2017年の6月1日から、郵便料金改定でハガキの送料が52円から62円に値上げされました!

でも年賀はがきは送料52円のままで据え置きなのはご存知でしたか?

じゃあ、喪中はがきの送料はいったいいくらなのでしょう?

喪中はがきの送料や、喪中はがきが買える場所についてまとめてみました。

喪中はがきの送料はいったいいくら?

疑問に思う人

 

日本郵便は2017年6月1日に、郵便はがき・定形外郵便物・ゆうメールの料金を変更しました。

 

これにより、今まで通常はがきの送料が52円だったところ、送料62円となりました。

 

しかし、年賀はがきの送料は52円のまま(※)で変更はされません。

 

12月15日から1月7日までに差し出される、日本郵便が発行する年賀はがき、または通常はがきの表面に「年賀」の文字を朱文字で記入したものに限る)

 

では、喪中はがきの送料はいくらなのでしょうか?

 

調べたところ、

喪中はがきとして差し出されるものについては、通常はがきと同じ62円です

とありました(日本郵便Q&Aより)。

 

よって、喪中はがきの送料は62円です。

 

喪中はがきはどこで買える?

喪中はがきは郵便局でも購入することが出来ます。

 

例年、本文(裏面)に挨拶文や絵柄が印刷されているものが5枚1パックで販売されています。

 

郵便局の他、文房具店や量販店、コンビニなどでも本文印刷済の喪中はがきを買うことができます。

 

たいてい、3~5枚で1パックという形で売られていると思います。

 

しかし印刷済みの喪中はがきを購入するときに注意したいのは、故人の名前や享年などは印刷されていないという点です。

 

そのため、故人の情報は手書きで書き足すか、もしくはそのまま喪中欠礼の挨拶文だけで投函することになります。

 

自分で喪中はがきを用意したい場合は?

自分で喪中はがきを印刷したい、あるいは手書きしたいという場合は、郵便局に行って弔事用のハガキを購入するという方法があります。

 

喪中はがき

 

(弔事に限定されたハガキではないのですが、通常はがきよりも切手部分の色味が落ち着いていることから、こちらを好んで使う人が多いです)

 

「弔事用(ちょうじよう)のハガキをください」

「喪中はがきに使えるハガキをください」

といえば、こちらのハガキを用意してくれるはずです。

 

また、私製はがきに弔事用切手を貼って投函することもできます。

 

こちらも、郵便局の窓口で

「弔事用切手をください」

「喪中はがき用の切手をください」

といえば、用意してくれます。

 

自分で喪中はがきを用意するのが大変だという場合は、印刷業者に依頼するという方法もあります。

 

印刷業者に頼んだ場合は仕上がりがきれいですし、故人の名前やこちらの住所氏名も印刷してくれるので楽です。

 

気になる印刷料金ですが、早めに依頼すれば割引がある業者が多いですし、印刷枚数が多い場合は印刷済みのハガキを買うよりもむしろ割安になることもあります。

 

なので印刷業者も一度チェックしてみるとよいでしょう。

 

 

以上、喪中はがきの送料やどこで買うかについてでした。

よろしければこちらも参考にしてください。

喪中はがきはいつまでに出す?送るタイミングや範囲をチェック

喪中はがきを受け取ったらどうする?返信の文例などマナーをチェック

喪中はがきの宛名や本文は薄墨で書く?縦書き?フォントや筆記用具もチェック