暑いときに心配なのが「熱中症」ですよね。

家庭や職場などでは適切に冷房を使用したり、こまめな水分補給をしたりなどして対策は取っていると思うのですが、暑い時期の外での作業や部活動など続けていると体調を崩してしまうこともあるかもしれません。

そこで「熱中症」とはどのような症状なのか、熱中症対策に効果的な食べ物などを調べてみました。

熱中症とは?

熱中症でダウンした男性

熱中症とは、暑い環境の中での運動や作業などを無理に続けたときに起こる症状の総称です。

その中でも重症なものを熱射病日射病と呼びます。

人間の身体は本来、暑いときには汗をかいて体温を下げようとするのですが、気温が体温以上のときや湿度が高いときには汗をかきづらく、熱中症に陥る危険性があります。

熱中症の症状は?

ぐったりした鳩

熱中症の症状には、以下のようなものがあります。

・めまい、顔のほてり→体温が上昇している可能性

・手足の筋肉がつる、筋肉痛、筋肉のけいれん→身体のミネラルバランスの崩れ

・身体がだるい、吐き気がする

・汗が止まらない、もしくはまったく汗をかいていない

・体温が高く、皮膚を触ると熱い、皮膚が赤く乾燥している

・意識がおかしい、まっすぐ歩けない、自力で水分補給ができない→すぐに救急車を呼んで病院へ!

熱中症は重症化すると体温が40度を超えてしまい、死に至る危険性があります。

なので「熱中症かもしれない」と思ったときには、できるだけ初期の症状のうちに対処しましょう。

万が一重症化してしまったときには、自分でなんとかしようとせず、すぐに救急車を呼んで医療機関を受診して下さい。

熱中症の対策方法

水分補給をする男性

熱中症にならないようにするためには、普段の睡眠や食事の質を程よく保ち、熱中症になりにくい体作りをしましょう。

万が一熱中症の症状が現れてしまったときには、

・涼しいところで休む

・衣類がキツい場合はゆるめる

・水分と塩分の補給(経口補水液のOS1やスポーツドリンクなど)

・大きな血管のある部位(首筋や脇の下など)を氷のうなどで冷やす

といった対策を取りましょう。

自力で水分補給ができない、意識がもうろうとしているなどといった場合は重症ですので、すぐに救急車を呼んで医療機関を受診して下さい。

熱中症予防に効果的な食べ物は?

ご飯を食べる男性

熱中症予防のためには、身体の疲れを取ってくれたり体内のミネラルバランスを整えてくれたりする成分が含まれた食品がオススメです。

具体的には、疲労回復に効果のあるビタミンB1、ビタミンC、体内のミネラルバランスを整えるカリウムが含まれた食材が良いでしょう。

豚肉はビタミンB1が多く含まれているのでオススメです。

キュウリやスイカなど、ウリ科の食物はカリウムやビタミンCを含んでいるのでオススメです。水分が多いので水分補給にもちょうどいいですし、塩を振って食べれば塩分の補給にもなります。

野菜のぬか漬けはカリウムが多く含まれます。前述のキュウリには元々カリウムが含まれていますが、ぬか漬けにするとさらにカリウムが増えますし、適度な摂食で塩分補給にもなるのでオススメです。

味噌汁は塩分濃度が身体の組成に近く、味噌にはビタミンB1が含まれているのでオススメです。カリウムを多く含んだ煮干しで出汁をとったり、具材にカリウムを含むわかめほうれん草といった食材を使用すれば、熱中症予防としては鬼に金棒ですね(*^^*)

熱中症の体験談

管理人の私も以前、軽い熱中症になってしまったときがあります。

そのときは冷房の効いていない体育館でスポーツ観戦をしていました。

頭痛と吐き気、のぼせるといった症状が出て、水を飲んでもなかなか喉を通らず(乾きが癒えず)、スポーツドリンクならスルスルと飲めました。

ひたすら「塩が欲しい…」と思っていたのをよく覚えています。

(塩気をウンと利かせた一口サイズのおにぎりが無性に食べたかったです)。

また、息子が軽い熱中症を発症したときは頭痛と吐き気を訴えていました。

経口補水液を飲ませて休ませたら回復しましたが、キュウリの漬物が食べたいと言っていました。

熱中症のときは身体がミネラルを欲するというのを、身をもって体験した次第です。

 

以上、熱中症についてのまとめでした。お役に立てば幸いです。