ますはじめに、九州で豪雨の被害に遭われた皆様、心よりお見舞い申し上げます。

災害時に使うことのできる「災害用伝言ダイヤル」というものがあるのをご存知ですか?

災害が起こった地域の人達の安否を確認するために、NTTが一定期間メッセージの録音を保管しておいてくれるサービスです。

「災害用伝言ダイヤル」の詳細や使い方をまとめてみました。

災害用伝言ダイヤルとは?

ヘルメットをかぶった女性

地震や火山噴火などの災害が発生したときに、みんなが一斉に被災地へと電話をかけたりすると、通信量が増加して電話が繋がりにくくなったりしますよね。

災害用伝言ダイヤルとは、こういった場合にNTT東日本・西日本が提供を開始するサービスです。

番号は「171」ですいない、と覚えると良いでしょう。

災害用伝言ダイヤルはいつ使えるのか?

災害用伝言ダイヤル(171)はいつでも使えるわけではありません。

災害が起きた時にだけ、被災地を伝言登録エリアとして使えるようになっています。

どの地域が伝言登録エリアに選定されるかは、NTTの判断によって決まります。

・災害用伝言ダイヤル(171)提供速報

それとは別に、災害時以外にも災害用伝言ダイヤル(171)を体験できる「体験利用日」というのが以下の通り設けられています。

・毎月1日、15日 0時~24時

・正月三が日(1月1日0時~1月3日24時)

・防災週間(8月30日9時~9月5日17:00)

・防災とボランティア週間(1月15日9時~1月21日17時)

災害用伝言ダイヤルが使える電話は?

災害用伝言ダイヤル(171)は、加入電話、INSネット、公衆電話、ひかり電話、ドコモの携帯電話から利用ができます。

※INSネットとひかり電話は、ダイヤル式電話では利用できません

※auとsoftbank、その他の通信業者については調べてみたのですが分かりませんでした 😥 

災害用伝言ダイヤルの通信料は?

伝言の録音と再生を行うためのセンター利用料は無料となっています。

また、通信料については、NTT東日本・西日本の電話サービスを利用した場合は無料となっています。

他の通信業者や、携帯電話からの利用料については調べてみたのですが分かりませんでした(通信料がかかる可能性があります)。

災害用伝言ダイヤルの使い方は?

災害用伝言ダイヤル(171)の使い方を分かりやすくまとめた動画があります。

 

以上、災害用伝言ダイヤル(171)についての詳細と使い方でした。

災害は起こらないに越したことはありませんが、いざという時のために体験日に災害用伝言ダイヤル(171)の練習をしてみるとよいと思います(*^^*)