金子恵美(かねこ・めぐみ)衆院議員が公用車を私的利用していたのではないかとの疑惑が浮上しました。

金子恵美議員

総務省や議員会館で公務を行う際に、長男も公用車に乗せて議員会館内の保育園へ送迎を行なっていたとのことです。

金子恵美衆院議員のこの行動は、総務省の運用ルール上は問題がないそうです。

しかし金子恵美衆院議員の行動が報道され「また自民党の『魔の2回生』が問題を起こした」と注目されています。

そもそも自民党の『魔の2回生』とされる議員は誰がいて、どんな問題を起こしたのでしょう?まとめてみました。

自民党の「魔の2回生」とは?

「2回生」とは、平成24年の衆院選で初当選した当選2回目の議員のことを指します。この年の選挙は自民党で初当選した議員が100人以上もいました。

国会議員に初当選したときとは違い、2回目の当選は安倍総理人気の追い風に乗って楽々と当選できた・・・ということで、簡単に当選できたことによる気の緩みから不祥事が明るみに出る議員が相次ぎ、彼らをまとめて「魔の2回生」と呼ぶようになりました。

魔の2回生とされる議員を個別に見ていきましょう。

武藤貴也議員(滋賀4区)

武藤貴也

名前:武藤貴也(むとう・たかや)

生年月日:1979年5月25日

最終学歴:京都大学大学院公共政策教育部修了

不祥事:

・2012年の衆院選で選挙報酬をスタッフに支払っていなかったとして訴訟を起こされる(2014年に武藤氏がおよそ30万円を支払うことで和解)。

・2015年、知人に「値上がり確実な未公開株を国会議員枠で買える」と持ちかけ、金銭トラブルに。→自民党を離党

・2015年、未成年男性を売春したとの報道

・2016年、武藤氏の乗った車が前方車に追突(前方車が急停止したため)。

 

1人の議員がこれだけの不祥事を起こすのはどうかと思いますよね。

同性愛については本人の趣味嗜好なので、相手が未成年でさえなければ好きにすれば?って感じですが。

追突事故も、前方車が急停止したということなので、不運でしたね。

でも金銭トラブルはダメです。

宮崎謙介議員(京都3区)

宮崎謙介

名前:宮崎謙介(みやざき・けんすけ)

生年月日:1981年1月17日

最終学歴:早稲田大学商学部

不祥事:ゲス不倫!→議員辞職

 

奥様の金子恵美衆院議員が妊娠中に育休取得を表明したところまでは良かったのですが、なんと奥様が出産を控えて入院している間にグラビアタレントと不倫してたというから、最悪ですよね。

この騒動が元で、宮崎氏は2016年2月に議員を辞職しました。

しかし離婚はせず、現在の宮崎氏は夫婦で育児を分担しながら、コンサルタント会社を立ち上げて働いているとのことです。

務台俊介議員(長野2区)

務台俊介

名前:務台俊介(むたい・しゅんすけ)

生年月日:1956年7月3日

最終学歴:東京大学法学部

不祥事:

・2016年3月、「行き過ぎた東京一極集中を打破する議員連盟」の会合で「東京を全て便利にすると、ますます東京に来て子育てしようとなる。ある程度“東京に行くとコストがかかり不便だ”としない限りダメだ」と発言し、混乱を招く。

・2016年9月、内閣府大臣政務官兼復興大臣として台風被害に遭った岩手県岩泉市を視察。長靴を持たずに職員に背負われて水たまりを渡る

・2017年3月、台風被災地の視察を巡って「長靴業界は儲かった」などと発言。→内閣府政務官を辞任

 

復興大臣として視察に出かけ、長靴がないからという理由でおんぶされての移動・・・恥ずかしいですね~!しかも反省するどころか「長靴業界は儲かった」の発言は最悪ですね 😡 

中川俊直議員(広島4区)

中川俊直

名前:中川俊直(なかがわ・としなお)

