前代未聞の不祥事が角界に起こりました。

 

横綱・日馬富士が平幕の貴ノ岩暴行を加えて大怪我をさせたというのです。

 

いったい何がきっかけで日馬富士は貴ノ岩に暴行を加えたのでしょうか?

 

かつて暴行事件を起こした、元横綱の朝青龍についても振り返ってみました。

 

 

横綱・日馬富士が平幕・貴ノ岩に暴行!

貴ノ岩

 

モンゴル出身の横綱・日馬富士(はるまふじ)=伊勢ヶ濱部屋=が、同じくモンゴル出身の平幕・貴ノ岩(たかのいわ)=貴乃花部屋=に暴行を加えて大怪我をさせていたことが分かりました。

 

ビール瓶などで殴打し、頭蓋骨骨折などの大怪我を負わせたとのことです。

 

いったいいつ、どのようなきっかけで日馬富士は貴ノ岩に暴行を加えたのでしょうか?

 

秋巡業中に事件は起きた

日馬富士貴ノ岩暴行事件は、秋巡業の最中である2017年10月25日に起こりました。

 

鳥取巡業の前夜、モンゴル出身の力士が集う「モンゴル人飲み会」が開催されました。

 

そこには日馬富士や貴ノ岩だけでなく、同じくモンゴル出身の横綱、白鵬(はくほう)や鶴竜(かくりゅう)も同席していました。

 

関係者の話によると、日馬富士は1次会から貴ノ岩のことをよく思っていなかったそうです。

 

貴ノ岩は日馬富士に挨拶をしたつもりだったのですが、日馬富士が「なんだ、あいつ」とムッとした場面があったそう。

 

そして2次会で、こんなやりとりがあったそうです。

 

白鵬「俺ももう年だよ」

鶴竜「俺は休んでいるのでもっとダメだ」

貴ノ岩「これからは若者の時代ですか

白鵬「俺はまだまだ、50回まで優勝する」

 

鶴竜のツッコミは和やかで、貴ノ岩の言葉も軽口であり、皆が笑っていたそうです。

 

しかし日馬富士は貴ノ岩の言い方が気に入らなかったよう。

 

やがて日馬富士が貴ノ岩に説教を始めました。

 

そのタイミングで貴ノ岩の携帯電話が鳴り、取ろうとしたところを日馬富士がビール瓶で頭を殴りつけたそうです。

 

照ノ富士らが止めに入り、白鵬も静止しようとしましたが、日馬富士はそれを振り払ってさらに貴ノ岩を殴ろうとしたそうです。

 

結局、何人もの力士が入ってなんとか治まりました。

 

日馬富士は酒癖の悪さが指摘されていた

日馬富士は酒癖が悪く、酔うと手がつけられなくなることで有名でした。

 

銀座や大阪の北新地でも暴れ、高い灰皿などを壊して、支援者が謝って回り弁償したこともあったそうです。

 

今回は横綱・白鵬らもいる前で暴行が行われてしまい、関係者も「まさか白鵬の前で暴れたりはしないと思っていたが…」と衝撃を受けています。

 

貴乃花親方が激怒した貴ノ岩の怪我の内容

貴ノ岩が日馬富士によって暴行を受け、「脳振盪、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」との診断を受けました。

 

貴ノ岩は今場所を初日から休場しています。

 

貴ノ岩は前頭8枚目で、今場所は三役を狙いたいという意気込みもありました。

 

それだけに貴ノ岩の親代わりである貴乃花親方がカンカンで、「こればかりは許さない」と激怒しているそうです。

 

日馬富士、引退勧告か

横綱・日馬富士は暴行事件を起こしていたにも関わらず、その事実を伏せて九州場所の土俵へ上がっていました。

 

九州場所3日目である11月14日に暴行の疑惑が報じられると、

「どっか(報道)に出たの?(記事を見て)怖いな」

と語ったそうです。

 

しかし日馬富士は稽古後に一転、暴行の事実を認めて謝罪しました。

 

そして、日馬富士は「左上腕骨内側上果炎、左尺骨神経痛」で約6週間の治療を要するとして休場してしまいました。

 

日馬富士については、横綱審議委員会の北村委員長が日本相撲協会に厳しい態度で接するように求めており、進退問題に発展すると見られています。

 

元横綱・朝青龍も一般人への暴行で引退していた

過去には日馬富士と同じモンゴル出身の元横綱・朝青龍が暴行事件を起こしたことがありました。

 

朝青龍は2010年の1月、初場所中に泥酔して暴れ、警察が出動する騒ぎとなりました。

 

このとき朝青龍は一般男性に暴行を加えていました。

 

男性は警察に「車内で暴行された」と訴え、鼻骨骨折などの診断書を手に警察に相談しました。

 

結局、朝青龍と男性との間では示談が成立しましたが、事態を重く見た日本相撲協会は朝青龍本人を聴取した上で引退勧告を行いました。

 

朝青龍は引退勧告のあったその日に、相撲協会に引退届を提出しました。

 

2010年の7月には、警視庁が朝青龍を傷害の疑いで書類送検しています。

 

横綱の地位を汚した罪は重い、責任を取って引退を

日馬富士の暴行事件を聞いて思ったのが、

「朝青龍の事件から何も学ばなかったのか!?」

ということです。

 

暴行がいけないのは当然ですし、横綱の地位は品格が重んじられます。

 

たとえ貴ノ岩の態度に問題があったとしても、そこは日馬富士が先輩として、そして横綱として毅然と注意すればよいだけの話です。

 

今回の事件では貴乃花親方が激怒しているとのことですが。

 

貴乃花といえば現役時代はガチンコ相撲で知られた名横綱ですから、弟子が傷付けられた怒りだけでなく横綱の品位が汚されたことに対する怒りもあると思います。

 

日馬富士はもう土俵に上がる資格はないと思います。