サツマイモは一年中スーパーで買うことができますが、旬のサツマイモは格別ですよね 🙂 

どうせ買うなら美味しいサツマイモを選びたい!ということで、美味しいサツマイモの見分け方選び方をまとめてみました!

美味しいサツマイモの見分け方選び方~皮が紫色のサツマイモ編

 

サツマイモ

 

サツマイモは8月頃から11月くらいまでが収穫の時期です。

 

そしてサツマイモが美味しくなるのは収穫されてから2~3カ月経った頃、つまり11月から2月頃が旬になります。

 

最近ではサツマイモもいろいろな種類が出回っています。

 

鳴門金時や紅あずま、安納芋に紫芋などなど。

 

ここではまず、スーパーでよく見かける皮が紫色のサツマイモについて、美味しいものの見分け方選び方を紹介します。

 

ここで述べる「皮が紫色のサツマイモ」とは、甘くてホクホクした食感が特徴の紅あずま(関東で人気の品種)や高系14号(中部以西や西日本で人気の品種)といった系統のサツマイモのことを指しています。

 

焼き芋で人気の安納芋(あんのういも)については、下で述べたいと思います。

 

サツマイモの形

サツマイモを選ぶときには、紡錘形(ラグビーボールの形)でよく太ったものを選ぶと良いでしょう。

 

サツマイモ

 

また、サツマイモにはヒゲ(細かい根)が生えていることがありますが、その部分のくぼみがなるべく浅いものを選びましょう。

 

くぼみが深いサツマイモは繊維質が多く、食感がイマイチです。

 

サツマイモの皮や切り口

サツマイモの皮の色が鮮やかで、シワがなくピンと張ったものを選びましょう。

 

表面に傷がついていたり、黒い斑点が出ているものは避けたほうがよいです。

 

また、サツマイモの切り口から蜜が出て黒く固まっていることがあります。

 

蜜が出ているサツマイモは間違いなく甘いです(*^^*)

 

サツマイモの煮物

 

サツマイモの重さ

サツマイモを手に取ったとき、ズッシリと重みを感じるものを選びましょう。

 

同じくらいの大きさのサツマイモだったら、重いものの方が美味しいです(*^^*)

 

 

サツマイモの見分け方選び方~安納芋編

安納芋

安納芋の形

安納芋を選ぶときは、丸みのある中くらいのものを選ぶようにしましょう。

 

サイズは大きすぎず、小さすぎないものがよいです。

 

安納芋は細いものよりも丸いものの方が甘くて美味しいです(*^^*)

 

安納芋の重さ

安納芋も他のサツマイモ同様、持ったときにズッシリと重みを感じるものの方が美味しいです。

 

 

以上、美味しいサツマイモの見分け方選び方を紹介しました。

 

もしサツマイモが美味しくなかったら、以下の記事も参考にしてください(*^^*)

 

甘くない美味しくないサツマイモはどう食べる?アレンジリメイクレシピ10選

 

秋から冬にかけて、サツマイモを楽しみましょう(^^)/