NHK紅白歌合戦を会場で観覧したい場合、観覧募集に応募する必要があります。

2017年の紅白歌合戦の観覧募集はいつからいつまで?応募の方法は?

当たるコツもあれば知りたい!ということで、調べてみました。

紅白歌合戦2017を観覧したい!

紅白歌合戦

 

NHK紅白歌合戦は、毎年12月31日の大晦日に開催されています。

 

会場は東京・渋谷にあるNHKホールです。

 

2017年の「第68回NHK紅白歌合戦」は、「夢を歌おう」がテーマになりました。

 

さてこの紅白歌合戦、生で観覧したいと思っている方も多いと思います。

 

観覧の募集の時期や応募方法は以下のとおりです。

 

紅白歌合戦2017観覧募集時期はいつからいつまで?

紅白歌合戦

第68回NHK紅白歌合戦の観覧募集はすでに始まっています!

 

募集開始は10月5日(木)

 

募集締切は10月24日(火)必着です。

 

※締切の日が「消印有効」ではなく「必着」な点に注意してください。

 

つまり、24日には届いていないといけないのです。

 

では、応募はどうやって申し込みすればいいのでしょうか?

 

紅白歌合戦2017観覧への応募方法は?

郵便局

NHK紅白歌合戦を観覧したい場合の申し込みは、郵便往復はがきで行います。

 

紅白歌合戦の観覧は無料ですが、条件として「受信料をお支払いくださってる方」が対象となっていますので注意してください。

 

また当日に申込者の本人確認がありますので、申し込みは来場する人の名前で行いましょう。

 

郵便往復はがきへの、申し込み記入方法は以下のとおりです。

 

「往信用表面」には、NHKの宛先を記入します。

宛先:〒119-0362 NHK「紅白歌合戦」公開係

 

「往信用裏面」には、申し込みをする人の郵便番号・住所・名前・年齢・電話番号を記入します。

 

「返信用表面」には、申し込みをする人の郵便番号・住所・名前を記入します。

(「往信用裏面」で記入した郵便番号・住所・名前と同一のものを記入します)

 

「返信用裏面」は抽選結果が印刷されるため、何も記入しません

(紙やシールの貼り付け、修正液の使用はご遠慮くださいとの注意書きがあります)

 

応募の結果はいつ頃わかる?

観覧応募に申し込みをして、結果が返送されてくるのは12月上旬の予定となっています。

 

ちなみに昨年2016年は、12月3日頃から抽選結果のツイートが出回りました。

 

めでたく当選すると入場整理券が送られてきます(・∀・)

 

入場整理券1枚につき、2人までの入場が可能となっています。

(1歳以上から入場整理券が必要です)

 

紅白歌合戦の応募、当たるコツはある?

大黒天

 

紅白歌合戦の観覧応募ハガキは、毎年厳正に抽選されます。

 

応募ハガキには1枚ずつ番号が振られます。

 

当選番号は宝くじと同様に、1桁ずつクジ引きで決められます。

 

そしてハガキに振られた番号と当選番号が同じなら、めでたく当選というわけです。

 

よく、雑誌などの懸賞応募で当たりやすいコツとして

「イラストを添える」

「雑誌の内容を褒める」

などというのがありますが。

 

紅白歌合戦の場合は機械的に当落が決定するので、それは無意味だということが分かります。

 

ちなみに2016年の応募総数は991,306通だったそう 😯 

 

抽選に当たる倍率は、およそ922倍でした。

 

なので当たるコツとしては、

とにかくたくさんハガキを出す

ということに尽きると思います!

 

あと、応募に際しての条件を満たしていることが大前提となるので注意してください。

 

具体的には、

・NHKの受信料を払っている

・記載事項をきちんと記入している(記入面を間違えないように注意☆彡)

・締切に間に合っている

の3点が大事です!

 

更に付け加えるならば、今年2017年は郵便はがきの送料が値上げしています。

 

往復ハガキは1通あたり124円となりました。

 

もし以前の(104円の)往復ハガキを使用して応募する場合は、表面と裏面にそれぞれ10円切手を貼っておかないと料金不足で戻ってきてしまうので注意が必要です。

 

あと、往復ハガキは中央を折ってから投函しないと「定形外郵便」とみなされるので、投函前には必ず中央を折るようにしましょう。

 

※もしNHKの受信料を払っていないのに観覧応募ハガキを送ると、そのハガキが受信料のお願いに使われるかもしれません(NHKのHPにその旨の記載あり)

 

 

以上、紅白歌合戦2017観覧応募についてでした(^^)/