森友学園の一連のスキャンダルで、名前を取りざたされている安倍首相の夫人・昭恵さん。

昭恵夫人に対し、総理の母である安倍洋子氏が激怒しているという。

安倍洋子
写真左が安倍首相の母・洋子氏。

安倍首相の母・洋子氏とはいったいどんな人物なのか。

Sponsored Link

安倍首相の母・洋子氏は「政界のゴッドマザー」

安倍洋子氏の父は元・総理大臣

安倍洋子(あべ・ようこ)氏の父は、第56・57代内閣総理大臣を務めた岸信介(きし・のぶすけ)

岸信介
岸信介。1963年頃

安倍洋子氏は岸信介の長女にあたる。

つまり、岸信介は安倍晋三首相の祖父ということになる。

ちなみに岸信介の弟、佐藤栄作も内閣総理大臣を3期務めている(第61・62・63代)。

安倍洋子氏の夫は政治家・安倍晋太郎

安倍洋子氏の夫は、安倍晋太郎である。

1924年生まれ。洋子氏とは1951年に結婚、3男をもうける(安倍晋三首相は次男)。

安倍晋太郎。1956年。右は長男の寛信氏(安倍総理の兄)

どことなく安倍晋三首相に風貌が似ている安倍晋太郎(親子だから当然だが)。

安倍晋太郎の父も政治家であり、安倍晋太郎自身も内閣官房長官や外務大臣などを歴任している。

総理総裁の座は間違いないと見られていたが、67歳で惜しくも病没(膵臓がんのため)。

安倍洋子氏、息子2人も政治家に 次男の晋三は現・内閣総理大臣

安倍一族
中央の男性が岸信介。膝に座っているのが安倍晋三。右端が安倍晋太郎。洋子氏は後列右

安倍晋太郎と結婚した洋子氏は3人の子供をもうけた。

長男の寛信氏は会社員に、次男の晋三と三男の岸信夫(洋子氏の実家の岸家に養子縁組している)は政治家への道を歩んでいる。

つまり、安倍洋子氏は3代に渡って政治家を支え続けてきた、いわば政界のゴッドマザーなのである。

Sponsored Link

ゴッドマザー洋子氏が昭恵夫人にキレた!

森友学園問題で、最近何かとお騒がせの昭恵夫人。

昭恵夫人本人も認める“脇の甘さ・危機感のなさ”に、政界のゴッドマザーこと安倍洋子氏が激怒しているという。

政治家一家に生まれ、政治家と結婚し、息子2人も政治家。

3代に渡って政治家を支え続けてきた洋子氏だからこそ、昭恵夫人の言動が政治家一家をどれだけ危険にさらすか本能と経験で分かるのでしょう。

森友学園の一連の問題が明るみに出てすぐに、洋子氏は昭恵夫人を渋谷区富ケ谷にある自宅にて説教を食らわせたそうです。

洋子氏は息子の晋三首相が「もし私や昭恵が森友学園の土地取引にかかわっていたら、総理も議員も辞める」と口にしたことについても、「総理大臣ともあろうものが軽率に進退について口にするものではない」と強くたしなめたそうです。

洋子氏にとっては、自分が支え続けてきた安倍家が昭恵夫人の言動で危機感にさらされていることに、強い怒りを感じているのでしょう。

キレる洋子氏に恐れをいだき、昭恵夫人が渋谷区富ケ谷の自宅(二世帯住宅)に帰れない・・・なんていう話もあります。

「嫁姑問題」なんていう言葉もありますが、今回の森友学園問題に関しては、嫁の昭恵夫人が分が悪いように感じられます。

こんな著書も出しているようです、昭恵夫人。

>「私」を生きる [ 安倍昭恵 ]

 

Sponsored Link