年の平昌オリンピック出場と金メダルの獲得を大いに期待しています!

Sponsored Link