11月の第3木曜日に発売が解禁されるボジョレーヌーボー。

 

年に1度の解禁日を楽しみに待つ人がいる一方で、

「ボジョレーヌーボーって何?」

「他のワインとどう違うの?」

と思っている人もきっといるんじゃないかと思います。

 

そこで、ボジョレーヌーボーとはそもそも何なのか?

超ーわかりやすく解説してみたいと思います!

ボジョレーヌーボーとはそもそも何?

ボジョレーヌーボー

 

ボジョレーヌーボー(Beaujolais Nouveau)とは、ワインの1種です。

 

フランスのボジョレー地方で作られる、

ボジョレー地方地図
フランスのブルゴーニュ地区に位置するボジョレー地方はこの辺り

 

その年に収穫されたブドウから作られるワインの新酒のことです(ヌーボー=新しい、という意味)。

 

そのため、ブドウの出来栄えによって毎年味が変わります。

 

なので毎年

「50年に1度の出来栄え」

「ここ数年で最高」

「今世紀で最高の出来」

などと評価されます。

 

・・・ボジョレーヌーボーのキャッチコピー、大概どの年も褒めてますよね(笑)

 

ボジョレーヌーボーってどんなワイン?

ボジョレーヌーボー赤ワインです。

 

しかし通常の赤ワインとは違い、ボジョレーヌーボーはブドウを潰さずにタンクに漬け込んで作ります。

 

ガメイ種
ボジョレーヌーボーの原料となる「ガメイ種」のブドウ。明るい色調と豊かな酸味、さわやかな香りが特徴のワインとなる。

 

この方法(「マセラシオン・カルボニック」といいます)で作られるワインは

・渋みや苦味が少ない

・独特のバナナっぽい香り

・フレッシュな軽い味わい

という仕上がりになります。

 

このように、ボジョレーヌーボーは単なるワインの新酒というだけでなく、作り方が特殊という特徴があります。

 

フレッシュな味わいが売り物のボジョレーヌーボーなので、飲み頃はその年いっぱいくらいだと考えるのがよいでしょう。

 

ボジョレーヌーボーには何故解禁日があるの?

もともとボジョレーヌーボーは、ワイン業者がその年のブドウの出来栄えを確認するために作られたものでした。

 

しかしボジョレーヌーボーが評判となり、地元住民から近隣住民へと人気が広がったことで、まだ未完成のワインを先行して売り出す業者が現れるようになってしまいました。

 

そこでフランス政府がボジョレーヌーボーの解禁日を設定することで、未完成の粗悪なワインが売り出されることの無いようにしたのです。

 

ボジョレーヌーボーの解禁日は、現在では世界中どこでも11月の第3木曜日と決まっています。

 

当初、ボジョレーヌーボーの解禁日は11月11日でした。

 

それは11月11日がサン・マルタンの日という聖人の日であったことと、ボジョレー地方で最も収穫の早いワインができあがる時期であったことから決められました。

 

しかし11月11日がサン・マルタンの日から無名戦士の日へと変更されてしまったため、その日から一番近い聖人の日である11月15日のサン・タルベールの日に解禁日を移動しました。

 

ですが、解禁日が日曜日に当たってしまう年は売れ行きに大きな影響が出るため(フランスでは日曜日はワインショップもレストランもほとんどがお休みなので)、1984年に現在の解禁日である11月の第3木曜日へと設定されたのです。

 

ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方は?

赤ワインは通常だと常温で飲むのが美味しいとされています。

 

しかしボジョレーヌーボーはフレッシュさが売りなので、やや冷やして飲んだほうが美味しさが引き立ちます。

 

飲む1時間くらい前にボトルを冷蔵庫へ入れるのがよいでしょう。

 

よろしければこちらの記事も参考にしてください(*^^*)

ボジョレーヌーボーに合う料理は?スーパーで買えるおつまみ5選

 

以上、ボジョレーヌーボーについての超ーわかりやすい解説でした(^^)/