小池百合子東京都知事が記者会見を行い、市場機能豊洲移転を発表しました

築地市場再開発を行い、将来は「食のテーマパーク」とする予定だそうです。

勝負服とも言えるグリーンの衣装で登場した小池百合子都知事。

小池百合子都知事

これからの市場はどうなっていくのでしょうか?

小池百合子都知事が発表した3つの基本方針をチェック!

築地市場の再開発~5年後をめどに

築地市場は再開発を行う方針であるとの発表がありました。

環状2号線は東京オリンピックに間に合うように開通させ、当面は五輪用のデポ(輸送拠点)として活用するそうです。

そして、その後は「食のテーマパーク」機能を有する新たな場として、東京を牽引する一大拠点にする方針とのことです。

将来の築地のイメージ図
中央手前が再開発後の築地市場。隣は浜野離宮恩賜庭園。

食のテーマパークって、どんな風になるのでしょう((o(´∀`)o))ワクワク

マグロの解体ショーとか、新鮮で美味しいお寿司が食べられるとか、江戸時代からの伝統料理を味わうことができるとか・・・そんな想像をしてしまいました。

豊洲市場は将来にわたる物流総合拠点に

市場機能は豊洲へ移転します。

豊洲市場は、冷凍冷蔵・物流・加工等機能を強化し、将来にわたる物流総合拠点にしていく方針であるとの発表がありました。

豊洲市場のイメージ

自分は豊洲市場は見学をしていませんが、考え方としてはこちらのツイートに近いものがあります。

築地再開発と豊洲市場移転について、情報公開しながら具体案を検討する

東京都は事業者と都民とのオープンな場を設け、築地再開発豊洲市場移転について広く情報公開しながら具体案を検討していくそうです。

築地再開発において

→豊洲への移転・築地への復帰に伴う業者、特に仲卸業者への経営支援措置について、検討する

→築地市場の街づくりについて、場外市場の方や新規に参加されたい方々との相談などを含めた工程表を作成

→築地用地に関する土壌汚染調査、文化財調査を行う

豊洲移転において

→豊洲市場の安全・安心問題の対応

→専門家会議の提言の検討(地下空間工事・地下水管理システムの増強工事・2年間環境モニタリング)

→豊洲市場の安全性を発信し、風評被害を払拭する

豊洲移転後において

→豊洲市場の使い勝手を改善する

・習熟訓練や施設改修、使用ルールの整備などを行う

→豊洲市場の経営を改善する

・減価償却込みで92億円、減価償却を除いて21億円の赤字と見込まれている経営収支を改善する

→環境監視、地下水位管理、付近の交通量調査などを行い、安全安心を確保する

業者の方々への支援措置

→業者への経営相談を行い、必要な支援策を講じる

・・・小池百合子東京都知事が発表した提言がが本当に実施されれば、だいぶ安全安心になるのではないかと思いました。

豊洲市場の魚を安心して食べたい!

豊洲市場移転に対する街の声がツイートされていました。

個人的には、私は「安心して食べられる」派です。

この動画にもあるように、地上と地下とは別物だと思いますし、汚染水で魚を洗うわけではないので信用できると考えます。

これから市場が豊洲に移転したとしても、私は新市場で売られている魚は食べたいと思います(*^^*) 築地の「食のテーマパーク」も楽しみです♪