香典袋に名前を書くときは薄墨を使いますが、喪中はがきも薄墨を使って書くべきなのでしょうか?

縦書きか横書きか、ふさわしい筆記用具なども気になりますよね。

喪中はがきの書き方について、まとめてみました。

喪中はがきの宛名は薄墨と黒色どちらがいい?

書道セット

 

喪中はがき宛名を書くときは、黒の筆記用具で大丈夫です。

 

お葬式のときの香典袋に薄墨を使うので、「不祝儀は薄墨を使う」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

実は、薄墨を使うのは、お通夜や告別式の香典袋だけです。

 

そもそも薄墨とは、

「悲しみの涙で墨がにじんで薄くなってしまった」

「急な不幸で墨を磨る(する)時間がなく、慌てて薄墨のまま書いた」

という意味があります。

 

なので、きちんと準備をする時間のある法事喪中はがきには、墨を磨る時間があるという意味から黒い色を使うべきなのです。

 

なかにはプリンターの設定で宛名印刷に「薄墨」を選べるものもあります。

 

しかし個人的には上記理由から、喪中はがきの宛名印刷は普通の黒色で大丈夫だと考えます。

喪中はがきの本文は薄墨と黒色どちらがいい?

喪中はがきの本文薄墨・黒色どちらでも大丈夫です。

 

喪中はがきの印刷業者の見本にも、薄墨と黒色の両方の記載があります。

 

例えば、以下に挙げた業者も薄墨と黒色の両方のデザインを用意しています。

 

 

どちらでも、好みの方を選ぶとよいでしょう。

 

喪中はがきに適したフォントは?

喪中はがきを自分で印刷する場合、どのフォントにしたらよいか迷うことがあるかもしれませんね。

 

喪中はがきは改まった挨拶状ですので、フォント(書体)を選ぶときには

・明朝体

・行書体

・楷書体

などの、丁寧な印象を与えるものがふさわしいでしょう。

 

喪中はがきの宛名書きはどの筆記用具を使えばいい?

喪中はがきの宛名を手書きする場合、筆記用具はどのようなものを使えばいいでしょうか。

 

喪中はがきの宛名書きにふさわしいのは、黒色のペンです。

 

一番丁寧だと感じられるのは筆(筆ペン)です。

 

ボールペンは略式の筆記用具とみなされるため、改まった挨拶状である喪中はがきには避けておいたほうが無難でしょう。

 

どうしてもボールペンを使いたい場合は、なるべく万年筆に近い書き味のペンを選ぶとよいでしょう。

 

喪中はがきの宛名は縦書き?横書き?

喪中はがきに限らず、ハガキの宛名は

 

・本文が縦書きならば宛名も縦書き

 

・本文が横書きならば宛名も横書き

 

とします。

 

喪中はがきの見本には今では横書きの本文もありますが、昔からの流れでいくとまだまだ縦書きの方が主流といえそうです。

 

特に年配の方は、横書きの喪中はがきには違和感を感じることもあるかもしれません。

 

宛名、本文ともに縦書きがよいか横書きがよいか決めかねる場合は、縦書きにしておいた方が無難でしょう。

 

 

以上、喪中はがきの書き方についてまとめてみました。

よろしければこちらも参考にしてください。

 

喪中はがきはいつまでに出す?送るタイミングや範囲をチェック

喪中はがきを受け取ったらどうする?返信の文例などマナーをチェック

喪中はがきの送料は52円?62円?喪中はがきをどこで買うかもチェック