非常に強い勢力の台風21号が、伊勢湾台風に似ていると話題です。

 

伊勢湾台風とは、1959年(昭和34年)9月に上陸し、東海地方を中心に全国に甚大な被害を及ぼした台風です。

 

多数の犠牲者を出した伊勢湾台風と今回の台風21号の共通点や、各地で警戒が必要な時間帯についてまとめてみました。

 

 

伊勢湾台風の詳細が恐ろしい((((;゚Д゚))))

台風21号

 

伊勢湾台風は、明治維新以来最大の被害を出した台風です。

 

(明治以前では「永祚の風」「弘安の役台風」「シーボルト台風」といった台風が記録的な台風として伝えられています)

 

伊勢湾台風の最低気圧は895hPa(ヘクトパスカル)という低さ!

 

台風は気圧が低いほど威力が強いのですが、今回接近中の「非常に強い」とされている台風21号の気圧が925hPaであることを考えると、伊勢湾台風は恐ろしいくらいに強力だったことが分かります。

 

伊勢湾台風の犠牲者は5,098人(死者4,697人・行方不明者401人)、

負傷者は38,921人、

全壊家屋は36,135棟・半壊家屋は113,052棟、床上浸水は157,858棟

にも及びました。

 

この犠牲者の数は、阪神・淡路大震災が発生するまで、第二次世界大戦後の自然災害の中で最多のものでした。

 

伊勢湾台風は進路が正確に予想されていて、早い時期から上陸が確実視されていたにも関わらず、被害は甚大でした。

 

充分な災害対策を行う時間的余裕があったにも関わらず、大きな被害が出てしまったのは何故でしょう?

 

その理由は、高潮にあります。

 

伊勢湾台風の強風による「吹き寄せ」と、低気圧による「吸い上げ」という現象が起きたために、それまでに予想していなかった高さの高潮が発生してしまいました。

高潮

 

しかも高潮が押し寄せる方向と風向きが同じであったことから、陸地に押し寄せる高潮が加速されてしまいました。

 

このため、満潮ではなかったにも関わらず平均海面上3.89m(工事基準面からの高さは5.81m)にも及ぶ観測史上最高水位を記録し、堤防が決壊して多くの被害が出てしまいました。

 

また、当時は行政側の避難誘導や防災体制が不十分だったため、住民の台風災害に対する認識が薄く、避難勧告が行われないまま被災した人もたくさんいました。

 

台風の接近により停電が起こってしまい、重要な情報源であるラジオが使えなかったことも、避難の機会を逃す一因となりました。

 

伊勢湾台風は威力と進路を正確に予想されていたにも関わらず、戦後最大級の被害をもたらしたという点に恐ろしさを感じました…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

台風21号は伊勢湾台風と似ていてヤバイ?

さて、今回接近中の台風21号。

 

恐ろしいことに、伊勢湾台風と似ていると言われています。

 

いったいどこが似ているのでしょうか?

 

台風21号と伊勢湾台風との共通点を挙げてみます。

 

まずは、この写真をご覧ください。

台風21号

 

左が台風21号、右が伊勢湾台風です。

 

台風が秋雨前線を活発化させている天気図がそっくりです(llllll゚Д゚)ヒィィィィ

 

進路も似ています。

台風進路

 

左が台風21号、右が伊勢湾台風です。

 

さらに、接近時の勢力も似通っています。
(伊勢湾台風は上陸時の気圧929hPa、台風21号は最大で925hPa)

 

というわけで、台風21号も警戒が必要です!

 

台風21号、各地の警戒が必要な時間帯は?

気象庁による、台風21号の大雨・暴風・高波・高潮に警戒が必要な時間帯の目安は以下のとおりです。

警戒が必要な時間帯

 

沖縄

大雨と洪水、暴風が22日の昼頃にかけて。

高波は23日の夜遅くにかけて。

 

九州南部

大雨と洪水が22日夜遅くにかけて。

暴風は23日午前にかけて。

高波はこれから23日夜遅くにかけて。

 

九州北部

大雨と洪水が22日夜遅くにかけて。

暴風と高波は22日午前から23日午前にかけて。

 

四国

大雨と洪水が23日午前にかけて。

暴風は22日夜から23日午前にかけて。

高波は23日午前にかけて。

 

中国地方

大雨と洪水が22日昼ごろから23日午前にかけて。

暴風は22日夜から23日午前にかけて。

高波は23日午前にかけて。

 

近畿

大雨と洪水が23日夜遅くにかけて。

暴風は22日夜から23日午前にかけて。

高波は22日昼ごろから23日夜遅くにかけて。

 

東海

大雨と洪水が23日夜遅くにかけて。

暴風は22日夜遅くから23日夜遅くにかけて。

高波は22日夕方から23日夜遅くにかけて。

高潮は23日午前。

 

北陸

大雨と洪水が23日未明から夜遅くにかけて。

暴風は22日夜遅くから23日夜遅くにかけて。

高波は23日未明から24日の午前にかけて。

 

関東甲信

大雨と洪水が23日夜遅くにかけて。

暴風は23日未明から夜遅くにかけて。

高波は22日夕方から23日夜遅くにかけて。

高潮は23日午前。

 

東北

大雨と洪水、暴風は23日未明から夜遅くにかけて。

高波は23日未明から24日午前にかけて。

高潮は23日の午後です。

 

北海道

暴風と高波が23日午後から24日午前にかけて。

 

警戒が必要な時間帯は台風の進路や速度によって変わる可能性があります。

気象庁の最新の情報を確認してください。

 

また、台風21号の最接近時間帯と満潮時刻が重なるため、警戒が必要です。

 

以上、台風21号の伊勢湾台風の共通点や、警戒が必要な時間帯についてでした。