喪中はがきが届いた場合、どのようにしたらよいでしょうか。

返事は書いたほうがいい?年賀状は出してはいけない?など、気になることがいろいろあると思います。

喪中はがきを受け取った場合の対応方法をまとめてみました。

喪中はがきを受け取ったらどうする?

菊

 

喪中はがきを受け取った場合、まず気になるのは「返事は出したほうがよい?」という点かと思います。

 

喪中はがきの送り主や故人との関係にもよりますが、一般的には喪中はがきに返信はしなくてもよいとはされています。

 

しかし送り主や故人と特別に親しい場合、喪中はがきを受け取ってすぐに「喪中見舞い」で慰めの言葉を送るのが定番となりつつあります。

 

また、喪中見舞いは送らなくても、年賀状がなくて寂しい年末年始を送ることになる相手を気遣って「寒中見舞い」を送るのもありです。

 

喪中見舞い

喪中見舞いとは、喪中はがきを受け取ってすぐにご遺族に送る返信のことです。

 

故人を悼み(いたみ)、喪に服しているご遺族を慰めるという意味があります。

 

寒中見舞いが松の内(1月7日)を過ぎてから出すのに対して、喪中見舞いは時期にとらわれずにすぐに気持ちを伝えることができます。

 

喪中見舞いを出す場合、「故人が亡くなられたことを喪中はがきで初めて知った場合」と「故人が亡くなられていたことを既に知っていた場合」によって書き方のポイントが少し異なります。

 

不幸があったことを喪中はがきで初めて知った場合

この場合は、

・喪中はがきをいただいたお礼

・ご不幸を知らずにいたことのお詫び

・お悔やみの言葉や励まし

・こちらからも新年の挨拶は遠慮させていただく

という旨を伝えることがポイントとなります。

 

文例

この度はご丁寧なご挨拶状をありがとうございました

ご挨拶状を拝見して初めて◯◯様(例:お母様)のご逝去を知りました

存じ上げず失礼いたしましたことをお許し下さい

お悔やみが遅れましたことをお詫び申し上げますとともに

◯◯様のご冥福を心よりお祈り申し上げます

服喪中でいらっしゃいますので新年のご挨拶を控えさせていただきます

お気を落とされているかと存じますが

厳寒の折、どうぞお体をお大事にお過ごしくださいますようお祈り申し上げます

 

文例

この度はご丁寧なご挨拶状をありがとうございました

お悔やみ申し上げますとともに◯◯様のご冥福を心よりお祈り申し上げます

服喪中でいらっしゃいますので新年のご挨拶を控えさせていただきます

どうぞお体に気をつけて新しい年をお迎えください

 

不幸があったことを知っている場合

この場合は、

・喪中はがきをいただいたお礼

・寂しい新年を迎えることの慰めと励まし

・こちらからも新年の挨拶は遠慮させていただく

という旨を伝えることがポイントとなります。

 

文例

ご丁寧なご挨拶状をいただきありがとうございます

◯◯様がご逝去されて△カ月となり

慌ただしさも一段落つかれた頃かと存じます

とはいえまだまだお寂しい毎日をお過ごしなのではないかと拝察いたします

服喪中でいらっしゃいますので新年のご挨拶は控えさせていただきますが

どうぞお体にお気をつけて新しい年をお迎えになられますようお祈り申し上げます

 

お供えの品物を贈る場合

喪中見舞いと一緒にお供えの品物を贈る場合もあります。

 

お供えの品物に選ぶものとしては線香が一般的なようですが、中には仏壇を置いていないケースや火事などが心配で線香を焚かないケースもあるようです。

 

そこでオススメしたいのが、「花とみどりのギフト券」です。

 

こちらでしたら「好きだったお花をお供えください」という気持ちを込めることができますし、先方に好きなお花を選んでいただけるのでよいと思います。

 

寒中見舞い

寒中見舞いは、寒さが厳しくなった時期に相手を気遣うための時候の挨拶状です。

 

寒中見舞いを送る場合は、松の内(元日から1月7日。地方によっては1月15日)を過ぎてから届くように投函します。

 

寒中見舞いは喪中見舞いと違い、自分が喪中のときにも出すことができます。

 

また、喪中の相手を気遣って年賀状代わりに寒中見舞いを送るケースが多いです。

 

文例(自分が喪中の場合)

寒中お見舞い申し上げます

服喪中に付き年頭のご挨拶を控えさせていただいておりました

旧年中に賜りましたご支援に深く感謝いたしますとともに

本年も変わらずお付き合いの程よろしくお願い申し上げます

 

文例(相手が喪中の場合)

寒中お見舞い申し上げます

寒さが厳しくなって参りましたがお変わりはございませんでしょうか

ご服喪中と伺い年始のご挨拶は控えさせていただきました

今しばらくは寒さも続くかと思われますので

どうぞお体を大切にお過ごしください

 

喪中の相手に年賀状を出してもいい?

喪中はがきとは、以下の記事

 

喪中はがきはいつまでに出す?送るタイミングや範囲をチェック

 

でも記載しましたが、

 

「近親者が亡くなったことと翌年の新年の挨拶を遠慮することを知らせる」ための挨拶状です。

 

そのため、あくまでも「年賀欠礼」の挨拶であり、本来は年賀状を送っても差し支えはありません。

 

実際、「私共は新年のご挨拶は控えさせていただきますが、皆様におかれましてはどうぞ新年の近況をお知らせいただければと思います」というように、喪中にも関わらず年賀状を歓迎する旨の記載のある喪中はがきもあります。

 

しかし故人を偲ぶ期間中に「おめでとう」と書かれた年賀はがきを送ることはためらわれるものです。

 

そのため、喪中はがきをもらった相手には年賀状を出すことを控えるのが一般的となっています。

 

もし相手が喪中であることを知らずに年賀状を出してしまった場合は、後からお詫びとお悔やみの書状を出すようにしましょう。

 

以上、喪中はがきを受け取った場合のマナーについてでした。

よろしければこちらも参考にしてください。

 

喪中はがきはいつまでに出す?送るタイミングや範囲をチェック

喪中はがきの宛名や本文は薄墨で書く?縦書き?フォントや筆記用具もチェック

喪中はがきの送料は52円?62円?喪中はがきをどこで買うかもチェック