アラジンのオーブントースターで焼いたトーストは美味しい?

アラジンで焼いたトースト

オーブントースター購入にあたりバルミューダや他社製品と比較した点や、実際に使ってみての感想をお伝えします!

Sponsored Link

アラジンのオーブントースターはここがすごい!

美味しいトーストが短時間で焼きあがる!

表面は香ばしくてカリッとして、中はふんわり柔らかい・・・

自宅でこんな美味しいトーストが食べられたら幸せですよね(*^^*)

アラジンのオーブントースターが、そんなトーストの理想を叶えてくれました!

美味しいトーストが、およそ2分で焼きあがります!

トースト断面
カットしたときに切り口が若干つぶれてしまったので少々分かりづらいですが、中はふわふわもちもちです!

アラジンの公式サイトから動画をお借りしました。こちらも是非ご覧ください(*^^*)

シンプルでオシャレな作り、お手入れも楽々♪

アラジンのトースター
照明の加減でアイボリー色っぽく写っていますが、実際の色はもう少し白いです(写真左側の色合いが現物に近い)

アラジンのトースターについている「つまみ」は、「温度調節つまみ」と「タイマーつまみ」の2つだけ(*^^*)

このシンプルでオシャレな作りと、丈夫そうな外観がお気に入りです♪

トースター温度調節つまみ
温度調節つまみ
トースタータイマーつまみ
タイマーつまみ

庫内もスッキリとしていてシンプルな作りなので、お手入れも楽々です♪
(台所用洗剤を薄めた水を浸して固く絞ったふきんで拭き、仕上げに乾拭きでOK)

アラジンのトースター庫内
アラジンのトースター庫内

ちなみに外装の色は「アラジングリーン」「アラジンホワイト」の2色があります。
(動画に両方の色のトースターが映ってます、ご参考までに)

Sponsored Link

アラジンのオーブントースターは、何故美味しいトーストが焼けるのか?

トースター業界で世界初「遠赤(えんせき)グラファイト」を採用

トースターの熱源には「遠赤外線ヒーター」が使われているものが主流となっています(タイガー、象印、ツインバード、パナソニックなど)。

遠赤外線には「内部まで熱が浸透し、食材の奥までしっかりと熱が通る」という特徴があります。

アラジンのトースターは、トースター業界でいち早く「遠赤グラファイト」を熱源に採用しました。遠赤グラファイトは素早く高温になるため(加熱時間わずか0.2秒!)、パンの表面を素早く焼き固めて中の水分を逃さない焼き方ができます( ´∀`)

遠赤グラファイトの熱源で焼いているから「外がカリカリ、中はふわふわもちもち」という焼き上がりが実現するのですね(*^^*)

遠赤グラファイト
アラジンのトースターには熱源として遠赤グラファイトが使われています

実際に使ってみましたが、タイマーを入れてすぐに扉の外まで熱が伝わってきました(*^^*) 

庫内の下には石英管ヒーターが使われています。2種類のヒーターを使うことで、焼きムラを制御できるのだそうです。

 

冷凍食パンもお手の物

遠赤グラファイトで素早く高温で焼き上げるので、冷凍食パンも凍ったままでトーストできます!

冷凍食パン2枚をトーストしてみました(*´ェ`*)
ちなみに温度設定は最大の280℃にしています。

冷凍食パントースト前
どちらも冷凍の食パン。右はスライスチーズを載せています

加熱から1分経過したところ。

冷凍食パントースト1分後
扉の内部が水蒸気で曇ってきました

加熱から2分が経過したところ。

冷凍食パントースト2分後
左側の何も載せてない食パンの表面に薄っすらと焼き色がつきはじめました

加熱からまもなく3分。右側のスライスチーズがグツグツしてきました(*^^*)

アラジンで焼いたトースト

そして、こちらが冷凍食パンをアラジンのトースターで3分トーストした結果です。

冷凍食パントースト3分

左側の何も載せてない食パン、むらなく均一の焼き色がついています(*^^*)

右側はスライスチーズを載せたので焼き色は控えめですが、チーズがとろける焼き上がりになりました♪

トーストした食パンの裏面は、こんな感じです。

トースト裏面

他者のトースターとの比較

家電メーカー各社からトースターが発売されていますが、今回は

  • アラジン
  • バルミューダ
  • シロカ

の3社のトースターについて比較をしてみたいと思います。

アラジン グラファイトトースター

>【送料無料】アラジン グラファイトトースター アラジンホワイト AET-GS13N(W) [AETGS13NW]

 

価格:トースト2枚が焼けるサイズで1万円前後

本体の色:アラジングリーン、アラジンホワイト

手入れ方法:拭くだけ

特徴:クラシカルなデザイン、遠赤グラファイト使用で短時間&高温での焼き上げ

公式動画:

 

バルミューダ The Toaster

>送料無料 バルミューダ トースター正規品 P5倍 バルミューダ ザ・トースター BALMUDA The Toaster K01E ( 2017年春発売モデル )おしゃれ オーブントースター スチーム オーブン◇バルミューダトースター 白 黒 plywood

 

価格:およそ2万3千円

本体の色:ブラック、ホワイト

手入れ方法:必要に応じ、給水パイプやボイラーカバーの手入れをする

特徴:少量の水を入れて焼くことで、中の水分を閉じ込めて焼ける。焼き加減のモードに「チーズトースト」「フランスパン」「クロワッサン」がある

公式動画:

シロカ(siroca)ハイブリッドオーブントースター

>【あす楽】 シロカ siroca ハイブリッドオーブントースター 特別セット ST-G111-PL(W) ホワイト

 

価格:およそ2万4千円

本体の色:ブラック、ホワイト

手入れ方法:拭くだけ

特徴:グラファイトヒーターの瞬間発熱と熱風循環を組み合わせた新しい加熱方式

公式動画:

 

「アラジン」のトースターを、高級トースターの先駆けと言われる「バルミューダ」、熱源にグラファイトを使用している点が共通している「シロカ」と上記で比較してみました。上記3種なら、値段が最も手頃で手入れの楽な「アラジン」に私は軍配を上げます(*^^*)

アラジンのトースターで焼いたトーストは美味しい?実食レポ!

はい、アラジンのトースターで焼いたトースト、美味しかったです!

トースト
6枚切食パンをアラジンのトースターで3分焼くとこんな感じ

これまで使用していたトースターとの比較になりますが、まずは表面だけを薄くカリッと焼き上げる点が優れています(*^^*)

表面をむらなく焼き上げるので、どこを食べても美味しい(*´ェ`*)

トーストの中は、まるで焼いてないときみたいにふわふわもちもち!

いえ、むしろ焼く前よりもふわふわもちもち感がアップした気すらします!

ご飯だって、温め直すと柔らかくなりますよね?

アラジンのトースターで焼いたトーストも、そんな風に中の柔らかさがアップするんです!

正直、トースターを変えただけでいつもの食パンのトーストがここまで変わるとは思っていませんでした。

家族の感想は「パンがいつもより甘く感じる」「美味しい」と、とても好評(*^^*)

パンがいつもより甘く感じる、という家族のコメントですが、これはアラジンのトースターでトーストしたことにより、パンの素材(小麦粉や砂糖など)の美味しさが最大限に引き出されたのかな~と思います。

熱々焼きたてのトーストにバター(マーガリン)を塗って食べる、シンプルだけどそれが最高のご馳走に思えました!パン好きにはたまりません(*^^*)

オーブントースター買い替え・買い足しの機会に、「アラジン」のトースターはオススメです!

Sponsored Link