日本には古来から十五夜(中秋の名月)に月を眺めて楽しむ「月見」という風習があります。

ススキを飾って月見団子を食べるのは秋の風情がありますよね。

月見をする意味や由来、子供が喜ぶ月見の献立など、まとめてみました。

月見の由来や意味はどこから来ているの?

月見は、主に旧暦の8月15日(八月十五夜)に行われます。

月見

十五夜がいつになるかは毎年ばらつきがあり、

・2017年は10月4日

・2018年は9月24日

・2019年は9月13日

・2020年は10月1日

となっています。

 

日本で「宴」として月見が行われるようになったのは平安時代からだと言われています。

 

中国で行われていた月見の宴の風習が、遣唐使を通して日本に持ち込まれたのが「月見」の由来となっています。

 

当時の月見はは貴族の宴といった意味合いが強く、一般庶民が行う行事ではありませんでした。

 

今日のような月見の風習になったのは、江戸時代からだと言われています。

 

月見をする意味は、

・収穫の感謝や豊作祈願

・秋の美しい月を観賞

という点が挙げられます。

 

秋は米や芋などの実りの時期です。

農作物の豊作を祈願し、既に収穫を終えたものについては実りを感謝する、月見はそういった意味合いのある儀式なのです。

 

また、中秋の名月の頃は一年のうちで最も空が澄んで月が美しく見える時期です。

そのため秋の月を眺めて楽しむための行事として「月見」になったと考えられます。

 

月見に団子やススキを飾るのは何故?

月見飾り

 

十五夜の月見には、団子を供えてススキを飾る風習があります。

 

月見団子を供えるのは、月が信仰の対象となっていて“月に捧げる”という意味合いがあります。

 

お米の粉を使って月に似せた団子を作って供えることで、その年の豊作祈願や収穫への感謝を月に対して行なっているのです。

 

月見団子の形は、地域によっては丸ではなく芋型などの違う形をしています。

 

またススキを飾るのは、ススキの形が稲穂に似ていることからです。

 

地域によってはススキではなく本物の稲穂を供える地方もあります。

 

月見の日はどんな献立にする?子供が喜ぶメニュー3選

月見には団子を飾って食べるのもいいですが、せっかくなので月見にちなんだ献立にしてみてはいかがでしょうか(*^^*)

 

子供が喜びそうな月見の献立をクックパッドの中から紹介します☆彡

 

お月見ハンバーグ

月見ハンバーグ

 

Cpicon かわいい♪お月見ハンバーグとウサギご飯 by ronmike

 

月見マヨ焼きカレー

月見マヨ焼きカレー

 

Cpicon リメイク簡単美味しい◎月見マヨ焼きカレー by TWOHEARTS

 

お月見ゼリー

お月見ゼリー

 

Cpicon 材料3つ!真ん丸の桃DEお月見ゼリー☆ by ☆kazuyo☆

 

以上、月見の由来や意味、子供が喜ぶ献立についてでした(^^)/