2017年の夏の甲子園大会で優勝した、埼玉代表の花咲徳栄高校西川愛也選手に注目してみました!

決勝でもタイムリーを放ち、大活躍だった西川愛也選手

そのうえイケメンですし、将来が本当に楽しみな選手の1人です(*^^*)

そんな西川愛也選手の生い立ちを調べてみました。

花咲徳栄高校(埼玉)西川愛也選手の生い立ちは?

西川愛也

西川愛也(にしかわ・まなや)選手は1999年6月10日生まれで、大阪府堺市出身です。

家族は両親と、弟がいます。

 

小学校時代

西川愛也選手が野球を始めたのは、小学2年生のときでした。

所属していたチームは長曽根ストロングスといいます。

小学6年生のときに、西川愛也選手エースとして全日本学童軟式野球大会に出場し、見事に優勝を果たします!

長曽根ストロングス

この頃の西川愛也選手は投手も務めていて、投打にわたってMVP級の働きを見せていました。

 

また、西川愛也選手は6年生の時に「オリックス・バファローズジュニアチーム」のメンバーにも選ばれています。

オリックス・バファローズジュニア

このときの背番号は6で、内野手として活躍していました。

 

西川愛也選手の活躍ぶりは、雑誌の記事にも掲載されるほどでした。

 

中学時代

西川愛也選手は地元の堺市立金岡南中学校に進学します。

 

中学時代の西川愛也選手は、浜寺ボーイズというチームに所属していました。

浜寺ボーイズはプロ野球選手を何人も輩出している名門のチームです。

また、浜寺ボーイズからは全国の野球強豪校に何人もの選手を送り出しています。

 

浜寺ボーイズでの西川愛也選手の活躍ぶりは情報が見当たらなかったのですが、代わりに中学時代の写真を見つけました(*^^*)

西川愛也

短髪ですが、この頃からイケメンですね!

 

高校時代

花咲徳栄に進学した西川愛也選手は、1年生の秋からベンチ入りを果たします。

西川愛也

そして2年生のときにレギュラー入りを果たします。

2年生ながら4番で出場し、2016年の選抜では打率.500、夏には.600と、甲子園で素晴らしい記録を残し、全国からの注目を集めました。

 

3年生で出場した甲子園では、打順は3番。

決勝では先制の2点タイムリーや、5回にも2点タイムリーの3ベースヒットを放つなど、最後まで活躍を見せていました(*^^*)

 

試合終了後に広陵の中村選手と抱き合う姿が良かったですね(*´ェ`*)

戦いを終えた選手がお互いを称え合う様子が感動的でした!

 

西川愛也選手の野球人生、これまで順風満帆で素晴らしいですね!

もちろん本人の努力もあるのだと思います☆彡

これからの活躍も楽しみな選手です!