カリスマYouTuberヒカルさんが、「VALU(バリュー)」で“インサイダー取引”を行なって身内を大儲けさせた疑いが出てきています。

YouTuberヒカルさんとは何者なのか、「VALU」とはいったいどんな仕組みなのか、調べてみました。

YouTuberヒカルが「VALU」で投げ売り?投資家が大損

YouTuberヒカルとは?

ヒカル

名前:ヒカル

生年月日:1991年5月29日

出身地:兵庫県姫路市

職業:YouTuber(ユーチューバー)

 

ヒカルさんの本名は「前田圭太(まえだ・けいた)」というようです。

以前はヒカルさん自身がフェイスブックに本名を掲載していたようで、そのときに本名が判明しています。

 

ヒカルさんは高校卒業後、一度は工場に就職をします。

しかしルーチンワークが性に合わず、わずか半年で勤めていた工場を退職します。

 

その後は輸入商品販売会社に就職し、持ち前のトーク力で利益を上げます。

その会社では純利益を100万円以上も上げたそうです 😯 

 

高卒での就職だから当時のヒカルさんはまだ若かったと思うのですが、商才はこの頃から発揮されていたのですね!

 

輸入商品販売会社を退職して独立したヒカルさんは、最初は800万円もの借金を抱えたそうですが、ネットビジネスである「情報商材」を販売して利益を上げ、成功します。

 

ちなみにその「情報商材」の中身は、ネットビジネスで成功するための方法論だったそうです。

 

そしてヒカルさんは「人気が欲しいから」という理由でYouTuberになります。

 

2016年3月に「ヒカルチャンネル」を開設し、同じ年の11月に事務所「NextStage」を設立します。

 

ヒカルさんの動画はお金がかかっているのが特徴!

1000円ガチャを売り切れるまで回してみたり、

「プレイステーション4」を100台プレゼントしてみたり・・・。

今年の4月には、兵庫県の春祭りで「テキ屋のくじを大量に買って、当たりくじが出るかを検証」する動画が話題となりました。

 

現在ヒカルさんは「ヒカル(Hikaru)」と「Hikaru Games」の2つのチャンネルをYouTubeに持っています。

2017年8月、YouTubeアカウントランキング月刊登録者1位を記録しました。

 

ヒカルさんは人気・実力ともに兼ね備えていて、多くの人に影響を与えることのできるYouTuberです。

 

「VALU」とはいったい何?

VALU」は、株式会社VALU(バリュー)によって運営されているサービスです。

 

名前の由来は「VAL(VALUE=価値)+U(YOU=あなた)」。

 

「人物」に価値をつけて、アーティストの卵などを金銭的に応援できる、株式に似たサービスのことです。

 

仮に、VALUに参加したAさんというアーティストの卵がいたとします。

Aさんの価値は、株式会社VALUがSNSなどを元にして判断します。

そしてAさんのポイントが決められます(VALUでのポイントの単位は“VA”)。

 

Aさんを応援したいと思う人が、Aさんのポイントを購入します。

Aさんの人気が上昇するほど、Aさんの価値が上がっていきます。

そうすると、初めはAさんの価値(VA)=1円だったとすると、1VA=2円、3円…といった風に上昇していきます。

 

つまり、人気が出る前の人物のポイントがまだ低いうちに購入しておき、その人物が人気が出たらポイントを売ると、VALUでお金を儲けることができるという仕組みになっています。

 

ヒカルがVALUに参加、しかしヒカルの行為で炎上

ヒカル

YouTuberヒカルさんがVALUへの参加を表明し、ヒカルさんのファンらが一斉にヒカルさんのVALUを購入しはじめました。

 

そして、ヒカルさんがTwitterで「優待」を付けると発表したことで(現在は削除)、ヒカルさんのVA(1価値)が更に高値で買われました。

 

しかし、8月15日に、ネクストステージの“顧問”である「井川さん」が突如、ヒカルさんのVA(価値)を全て売りに出しました。

それまで、井川さんはヒカルさんのVAを一番多く所有している人物でした。

 

そして、ヒカルさんも自身のVAを全て売りに出しました。

これによりヒカルさんの価値は大幅に下落しました。

 

ヒカルさんらのこの行為は「インサイダー取引」に当たるのではないかと見られ、詐欺行為だと炎上しています。

 

インサイダー取引とは、会社の内部の人間が会社の重要な事実を知りながら、その情報が公開される前にその会社の株式を売買することを指します。

 

例えば、会社が倒産することが分かっていながら、そのことを隠して株式を全部売ったりするようなケースがインサイダー取引に当たります。

 

今回のヒカルさんのVALU売買を巡っては、事前にネクストステージの関係者らが売却を示し合わせていた可能性がある、ということです。

 

ネクストステージの井川さんは、以下のように述べています。

 

また、ヒカルさんは「優待」は行わないとし、以下のように述べています。

 

しかしヒカルさんのVALUアカウントは、現在VALUから規約違反の疑いがあると認定されています。

 

ヒカルさんのことなので、今回の一連の騒動は全て計算づく・・・という気がしないでもありません。

しかし、純粋にヒカルさんを応援しようと思ってVALUに投資した人達が損をしているという現実があるのもまた事実です。

 

今後の騒動の行方が気になります。