天皇陛下が2019年4月末で退位する方向で固まりました。

 

皇太子さまの即位に伴い、「平成」に変わる新たな元号が発表されるものとみられています。

 

次の元号の決め方や発表の時期、新元号「安始」説や誰が決めるのかについて、まとめてみました 🙂 

 

 

「平成」の次の元号は何?どうやって決めるの?

12月1日の皇室会議で、2019年に天皇陛下が退位され、皇太子さまが新たに天皇として即位される方向で固まりました。

 

天皇陛下の退位は2019年4月30日、皇太子さまの即位は2019年5月1日となるようです。

 

皇太子さまの天皇即位に伴い、元号が現在の「平成」から新しい元号へと変わります。

 

次の元号は、いったい何になるのでしょうか?

 

元号の決め方には条件があります。

 

まずは「元号法」で以下のように定められています。

第1項:元号は、政令で定める。

第2項:元号は、皇位の継承があった場合に限り改める(一世一元の制)。

 

大平内閣による「昭和54年10月23日閣議報告」によると、新元号の候補は

国民の理想としてふさわしいような良い意味を持つ

・漢字2文字である

・書きやすい

・読みやすい

・これまでに使われていない

・俗用されているものではない

とされています。

 

更に挙げるなら、元号をローマ字表記したときに、他の元号とイニシャルが重ならない、という条件も挙げられます。

つまり、新しい元号のイニシャルはM・T・S・H以外、ということになりますね。

 

新しい元号がどんなものになるのか、現時点では分かっていませんが、いろいろ想像してみるのは楽しいですよね(*^^*)

 

「平成」の次の元号は「安始」!?

2013年、“2ちゃんねる”掲示板に「未来から来た」と自称する人物が書き込みを行いました。

 

2058年から来たという未来人「原田」なる人物が、次の元号は「安始」であると書き込みをしていたのです。

 

自称・未来人の「原田」氏は2020年の東京オリンピック開催を予言しており、今回の予言が的中するかどうかが注目されています 😯 

 

私は新元号は「安始」ではないとは思いますが、「安始」という言葉は上で取り上げた元号の決め方にピッタリ当てはまっているので、ちょっぴり気になりますw

 

新元号の発表はいつ?誰が決めるの?

新元号の発表は2018年の半ばになるとみられています。

 

「平成」の元号が発表されたのは、昭和天皇が崩御(亡くなること)された日の1989年1月7日でした。

平成

 

今度の元号は、国民の生活に配慮して、皇太子さまの即位に先立って行われる模様です。

 

新しい元号、いったい誰が決めているのでしょうか?

 

1984年に定められた手続きによると、候補を考案するのは

漢文学や国文学関連の大学教授ら有識者

なのだそうです。

 

そしてその候補の中から、内閣官房長官が選定を行い、衆参両院議長の意見を聞いた上で閣議で決定されます。

 

ちなみに「平成」の元号を決めたのは、東京大学名誉教授であり東洋史学者である山本達郎氏です。

山本達郎氏

 

「国の内外にも国の天地にも平和が訪れる」という意味で決められた「平成」。

 

発表された当初は馴染めなかったけど、気がつけば馴染んでいた「平成」の元号。

 

新しい元号も、使い始めたら少しずつ馴染んでいくのでしょうね(*^^*)

 

以上、新元号の話題をお伝えしました(^^)/