生年月日:1970年4月25日

最終学歴:日本大学文理学部社会学科

不祥事:ゲス不倫

中川俊直議員は奥様がいるにも関わらず、前川恵議員との浮気をフライデーに報じられました。

さらには一般女性とも交際をし、結婚式まで挙げたと言うから驚きです。

しかも前川議員と一般女性との交際期間が重なっている上に、奥様はがん闘病中であるというから最低最悪です。

浮気相手の女性が中川議員の所業に呆れて「週刊誌にすべてを話す」と言ったところ、中川議員が女性へのストーカーと化し、警察にストーカーとして登録される羽目になりました。

2017年4月に中川俊直氏は経済産業政務官を辞任し、自民党を離党しています。

 

前川恵議員は2014年の衆院選で初当選した議員ですが、新人議員として憲法改正の取材を受けた際に「分かんない」を連発し、非難をあびました。このときに中川議員が前川議員を励ましたことでその後の交際へと発展したそうです。

重婚の女性とは会社員時代からの知り合いで、東日本大震災をきっかけに連絡を取り合って再開し2011年から交際が始まったそうです。

中川俊直氏が仮に独身だったとしても二股は許されないのに、既婚者でありながら別の女性とも交際をするというのは呆れて物が言えません 😡 

大西英男議員(東京16区)

大西英男

名前:大西英男(おおにし・ひでお)

生年月日:1946年8月28日

最終学歴:國學院大學法学部

不祥事:

・2014年4月、上西小百合議員が質問を行なっている最中に「まず自分が子供を産まないとダメだぞ」とヤジを飛ばす→初めは「記憶にない」と言っていたものの、後に撤回して上西議員へ謝罪

・2016年3月、北海道で選挙応援を行なった際に神社の巫女さんから「自民党はあまり好きじゃない」と言われたことに反発し、「巫女のくせに何だと思った」「巫女さんを誘って札幌の夜に説得をしようと思った」などと気持ちの悪い発言を行う。

・2017年5月、受動喫煙防止について自民党の厚生労働部会で「がん患者は働かなくていい」と発言。

自民党都連副会長を辞任

 

今回の「魔の2回生」の中では最年長の中川議員ですが、失言が多いですね(-_-)

こんな議員が再選なんかしないことを祈りますよ・・・。

豊田真由子議員(埼玉4区)

豊田真由子

名前:豊田真由子(とよた・まゆこ)

生年月日:1974年10月10日

最終学歴:ハーバード大学大学院修了

不祥事:

・2014年、両陛下主催の春の園遊会に、本来は認められない母親を連れて入場

・2017年、秘書への暴力や暴言が明らかになる→6月22日、離党届を提出

 

この人の暴言は凄かったですよね!!

「このハゲーーーーー!!!!違うだろーーーーー!!!!」

あんな暴言を吐く議員、後にも先にも豊田氏くらいしかいないでしょうね 😡 

すました顔で選挙ポスターに収まってますが、もう再選はないでしょう。

金子恵美議員(新潟4区)

金子恵美議員

名前:金子恵美(かねこ・めぐみ)

生年月日:1978年2月27日

最終学歴:早稲田大学第一文学部

不祥事:長男の保育園送迎に公用車を使用したと報じられました。

保育園送迎のために公用車を用いたのではなく、公務の行き帰りのついでだったから総務省としては問題ないとされています。

しかし、産後に保育園が見つからず職場復帰がままならない母親や、毎日自家用車や自転車などで保育園へ送迎を行なっている父兄がこの報道を耳にしたときに湧く感情は「モヤッ」ではないでしょうか。

議員様はいいよね~、保育園も送迎車も確保できて~(ムカムカ)」

働く親として、自分もそう思う一人です。

 

以上、自民党議員「魔の2回生」についてでした。

彼らが今後の衆院選で再選するかどうか?注目していきたいと思います。