ミニストップから2月21日に発売された春スイーツの新商品を食べてみました!

ミニストップ2017春スイーツ

今年のミニストップの春スイーツは、パティスリー「デリーモ」が監修しているとのことなので、早速チェックしていきましょう!

Sponsored Link

ミニストップのパティスリーデリーモ監修新作スイーツ3種

パティスリーデリーモとは?

「デリーモ」は、赤坂と目白に店舗を構えるショコラと洋菓子のお店です(*^^*)

世界のチョコレートを知り尽くした江口和明が、そのイマジネーションをもとに世界中のショコラと洋菓子を、赤坂で気軽に食べて頂くことができるようなお店を作りたい。それがデリーモの始まりでした。 ヨーロッパで洋菓子の奥深さに魅了され、さらにカカオの虜となった江口ならではの、 素材を生かし切ることに情熱のすべてをかけるこだわりが、いま伝統ある赤坂の地元のお客様をはじめ、 デリーモの洋菓子を召し上がっていただいた多くのお客様からも、高い評価をいただけるようになりました。

ミニストップから2月21日に発売されたスイーツ3品は、チョコレートを知り尽くしたパティシエの江口氏が監修しています☆彡

早速、1品ずつチェックしていきましょう♪

ショコラティエのチョコブラウニー

 ミニストップのブラウニー

価格:160円(税込)

カロリー:店舗に在庫無く、残念ながらわからず(判明したら後日追記します)

しっとりとしたブラウニーの、半分だけをチョコレートでコーティングしています。チョココーティングのあるブラウニーとプレーンのブラウニーの両方を味わうことができるのはいいですね(*^^*)

ショコラティエの濃厚ショコラティラミス

ミニストップのショコラティラミス

価格:250円(税込)

カロリー:308kcal

ティラミスムースは何と2種類も使われてます!ティラミスといえばコーヒーの味が欠かせませんが、こちら「ショコラティエの濃厚ショコラティラミス」にはコーヒーゼリーとコーヒーシロップが使われています。チョコレートには、話題のブロンドチョコを使っているそうです。

ショコラティエのショコラモンブラン

ミニストップのショコラモンブラン

価格:280円

カロリー:302kcal

見た目の通り、ショコラのモンブランです!チョコレートの甘さは控えめになっています(*^^*) でもチョコクリームはとても濃厚で、大人の味わいです♪ 中にはパリパリしたチョコも入っています。

Sponsored Link

「デリーモ」監修スイーツを食べてみました

ミニストップの新作スイーツは「デリーモ」のパティシエが監修したとのことで、とっても気になり、早速近くのミニストップへ行ってみました!

ミニストップスイーツ売り場

ありました!
パティスリー「デリーモ」のロゴに、期待感が高まります(*^^*)

どうやら「ショコラティエのチョコブラウニー」は売り切れのようで、「ショコラティエの濃厚ショコラティラミス」と「ショコラティエのショコラモンブラン」が最後の1個でした!

残っていた最後の1個を、それぞれ購入( ̄ー ̄)ニヤリ

食レポ:ショコラティエの濃厚ショコラティラミス

まずは「ショコラティエの濃厚ショコラティラミス」から。

外観はこんな感じです。

ショコラティラミス

商品の帯の、金色がかった黄色に黒い文字で商品名が書かれているのが高級感があって、美味しさへの期待感がとても高まります(*^^*)

「ショコラティエの濃厚ショコラティラミス」を横から見ると、このような感じです。

横からショコラティラミス

ムース、コーヒー、マスカルポーネチーズが綺麗な3層になっていて、とても美味しそうです!

フタを開けると、このような感じです。

ショコラティラミス、フタなし

生クリームが絞られていて、上からココアがかけられています。ココアが生クリームの半分にだけかけられているので、色のコントラストがとてもきれいで食欲をそそります。丸いチョコレートの粒?(後で正体を解説します)が見た目のアクセントになっています。

外観を解説したところで、では実際に食べてみます☆彡

美味しい~♪♪♪

全体的にまず柔らかいです。上から下までムースと同じくらいの柔らかさ。
上に載っていたチョコレートの粒と思われたモノの正体は、コーンパフをチョコレートでコーティングしたものでした!なので、ティラミスと一緒に食すとカリカリとしたアクセントになっていて、見た目だけでなく食感のアクセントの役割を果たしているのだと分かりました!

