近親者の不幸が1年以内にあった場合、亡くなったことと翌年の新年の挨拶を遠慮することを知らせるために出すのが「喪中はがき」です。

喪中はがきはいつまでに出せばよいのでしょうか?

喪中はがきを投函するタイミングや、送る範囲についてまとめてみました。

喪中はがきはいつまでに出す?

仏花

 

近親者が亡くなった場合に、故人の冥福を祈り行動を慎むことを「服喪(ふくも)」「喪に服す」といいます。

 

服喪期間は四十九日を終えてから、故人との関係により半年~1年くらいです(故人とのつながりが深いほど長い)。

 

服喪期間中はきらびやかなお祝い事は慎むため、正月飾りやおせち料理、初詣、年始の挨拶などはしません。

 

喪中はがきは、「私は喪に服しているため新年の挨拶を遠慮します」ということを相手に伝えるために出すものです。

 

一般的に、年賀状を用意するのは11月の中旬~12月の下旬になりますので、相手がこちら宛の年賀状を用意するよりも先に喪中はがきが届くようにしなくてはなりません。

 

ですので、喪中はがきは11月中旬までに届くように出すのがよいでしょう。

 

遅くとも、12月初旬までには出したいものです。

 

かといって、あまり早くから喪中はがきを出すのも考えものです。

 

相手が喪中はがきが届いていたことを失念してしまうかもしれないですし、用意周到すぎる印象を与えかねません。

 

年賀状の発売日が毎年11月1日ですので、早めに出すとしても11月頭に着くようにするのがよいでしょう。

 

12月に近親者が亡くなった場合はどうする?

もし12月中に近親者が亡くなった場合、喪中はがきを出すタイミングはどのようにすればよいでしょうか。

 

この場合は、12月中旬までであれば喪中はがきを出すのが良いでしょう。

 

12月中旬以降に不幸があった場合は、喪中はがきは出さずに年明け(1月7日以降)に寒中見舞いを送りましょう。

 

そして寒中見舞いの中で近親者が亡くなったことに触れ、喪中欠礼のお詫びをすれば大丈夫です。

 

喪中欠礼の対象となる近親者の範囲は?

喪に服すべき近親者の範囲とは、いったいどこまでの親族が対象となるのでしょうか?

 

これは、通常では「2親等」までです。

 

・0親等

配偶者(夫・妻)

 

・1親等

両親(父・母)

配偶者の両親(義父母)

子供

子供の配偶者

 

・2親等

兄弟姉妹

兄弟姉妹の配偶者

配偶者の兄弟姉妹

祖父母

配偶者の祖父母

孫の配偶者

 

尚、祖父母や配偶者の兄弟姉妹などの2親等については喪中にする人としない人があるようです。

 

どこの親族までを喪中の範囲とするか、最終的には故人に対する自分の思い周囲の慣習(例えば“職場では祖父母の不幸時には喪に服すのが通例”、など)で決定します。

 

喪中はがきをを送る相手は?どこまで出せばいい?

喪中はがきをどこの範囲まで出せばよいか、というのは決まりはありません。

 

しかし、喪中はがきは「喪中欠礼」を知らせるためのものであることから、一般的には普段から年賀状をやりとりしている相手に送ることになっています。

 

 

以上、喪中はがきを出すべき時期と範囲についてでした。

よろしければこちらも参考にしてください。

 

喪中はがきを受け取ったらどうする?返信の文例などマナーをチェック

喪中はがきの宛名や本文は薄墨で書く?縦書き?フォントや筆記用具もチェック

喪中はがきの送料は52円?62円?喪中はがきをどこで買うかもチェック