多摩川花火大会を川崎市側から見たい方に、他ではあまり紹介されていないオススメの穴場スポットを紹介します!

日程や最寄り駅、食料の買える場所も併せてご紹介しますので、参考にしてください(^_-)-☆

多摩川花火大会2017について

多摩川花火大会とは?

花火大会

多摩川花火大会は、東京都世田谷区で開催される「世田谷区たまがわ花火大会」と、神奈川県川崎市で行われる「川崎市制記念多摩川花火大会」の両方を指します。

どちらも同じ日程で開催され、それぞれの会場が多摩川を挟んで6000発ずつの花火を打ち上げるので、合計12000発もの花火を楽しむことが出来ます(*^^*)

日程は?

2017年の多摩川花火大会は、8月19日(土)19:00~開催となっています♪

打ち上げの場所は?

多摩川花火大会の川崎会場は、以下の場所となっています。

川崎市高津区諏訪2丁目14-16

最寄り駅は東急田園都市線の二子新地駅ですが、毎年大変混雑します(前年度の人出は約19万人)。

川沿いであれば少し離れていても花火を見ることが出来るので、打ち上げ会場から離れた場所で座っての観覧はいかがでしょうか?

多摩川花火大会観覧にオススメの穴場スポット

私のオススメは、JR南武線の「武蔵中原」駅から川沿いに出る方法です!

オススメポイントその1:食料の調達が容易

武蔵中原駅には駅直結のショッピングセンター「ビーンズ」があります。

ここでお惣菜やオツマミを買い込んで花火大会に行くことができます!

花火鑑賞のお供で私のイチオシは「日本一」(←店名です)の焼き鳥や「東方紅」の中華料理(餃子など)♪ 「スーパーマーケットFuji」で飲み物や乾き物を買うのもオススメです☆彡

また、武蔵中原ビーンズにはトイレがあるので、花火観覧前のトイレスポットとしてもオススメです(1階と2階にトイレがあります)。

オススメポイントその2:駅前からバスが出ている

武蔵中原駅から多摩川沿いまで歩くと25分~30分くらいかかります。

川崎市バスの「小杉駅」(杉40系統)行きのバスが1時間に2~3本出ているので、バスを利用すれば10分位で多摩川沿いに出ることが出来ます(片道は現金で大人210円・小児110円)。

最寄りのバス停:上河原(かみがわら)・・・中原駅前から5つめ

コンビニに近いバス停:蔵前(くらまえ)・・・中原駅前から4つめ

バス路線図

バス停「蔵前」で下車すると、すぐ近くにセブンイレブンがあります。

多摩川花火大会のときのこちらのセブンイレブンは、花火鑑賞のお供にピッタリの食べ物や飲み物をたくさん取り揃えているのでオススメです(*^^*)

「上河原」で下車すれば、歩いてすぐに河原に出ることができます。

オススメポイントその3:河原は開放感があって気持ちいい!

私のイチオシポイントである、武蔵中原駅から向かう多摩川の河原沿いも、実はそこそこ混雑します。

でも二子新地ほどの混雑ではないので、河原沿いに座って飲食しながら花火鑑賞をしたい人にはオススメです。

それに、河原は広いので、人出の多さは気にならないと思います(*^^*)

ただし、帰りに河原から出ようとするときだけは大混雑しますので、そこだけは辛抱が必要かもしれません。

河原沿いにレジャーシートを敷いての場所取りは、場所を選ばなければ18:30到着でも間に合います!

余裕を持って場所を取りたい、のんびりと河原沿いで飲食を楽しみたいというのであれば、開始1時間前の18時くらいに到着すればOKです。

花火大会中はみんな座っているので、他の人にギュウギュウ押されながら見ることもないので、子連れのファミリーには特にオススメです(*^^*)

 

以上、多摩川花火大会の穴場スポットのご紹介でした!