梅雨時に持っていくお弁当は、食中毒が心配ですよね 🙁 

弁当の写真

せっかく作ったお弁当を傷みにくくする工夫や、この時期NGな傷みやすいおかずを紹介します。

Sponsored Link

弁当を傷みにくくする7つの工夫

その1:弁当箱を酢で拭く

酢をキッチンペーパーに少し染み込ませて、弁当箱を拭くことで殺菌効果が期待できます(*^^*)

酢の代わりに、キッチン用の消毒アルコールでも大丈夫です。

こういうスプレータイプのアルコールなら、弁当箱に吹きつけてキッチンペーパーで拭き取るだけなので楽です(*^^*)

食器・調理器具の細菌除去 キッチンアルペットV400ml【D】【サラヤ 除菌 ウイルス対策 アルコール消毒 スマートハイジーン】

 

その2:熱いものはしっかりと冷ましてから詰める

炊きたての御飯は熱々を詰めた後、常温になるまで待ちます。

熱々のおかずも、常温まで冷めるのを待ってから弁当箱に詰めるようにします。

逆に「冷凍のまま入れられるおかず(例:冷凍食品)」については保冷剤代わりになるので、冷たいまま入れます

管理人は、急いでいるときや真夏には冷えたアイスノンの上に弁当箱を置いて、少しでも早く冷ますようにしています。

熱スッキリアイスノン 冷却枕【楽天24】【あす楽対応】[白元 アイスノン 氷枕 ソフトタイプ]

 

その3:おかずの汁気はよく切ってから入れる

おかずの汁気が他のおかずやご飯に染みてしまうと、そこから食材が傷み始めます。

なのでもし汁気のあるおかずを入れたい場合は、よく汁気を切ってから入れるようにしましょう。

こういった、おかずの汁気を吸い取ってくれるようなカップがあると便利です(*^^*)

(送料無料)(MART5月号掲載)お弁当カップ 汁も油も吸いとるケース(10個セット)(メール便配送不可)おかずケース

 

その4:抗菌シートを入れる

弁当用の抗菌シートが売られています。ワサビなどの抗菌成分が入っているので、お弁当のフタをする前におかずの上に載せて、それからフタをします。

お子さんの弁当には、可愛いキャラの抗菌シートを選んでもいいですね♪

抗菌シート はたらくのりもの 銀イオン 50枚入り ( キャラ弁 お弁当グッズ ランチグッズ 子供用 乗り物 )

 

その5:保冷剤を一緒に包む

お弁当を包むときに、凍らせておいた保冷剤を入れておくと傷みにくくなります。

最近では保冷剤付きの弁当箱も増えてきたので、こちらを使うのも良いと思います(*^^*)

お弁当箱 ムーミン お花畑 ふわっと弁当箱 保冷剤付き 1段 530ml キャラクター ( 弁当箱 ランチボックス 食洗機対応 ドーム型 仕切り付き 4点ロック式 スリム ふんわり弁当箱 スリム型弁当箱 MOOMIN ) 【3900円以上送料無料】

 

その6:保冷バッグに弁当を入れる

保冷バッグがあるのなら、保冷バッグに保冷剤を入れてから弁当を入れると、より安心です(*^^*)

【お洒落にコンパクトに!】Native Heartクラッチランチバッグ【お弁当箱 ランチバッグ】【保冷バッグ】【お弁当用袋】【ピクニック】 оお弁当箱_おしゃれ_ランチバッグ_バッグ_お弁当_トートバッグ 保冷バッグ おしゃれ 保冷バッグ かわい

 

その7:シソを入れる

シソの葉は抗菌作用があるだけでなく、おかずの仕切り代わりになるし彩りもいいので、どんどん使いましょう♪ 同様に、酸っぱい梅干しを入れてもOKです 😉 

Sponsored Link

梅雨時や真夏は避けた方が良いNGおかず5選

その1:ちくわやカマボコなどの練り製品

作られている時に火を通すから大丈夫かとおもいきや、傷みやすい食材の筆頭格です。暑い時期は使わないようにしましょう。

その2:しらすぼし

カルシウムたっぷりでご飯によく合うしらす干しですが、こちらも夏場は傷みやすいのでNGです。

どうしても使いたい場合は、炒って“ちりめんじゃこ”にしましょう。

その3:半熟卵

味付け玉子や卵焼きなど、普段は半熟で美味しく食べられますが、暑い時期の弁当のおかずには絶対にNGです!卵はよく火を通したものをつかいましょう!

その4:炊き込みご飯

具材や出汁の旨味を吸って美味しい炊き込みご飯ですが、暑い時期は痛みやすいので避けましょう。

その5:プチトマト

プチトマトのヘタには雑菌がたくさんついています。

お弁当に入れるときには、ヘタを取ってから洗って入れて下さいね。

 

以上、梅雨時のお弁当の注意事項でした。

お役に立てば幸いです(*^^*)

Sponsored Link