「ショコラティエの濃厚ショコラティラミス」の中(断面図)を見てみると、このようになっています。

ショコラティラミス断面

上から、生クリーム・マスカルポーネチーズ・コーヒーゼリー&コーヒーシロップのスポンジ・ブロンドチョコのムースとなっています。甘さは全体的に控えめです。

ブロンドチョコ、私は初めて食べました!
ちなみに、ブロンドチョコとは

このブロンドチョコレートは、チョコの製造販売の仏ヴァローナが生み出した。同社のシェフがホワイトチョコを製作中、誤って焦がしてしまったのがきっかけ。そのとき偶然できた“焦げたチョコ”の色や風味にひかれ、約7年をかけて製品化にこぎつけた。特徴は黄金色にビスケットのような味わいだが、もちろん色素や風味は加えていない、れっきとしたチョコだ。「ブラック、ミルク、ホワイトに次ぐ、新たなカテゴリーとして打ち出されたのは画期的」と、伊勢丹新宿本店の洋菓子担当の川口輝彦バイヤーは話す。国内では13年に発売。「14年は前年の1.5~2倍を売り上げた」(ヴァローナジャポン)といい、認知度は徐々に高まっている。

だそうです!
キャラメルっぽいような風味で、私は言われるまでチョコレートと気づかなかったです^^;)このブロンドチョコ、「デリーモ」では店名を冠した一番人気のケーキ「デリーモ」にふんだんに使っているそうです!

ケーキ「デリーモ」
デリーモの一番人気のケーキ「デリーモ」(630円)。ムースの表面にも中にもブロンドチョコをふんだんに使用

ミニストップの「ショコラティエの濃厚ショコラティラミス」は、こんなに美味しくて税込250円だなんて、なんだかお買い得だと思いました!

食レポ:ショコラティエのショコラモンブラン

次いで「ショコラティエのショコラモンブラン」です!

外観は、このような感じです。

ショコラモンブラン

こちらもパッケージに高級感があって、美味しさへの期待感がとても高まります( ´∀`)

フタを開けると、このような感じです。

ショコラモンブランフタなし

チョコとココアのいい香り!早く食べてくれと言わんばかりです(*^^*)
持ったときにズシッと重量感があるので、濃厚さが期待できます♪♪
こちらも「ショコラティラミス」同様、丸い粒が載っていますね。

外観を解説したところで、早速食べてみます☆彡

美味しい~♪♪♪

甘さはだいぶ控えめです。「ショコラティラミス」も甘さ控えめだと思いましたが、こちらは更に甘さ控えめとなっています!そして、上に絞られているチョコクリームが濃厚でたっぷり(*^^*) スプーンを入れると、そのスプーンにズシッとチョコクリームがくっついてくる感じ…と言えば、濃厚さが伝わるでしょうか。

断面図は、こんな感じになっていますよー。

モンブランの断面

下部のカットが若干崩れてしまいました^^;)
上のチョコクリームが濃厚なので、カットして割るときの力加減を失敗してしまいまして。でもそれだけチョコクリームが濃厚だということです!
上に載っている丸い粒は「ショコラティラミス」と同じ、コーンパフをチョコレートでコーティングしたものです。中の白いクリームは生クリームで、ところどころに薄いチョコレートが入っています。このトッピングのチョコと、中のパリパリしたチョコレートが食感のアクセントになっています♪

濃厚なチョコクリームがたっぷり使われていますが、甘さ控えめなので、最後まで食べ飽きることがありませんでした(*^^*)

こちらの「ショコラティエのショコラモンブラン」も、このクオリティーで税込280円は優秀だと思います!

 

パティスリー「デリーモ」監修のミニストップ新作スイーツ、発売はおそらく期間限定だと思われますので、是非チェックしてみてください(*´ェ`*)

 

Sponsored Link